リードジェネレーションとは,どんな意味

「日々の業務が忙しく、営業にリソースを割けない」といったシステム開発会社に多い悩みは、営業代行会社を利用することで解決します。

しかし、営業会社に頼んで本当に成果が挙がるのか、どの程度の予算が必要なのか、不安に思うことは多いでしょう。

この記事では、システム開発会社に向けて営業代行会社の詳しい選び方を解説するとともに、おすすめの営業代行会社8社や依頼する理由とポイントを紹介します。

SakuSakuでは、問い合わせや商談を増やしたいシステム開発会社の方に、実績ある営業代行会社の利用を推奨しています。

毎月20社様限定でのご案内になりますので、どの営業代行会社に依頼するか迷われている方は今すぐ下記のボタンをクリックして、詳細を確認しましょう。

今すぐSakuSakuの詳細を見てみる

システム開発会社向けのおすすめ営業代行会社8選!

システム開発会社向けのおすすめ営業代行会社8選!営業代行会社は、料金形態以外にも得意とする分野や営業戦略が異なります。自社のターゲット層への営業が苦手な営業代行会社を選んでしまうと、無駄なコストや時間の発生に繋がるので、自社の状況にあった会社を選ばなければいけません。

しかし、実際にどの営業代行会社を選べば良いのか分からず、悩んでいるシステム開発会社も多いでしょう。

この項目では、システム開発会社が実際に営業代行サービスを活用する場合に、どこを選べば良いのか悩まなくて済むよう、以下のシステム開発会社向けの営業代行会社8社を徹底比較します。

  • 合同会社ドリームアップ(SakuSaku)
  • 株式会社アソウ・ヒューマニーセンター
  • 株式会社グローバルステージ
  • EBA株式会社
  • 株式会社エグゼクティブ
  • 株式会社エッジコネクション
  • 九州電信電話株式会社
  • 株式会社レイゼクス

サービスの特徴など詳しく解説するので、参考にしてみてください!

1.合同会社ドリームアップ(SakuSaku)|手作業で高品質なリスト・営業文面の作成も代行

合同会社ドリームアップ(SakuSaku)出典:SakuSaku

SakuSakuは、データベースに頼らない目視でのリスト作成人力でのフォーム営業で、業界トップクラスの反響率を実現させた、営業効率を大幅に向上させる営業代行サービスです。

フォーム送信業務を「AI」ではなく、「人」が行うため、1社1社の要望に寄り添った営業が可能ですし、営業リスト作成も目視チェックを導入しているため、質の良い商談を獲得できます。

また、商談に繋げるため、プロのライターによる文面作成・ABテストが付いているため、アウトバウンド営業をまるっと外注可能です。

SakuSakuは、良質な商談を低コストでご提供しているため、ぜひ利用してみてください。

今すぐ無料で相談する

2.株式会社アソウ・ヒューマニセンター|テレアポでのアポイント獲得率8%超

株式会社アソウ・ヒューマニセンター出典:株式会社アソウ・ヒューマニーセンター

株式会社アソウ・ヒューマニーモニターは九州を中心に展開している、主にテレアポ営業代行を強みとしながら、営業・販売促進企画・ツールの提案・マーケティングなどの営業支援など幅広いニーズに応える会社です。

システム開発会社の営業代行の実績もあり、営業代行業務では、テレアポなどのアウトソーシングが中心でリード発掘から商談の設置までを得意としています。

3.株式会社グローバルステージ|新規事業の営業代行に強い

株式会社グローバルステージ出典:株式会社グローバルステージ

株式会社グローバルステージは、新規事業の立ち上げの際の営業とマーティング支援を行う営業代行会社です。

また、営業を組織化したいという要望には、コンサルティングサービスを提供しています。

4.EBA株式会社|IT関連に知見のある営業スタッフによる販売

EBA株式会社出典:EBA株式会社

EBA株式会社は、Webサイト制作やパンフレット制作代行サービスを請け負う会社ですが、営業代行も事業として行っています。Webサイト制作などの知見を生かして、特にWeb関連業界での営業代行が得意な点が特徴的な会社です。

EBA株式会社では、実際に使ったトークスクリプトを最後に教えてくれる点が評価されています。

5.株式会社エグゼクティブ|Webサイトを活用したデジタルマーケティング

株式会社エグゼクティブ出典:株式会社エグゼクティブ

株式会社エグゼクティブは、営業戦略の構築から任せられる営業代行と、Web広告運営や営業ツール制作、ホームページ制作といったデジタルマーケティングを幅広く依頼できます。

Webでの集客とテレアポに特化した営業代行サービスが特徴的で、すべてを一括して任せることで、見込み客の案件化を依頼することもできます。

6.株式会社エッジコネクション|Webサイトの改善のアドバイスとテレアポを組み合わせたアポ獲得サービス

株式会社エッジコネクション出典:株式会社エッジコネクション

株式会社エッジコネクションは、企業の営業課題の解決を支援する会社です。

営業の戦略構築と、Webサイトの改善のアドバイスとテレアポを組み合わせたアポ獲得サービスが特徴的です。

様々な業種・業態の企業の営業代行をしてきた営業のプロフェッショナルですので、ニーズに合わせた最適なサービスが受けられるでしょう。

7.九州電信電話株式会社|システム関連についての知見が深い

九州電信電話株式会社

出展:九州電信電話株式会社

九州電信電話株式会社はWeb制作システム開発を自社でも行っている、営業代行会社です。Web専門経営コンサルティング業務も展開しているので、Web系に非常に強いという特徴があります。

営業戦略の立案から訪問アポ獲得、コールセンター代行まで、幅広い営業代行が可能です。

国内向けEC以外にも、越境ECや貿易開発も行っており、海外展開を検討している企業にも向いています。

8.株式会社タスク|ホームページを運用して営業代行

株式会社タスク出典:株式会社タスク

株式会社タスクは、「営業代行JP」というホームページを運用して、営業代行の業務を引き受けている会社です。

営業代行の内容は、テレアポ、リモート営業、訪問営業、展示会営業が依頼可能で、短期スポットの営業代行の依頼も可能です。

システム開発会社が営業代行を依頼する価値とは?

システム開発会社が営業代行を依頼する価値とは?業界に関わらず、自社で営業体制を整えるのが理想です。

しかし、営業代行を依頼するシステム開発会社は年々増加傾向にあります。

では、なぜ営業代行を依頼するのでしょうか?その価値とは、何があるのでしょうか?

システム開発会社などの職人系の会社には、営業の技術に特化した人材が少ないことがあります。そこで、営業代行を依頼することで、営業の即戦力を使えるという点がメリットとして挙げられます。

営業スタッフを育てるには時間やコストがかかります。営業代行を利用すれば、営業スタッフが育つまでの間に、売上が見込めます。

また、システム開発会社が扱う商品は、形のない無形商材となります。

資料やデータを駆使して、口頭により説明しなければならないため、高度な話術やコミュニケーション能力が必要とされます。そのため、営業のