MENU

AIライティングツールおすすめ13選を紹介!メリット・デメリットや選び方、実際に自動生成した文章もご紹介

AIライティングツールおすすめ11選を紹介!メリット・デメリットや選び方、実際に自動生成した文章もご紹介

「話題のAIライティングツールは実際どうなの?」
「おすすめのツールはある?」
「AIライティングツールの選び方が知りたい!」
と悩んでいませんか?

AI技術の進歩により、今や文章作成にもAIを使う時代が到来しました。AIライティングツールを利用すれば手軽に多くの文章を生成することができ、効率的に作業を行えます。

しかし、当然ながらAIライティングツールにはメリット・デメリットがあるものです。さらにどのツールを選ぶかによって生成される文章の質が変わります。

そこで本記事では、初めて利用する方でもわかりやすいよう、おすすめのAIライティングツールをご紹介します。また、各ツールの特徴も比較していくのでぜひ最後までご覧ください。

なお、最もおすすめなAIライティングツールは、キャッチーです。ビジネスやマーケティングなどの分野に特化したツールで、無料で使えます。こちらからキャッチーを登録し、まずはAIライティングを試してみましょう。

記事作成時間を半分以下に短縮!

おすすめのAIライティングツール

目次

目次

Webを活かしたマーケティング、御社はやり切れていますか?

「ネット集客の担当者がいない…!雇えない…!知識もない…!やりたいけどいつも後回しにしてしまっている…!」

そんなお悩みを抱えた御社におすすめなのが、【売り上げに貢献するマーケティングチームを貸し出すサービス「アナグマ」】です!

HP制作・SEO対策・LP作成・広告運用・SNS運用など各分野に特化した精鋭担当者が、御社の状況に合わせてチームを編成し、ご提案から施策の実行までマルっと対応!

月額制で毎月かかる費用も明確なので、費用対効果が見極めやすいのも嬉しいポイント。相談は無料なので、Webマーケティングにお困りの方は、ぜひ下のバナーから「アナグマ」にお問い合わせください!


AIライティングツールとは?メリット・デメリットを解説

AIライティングツールとは?メリット・デメリットを解説

AIライティングツールは、人工知能によって文章を自動生成するツールを指します。手作業で行う文章作成に比べ、効率的で時間とコストを節約できるのが特徴です。

しかし、生成される文章の質は使用するツールや文章の目的によって大きく異なります。また、自然な文章を生成するためには適切な設定や編集が必要であり、それらの手間やコストを省略できるわけではありません。

ここでは、AIライティングツールのメリット・デメリットを解説し、どのような状況で活用できるか解説します

AIライティングツールを利用する3つのメリット

AIライティングツールには文章作成における効率化や質の向上など、さまざまなメリットがあります。ここでは、AIライティングツールを利用することで得られる3つのメリットを見ていきましょう。

AIライティングのメリット

  1. 短期間で多くの記事を制作できる
  2. 記事制作にかかるコストが抑えられる
  3. 誤字脱字が少なくなる

それぞれ詳しく解説していきます。メリットを理解し、AIライティングツールの取り入れを積極的に検討しましょう。

①短期間で多くの記事を制作できる

AIライティングツールを利用する最大のメリットは、短時間で多くの記事を制作できることです。AIライティングツールを使えば人手で行う場合に比べ、大量の記事を自動生成できます。

また、手作業による文章作成に比べてAIライティングツールは常に速く文章を生成し続けられるため、生産性向上にも繋がるでしょう。AIライティングツールをうまく使えば、短い納期で大量の記事を制作する必要がある場合でも効率的に対応できます。

②記事制作にかかるコストが抑えられる

2つ目のメリットは、記事制作にかかるコストが抑えられることです。従来のライティング業務では、ライターの人件費や検収コストなどの負担がありましたが、AIライティングツールを導入することでこれらのコストを削減できます

また、AIライティングツールを活用することで、ライターの専門的な知識が必要な高度な記事に人手を割り当てられるように。AIライティングツールを利用することでコスト面でのメリットを得ながらも、品質の高い記事制作が実現できます。

③誤字脱字が少なくなる

人の手によるライティング業務ではどうしても誤字脱字が生じることがあり、校正作業が必要です。校正作業も人の手で行うため、そこでの人為的ミスが発生する可能性もあります。

しかし、AIライティングツールを導入すると文章の自動生成・校正が可能に。AIによる文章生成は高い精度で行われるため誤字脱字を減らせ、ライターが校正作業に割く時間を短縮できるでしょう。誤字脱字が少なくなることで、読み手にとっても読みやすく信頼性の高い記事が提供できるようになります。

AIライティングツールを利用する3つのデメリット

次に、AIライティングツールを利用する際に起こりうるデメリットについて解説します。AIライティングツールは便利なツールですが、利用には注意が必要です。ここでは、AIライティングツールを利用する際に生じる可能性のある3つのデメリットについて紹介します。

AIライティングのデメリット

  1. 不自然な文章になることがある
  2. 単調で無機質な文章になる可能性が高い
  3. 専門的・センシティブな内容には向かない

それぞれ詳しく解説します。

①不自然な文章になることがある

AIライティングツールは機械学習や自然言語処理技術を用いて文章を自動生成するため、ときには不自然な表現が含まれてしまう場合があります。一般的な表現とは異なる言い回しや、意味が通じない文章が生成されることもあるのです。

これはモデルが十分に訓練されていない場合や、特定の分野に特化していない場合に起こりやすい傾向があります。そのためAIライティングツールを利用する際には、文章の微調整や修正が必要です。AIライティングツールを導入したからといって、一切人手がかからないわけではありません。

②単調で無機質な文章になる可能性が高い

AIライティングツールは、文章を自動生成するために事前学習したデータをもとに文章を生成します。そのため同じような文脈・内容が使われ、出力される文章が単調になってしまうこともあるでしょう。

また、文章の流れや校正が不自然であったりキーワードを反復したりなど読み手にとって退屈な印象を与える文章になることも。これはAIが人間と同様に文章の意図や論理構造を理解できないためです。したがって、自然で読みやすい文章を生成するためには、人間が修正や編集を加える必要があります。

③専門的・センシティブな内容には向かない

AIライティングツールは一般的なテーマや情報を扱う記事などにはて適していますが、専門的やセンシティブな内容には向かない傾向があります。例えば、医療や法律・金融などの専門的な分野に関する記事では、正確性や専門性が必要です。

しかし、AIライティングツールは専門用語やニュアンスを捉えきれず、誤った情報を提供する可能性があります。またセンシティブな内容については人間の完成や判断力が必要であり、AIだけでは対応できない場合もあるでしょう。

よって、専門的な内容やセンシティブな内容に関する記事は、AIライティングツールでなく人間のライターによる制作が望ましいといえます。

失敗しないAIライティングツールの5つの選び方

AIライティングツールは必ずしも品質が高いわけではありません。適切なツールを選ばなければ品質の低い文章を生成してしまうことになるでしょう。

しかし、どのツールをどんな基準で選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、失敗しないAIライティングツールの選び方について5つご紹介します

AIライティングツールの選び方

  1. 対応している言語で選ぶ
  2. 使い勝手の良さで選ぶ
  3. コンテンツの品質で選ぶ
  4. 用途に合うものを選ぶ
  5. 料金で選ぶ

正確かつ自然な文章を生成するために、これらのポイントを押さえて最適なツールを選びましょう。1つずつ詳しく解説していきます。

①対応している言語で選ぶ

AIライティングツールを選ぶ際、まずは対応している言語を確認することが重要です。英語に限らず多言語に対応しているツールも増えていますが、必ずしもすべての言語に対応しているわけではありません。

そのため、日本語の文章を作成したいなら、必ず日本語に対応しているかを確認して選ぶようにしましょう。また同じ言語でも地域によって微妙なニュアンスの違いがある場合があるので、ニーズに合わせて選ぶことが大切です。

②使い勝手の良さで選ぶ

2つ目の選び方は、使い勝手の良さに注目することです。AIライティングツールを使う際には、直感的に操作できるか・画面がわかりやすいかなどの使い勝手の良さが重要です。

また、自分が使いたい機能があるかどうかもチェックしておくと良いでしょう。使いにくいツールを選んでしまうと、時間がかかるだけでなく、ストレスを感じてしまう可能性も。選ぶ際にはしっかりと確認することをおすすめします。

③コンテンツの品質で選ぶ

AIライティングツールを選ぶ際の3つ目のポイントは、コンテンツの品質です。高品質な文章を作成するためには、正しい文法や表現方法・スタイルの使い方が必須です。

そこで、選ぶ際にはコンテンツ品質に注目し、AIが提供する文章のクオリティが高いか確認することが重要です。特にAIが生成した文章を人間がチェックして修正する必要がない程度に品質が高いと満足できるでしょう。

④用途に合うものを選ぶ

AIライティングツールは、その機能や特性によって用途が異なります。例えば、ブログ記事やニュース記事の制作に適したツールやSEO対策に特化したツールなど用途は様々です。

自分が制作するコンテンツに適した機能を持っているか確認することで、より効果的な記事作成が可能になります。そのため、自分のニーズを明確にして、事前に確認してから利用するようにしましょう

⑤料金で選ぶ

最後に、AIライティングツールを選ぶ際には料金も重要です。無料のものや低価格帯のものもありますが、機能が限定されている場合があります。しかし、そのまま文章を使用するのではなく、補助的な役割でAIライティングツールを使うのであれば十分でしょう。

逆に、高価格帯のものは高品質である場合が多いですが、値段が高いだけにコストパフォーマンスを考えなければなりません。また、料金体系や支払い方法・サポート体制なども重要なポイントです。自分の予算に合わせて、最も適切な価格帯のAIライティングツールを選ぶようにしましょう。

AIライティングツールおすすめ13選の比較一覧表

AIライティングツールおすすめ11選の比較一覧表

AIライティングツールは、うまく使えば効率的にコンテンツを作成できる便利な手段です。しかし、今では多数のツールが登場しており、どれを選んで良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは13種類のAIライティングツールを比較し、それぞれの特徴や料金などを一覧表にまとめてご紹介します

おすすめのAIライティングツール

  1. 1.AI Writer(エーアイライター)
  2. 2.Catchy(キャッチー)
  3. 3.SAKUBUN(サクブン)
  4. 4.ChatGPT(チャットジーピーティー)
  5. 5.Perplexity AI(パープレキシティ エーアイ)
  6. 6.ELYZA Pencil(イライザペンシル)
  7. 7.ブンゴウ
  8. 8.AIのべりすと
  9. 9.BuzzTai(バズタイ)
  10. 10.Rytr(ライトル)
  11. 11.Jasper AI(ジャスパーエーアイ)
  12. 12.Autoblogging.ai(オートブロギングエーアイ)
  13. 13.note AIアシスタント

こちらを参考に自分に適したAIライティングツールを見つけてください。

ツール名AI Writer
AI Writer
Catchy
Catchy
SAKUBUN
SAKUBUN
Chat GPT
ChatGPT
perplexity
Perplexity AI
イライザペンシル
ELYZA Pencil
ブンゴウ
ブンゴウ
AIのべりすと
AIのべりすと
バズタイ
バズタイ
Rytr
Rytr
Jasper
Jasper
Autoblogging.ai
Autoblogging
note
Note AIアシスタント
月額料金(税込)全プラン無料トライアル実施中!
(ベーシックプラン¥1,900/スタンダードプラン¥4,900/プロプラン¥9,800
0円(10クレジット)
9,800円/月(無制限)
0円
Personal月2,980円~
Standard月9,800円
Team月30,000円~
無料、ChatGPT Plus20ドル/月0円0円(法人プランあり)ライト2,700円
スタンダート4,800円
プレミアム9,800円
フリーアカウント0円
ボイジャー990円/月
ブンゴウ1,650円/月 
プラチナ2,970円/月
無料会員あり
レギュラー月額3,000円
シルバー月額5,700円
ゴールド月額8,630円
フリー0円
セーバー9ドル
アンリミテッド29ドル
スターター月29ドル~
ボスモード月59ドル~
一部機能のみ無料 トライアル月1ドル
スターター月19ドル
レギュラー月49ドル
スタンダード月99ドル
プレミアム月249ドル
無料(先行ユーザーのみ利用可能)
制限文字数60記事まで対応可能2,000字程度 毎月5000文字
(プランによっては無制限)
2,500字程度255字15字不明8,000字不明不明800字6,400字300字
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

Webを活かしたマーケティング、御社はやり切れていますか?

「ネット集客の担当者がいない…!雇えない…!知識もない…!やりたいけどいつも後回しにしてしまっている…!」

そんなお悩みを抱えた御社におすすめなのが、【売り上げに貢献するマーケティングチームを貸し出すサービス「アナグマ」】です!

HP制作・SEO対策・LP作成・広告運用・SNS運用など各分野に特化した精鋭担当者が、御社の状況に合わせてチームを編成し、ご提案から施策の実行までマルっと対応!

月額制で毎月かかる費用も明確なので、費用対効果が見極めやすいのも嬉しいポイント。相談は無料なので、Webマーケティングにお困りの方は、ぜひ下のバナーから「アナグマ」にお問い合わせください!


文章を自動生成するおすすめのAIライティングツール13選

文章を自動生成するおすすめのAIライティングツール11選

AIライティングツールは、AI技術の進歩によりますます精度が高くなってきています。今やブログ記事や商品紹介文などあらゆる種類の文章を自動生成できるように。最適なツールを選んで作業効率の向上に役立てましょう。

ここからは、各ツールの特徴や価格帯・最適な利用シーンなどを詳しく解説していきます。ぜひAIライティングツール選びの参考にしてください。

1.AI Writer(エーアイライター)

AI Writer(エーアイライター)

引用元:AI Writer(エーアイライター)

ツール名AI Writer
月額料金(税込)全プラン無料トライアル実施中!
(ベーシックプラン¥1,900/スタンダードプラン¥4,900/プロプラン¥9,800)
作成可能記事数ベーシックプラン5記事/スタンダードプラン20記事/プロプラン60記事
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

AI Writerは、高品質な記事を簡単かつ迅速に作成することができるAIライティングツール。記事制作にかかる時間を2分の1に削減でき、より多くの時間を他の重要な仕事に費やすことができます。

ChatGPTのAPIを利用して文章を生成しているので、人間味のある高品質な記事を生成することが可能です。

また、文章のテーマやトーン、スタイルを指定することができるカスタマイズ機能も搭載。生成された文章を個別で修正することもできるため、利用者が望む形に文章を仕上げることができます。

さらに、SEOに最適化されたプロンプトを使用しているので、競合他社のWebサイトとキーワードを分析し、検索ボリュームや上位表示される難易度を表示することまでできます。AIライティングツールの中でもトップクラスの実用性が魅力です。

そんなAI Writerは、今なら全てのプランで無料トライアル実施中!AI Writerで、AIライティングツールの便利さを実感してみましょう。

記事作成時間を半分以下に短縮!

2.Catchy(キャッチー)

Catchy(キャッチー)

引用元:Catchy

ツール名Catchy
月額料金(税込)0円(10クレジット)、9,800円/月(無制限)
制限文字数2,000字程度
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

Chatchyはビジネスやマーケティングなどの分野に特化したAIライティングツールです。文章を自動生成するだけでなく、文法や言い回しの修正・キーワード提案などライティングに必要な機能が一通り揃っています。記事作成のみでなくキャッチコピーや仕事の相談など、幅広い用途の生成ツールを100種類もご用意。あらゆるニーズに対応しているツールです。

料金プランは無料で利用できるフリープランもあるため、手軽にCatchyの品質を確かめられます。あらゆるビジネスシーンでAIライティングツールを活用したいならChatchyがおすすめです。今すぐ下のボタンをタップして利用してみましょう。

ビジネス・マーケティング特化で無料!

3.SAKUBUN(サクブン)

引用元:SAKUBUN

ツール名SAKUBUN
月額料金(税込)0円、Personal月2,980円~、Standard月9,800円、Team月30,000円~
制限文字数毎月5000文字(プランによっては無制限)
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

サクブンは、メディアにも多く掲載されている、高品質な記事やSNS広告文が作成できるAIライティングアシスタントです。100種類以上の日本語テンプレートが用意されているため、たった数秒で文章を作成することができます

ブログ記事やSNS投稿文、ECサイトの商品紹介など、幅広いコンテンツに対応。複数のペルソナ登録が可能なので、ターゲットに合った文章が作成できる点も魅力的です。

利用規模によって4つのプランが用意されています。無料プランの利用文字数は、毎月5,000文字まで。クレジットカードの登録なしで無料体験できるので、勝手に有料プランに移行することはありません。サクブンが気になる方は、こちらから登録してください。

毎月5,000文字まで登録不要

4.ChatGPT(チャットジーピーティー)

ChatGPT(チャットジーピーティー)

引用元:ChatGPT

ツール名ChatGPT
月額料金(税込)無料、ChatGPT Plus20ドル/月
制限文字数2,500字程度
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

ChatGPTはOpenAIが開発した自然言語処理の技術を応用したAIライティングツールです。文章の生成や要約・翻訳など様々なタスクに対応しています。その高度な処理能力により、多くの人々から高い評価を受けているのが特徴です

ChatGPTは使いやすいUIを持っていることも有名で、ユーザーの意図に応じて自動的に文章を生成できます。また、自己学習を行うため、使えば使うほど質の高い文章が生成できるように。

ChatGPTは、広告やマーケティング分野での利用が一般的ですが、ビジネスや教育などあらゆる分野での活用が期待されています。

5.Perplexity AI(パープレキシティ エーアイ)

perplexity(パープレキシティ)

引用元:perplexity AI

ツール名Perplexity AI
月額料金(税込)0円
制限文字数255字
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

Perplexity AIは会話型の検索エンジンで、文章生成タスクにおいて優れた性能を発揮することで知られています。Perplexity AIを導入することにより、自然な文章生成が可能です。

そして、Perplexity AIの一番の特徴は最新のソースからの情報が得られること。さらにはどのサイトから情報を得たかも表示されるため、情報の真偽を確認できます。また、使い勝手もよく、直感的に操作できるため初心者でも簡単に操作可能です。

確かなソースに基づいた文章を生成したいなら、Perplexity AIがおすすめです。

6.ELYZA Pencil(イライザペンシル)

ELYZA Pencil(イライザペンシル)

引用元:ELYZA Pencil

ツール名ELYZA Pencil
月額料金(税込)0円(法人プランあり)
制限文字数15字
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

ELYZA Pencilとは、東京大学の松尾研究室発のAIプロフェッショナル集団「ELYZA」が開発したツールです。キーワードを最大8個設定でき、約6秒で日本語の文章を生成してくれます。また、テンプレート機能を利用することで、ユーザーが作成した文章を決まった形式に整えられます。

さらに、プレスリリースやメールなどビジネス文書を簡単に作成できる機能も。ホワイトカラー業務の10%以上がAIへ代替されるのではないかと示唆されており、ビジネスの場面での活用が期待されています。

7.ブンゴウ

ブンゴウ

引用元:ブンゴウ

ツール名ブンゴウ
月額料金(税込)ライト2,700円 スタンダート4,800円 プレミアム9,800円
制限文字数不明
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

ブンゴウは、日本語の文章自動生成に特化したAIライティングツールです。独自のアルゴリズムを用いて、より適切な言葉や表現を選択し、自然な文章を生成できるのが魅力の1つ。自然な文章を生成するために多くの人間の文章データを学習させています。

また、文体やトーンを指定することができるため、企業のマーケティングや広告など様々な用途に利用できます。

8.AIのべりすと

AIのべりすと

引用元:AIのべりすと

ツール名AIのべりすと
月額料金(税込)フリーアカウント0円 ボイジャー990円/月 ブンゴウ1,650円/月 プラチナ2,970円/月
制限文字数8000字
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

AIのべりすとは、ゲームクリエイターであるSta氏が開発を手掛けた小説AIライティングツールです。小説モードとチャットモードがあり、独自のAI技術を用いてユーザーが指定したキーワードに基づいて自然な日本語の文章を生成できます。

また、出力オプション・ストーリー設定・キャラクターブック・環境設定の4つのオプションを設定できるのもAIのべりすとの特徴。より理想的な文章を生成できます。小説の制作に活用したいならAIのべりすとがおすすめです。

9.BuzzTai(バズタイ)

BuzzTai(バズタイ)

引用元:BuzzTai

ツール名BuzzTai
月額料金(税込)無料会員あり レギュラー 月額3,000円 シルバー 月額5,700円 ゴールド 月額8,630円
制限文字数不明
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

BuzzTaiは20か国語以上の多言語に対応しているAIライティングツールです。バズるコンテンツを作るために、様々なプラットホームに適したキャッチコピーや文章を生成。また、自動でSEOに最適化された文章を生成する機能も備えており、検索エンジン上位表示に貢献することも可能です

全体的に高い品質を誇りながらも、リーズナブルな価格設定のため大きな負担にもなりません。

10.Rytr(ライトル)

Rytr(ライトル)

引用元:Rytr

ツール名Rytr
月額料金(税込)フリー0円 セーバー9ドル アンリミテッド29ドル
制限文字数不明
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

Rytrは多彩なテンプレートや自然言語処理技術を駆使して、高品質な文章の自動生成を実現するAIライティングツールです。文章のジャンルや形式・ターゲット層などに応じて自動生成する文章をカスタマイズできるため、幅広い分野で活用されています

また生成された文章を編集する際にも、AIが提案する改善点が的確なため短時間でクオリティの高い文章作成が可能です。ブラウザー拡張機能としてダウンロードもでき、より簡単に利用できます。1ヶ月に10,000文字を生成できる無料プランがあるので、今すぐ下のボタンをタップして試してみましょう。

11.Jasper AI(ジャスパーエーアイ)

Jasper AI(ジャスパーエーアイ)

引用元:Jasper AI

ツール名Jasper AI
月額料金(税込)スターター月29ドル~、ボスモード月59ドル~
制限文字数800字
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

Jasper AIは高度な自然言語処理技術を用いたアメリカ発のAIライティングツールで、世界の10万以上のチームに利用されています。テンプレートを選んでキーワードなどの情報を入力することで希望の文章を作成可能。操作自体もとても簡単です。

さらに、ブラウザー拡張機能を追加すると、テンプレートのみでなく自由な文章を生成できます。5日間の無料トライアルが用意されているので、今すぐ下のボタンをタップしてJasper AIで文章を生成してみましょう。

12.Autoblogging.ai(オートブロギングエーアイ)

Autoblogging.ai(オートブロギングエーアイ)

引用元:Autoblogging

ツール名Autoblogging
月額料金(税込)一部機能のみ無料 トライアル月1ドル スターター月19ドル レギュラー月49ドル スタンダード月99ドル プレミアム月249ドル
制限文字数6,400字
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

Autoblogging.aiはブログ記事の自動生成を行うAIライティングツールです。独自のテンプレートを利用して、SEOに最適化された記事を簡単に作成できます。また、自然言語処理による高度な文章生成技術を採用しており、文法や構成にも配慮された高品質な文章を生成できるのも特徴です。

記事の作成だけでなく、タイトルやメタディスクリプションの生成も行えるため、ブログ運営者にとって大きな助けとなるでしょう。月額課金制で必要に応じてプランのアップグレードも可能です。1ドルで利用できるトライアルもあるので、ぜひ下のボタンをタップしてAutoblogging.aiを試してみましょう。

13.Note AIアシスタント

Note AIアシスタント

引用元:Note AIアシスタント

ツール名Note AIアシスタント
月額料金(税込)無料(先行ユーザーのみ利用可能)
制限文字数300字
日本語対応の可否
商用利用の可否
無料体験の有無

note AIアシスタントは、文章の自動生成や校正を行えるツールです。noteというブログや記事を書くサイトがあり、そこで創作をアシストする機能として登場しました

まずは、一部クリエイターのみ利用可能となっています。noteプレミアム会員とnote pro利用者、さらにβ版申込済みの先行ユーザーに提供しているツールです。

書きたいテーマを入力すると記事の切り口を提案してくれたり、目次の生成などを行います。これらはまだ登場したばかりの機能なので今後の発展に期待のサービスです。サービスが開始されたらぜひ下のボタンをタップして利用してみましょう。

最新AIライティングツール「GPT4」で自動生成した文章を見てみよう

最新AIライティングツール「GPT4」で自動生成した文章を見てみよう

AIライティングツールについて詳しく解説してきました。理解はできたものの、実際どんな文章が書けるのか気になるところでしょう。そこで、ChatGPTの最新モデルのGPT4を利用して「AIライティングツールの活用方法」について執筆してみました。

AIライティングツールは、文章を自動生成するためのテクノロジーであり、様々な目的に利用することができます。 以下に、AIライティングツールの活用方法をいくつか紹介します。1.SEO対策AIライティングツールは、SEO対策に役立ちます。 ツールには、キーワードの自動挿入や、文法的に正しい文章の自動生成などがあります。ができます。

2.ブログ記事の作成 ブログ記事を書く際、AIライティングツールを使用することで、すばやく簡単に記事を作成することができます。検索し、関連する情報をまとめた記事を生成することができます。

3.ニュース記事の作成 ニュース記事を作成する際、AIライティングツールは、簡単にを作成することができます。

例えば、関連する情報を入力すると、ツールが自動的に記事を生成することができます。また、これにより、記事の並びが可能になり、ニュース速報などで活用される場合があります。

4.セールスコピーの作成 AIライティングツールは、セールスコピーの作成にも役立ちます。

ツールには、製品やサービスに関する情報を入力すると、自動的にセールスコピーを生成することができます。の魅力を伝える効果的な文章を簡単に作成することができます。

5.翻訳支援AIライティングツールは、翻訳支援にも役立ちます。例えば、英語の文章を入力すると、ツールが自動的に日本語に翻訳してくれます。これにより、翻訳の効率化が可能になります。

以上が、AIライティングツールの活用方法の一例です。 ただし、ツールが自動生成した文章は常に正確で適切なものであると限らないため、注意が必要です。 ツールが自動生成した文章をチェックし、必要に応じて修正する必要があります。

見てわかる通り、的確にポイントを押さえた文章を作成してくれます。しかし、一部誤字や不自然な部分も見受けられます。このように、AIライティングツールは全てを任せるのではなく、うまく活用することが重要です

Webを活かしたマーケティング、御社はやり切れていますか?

「ネット集客の担当者がいない…!雇えない…!知識もない…!やりたいけどいつも後回しにしてしまっている…!」

そんなお悩みを抱えた御社におすすめなのが、【売り上げに貢献するマーケティングチームを貸し出すサービス「アナグマ」】です!

HP制作・SEO対策・LP作成・広告運用・SNS運用など各分野に特化した精鋭担当者が、御社の状況に合わせてチームを編成し、ご提案から施策の実行までマルっと対応!

月額制で毎月かかる費用も明確なので、費用対効果が見極めやすいのも嬉しいポイント。相談は無料なので、Webマーケティングにお困りの方は、ぜひ下のバナーから「アナグマ」にお問い合わせください!


まとめ:AIライティングツールは賢く活用しよう

まとめ:AIライティングツールは賢く活用しよう

今回は、AIライティングツールの選び方とおすすめのツール13選についてご紹介しました。選び方としては対応言語や使い勝手・品質などを考慮し、ニーズに合わせて選ぶことが重要です

また、AIライティングツールにはそれぞれ特徴があるため、比較して検討することをおすすめします。目的や予算に合わせて選ぶことで、自分に最適なツールを見つけられるでしょう。ぜひ無料トライアルのあるものから試してみてください。

おすすめのAIライティングツール

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次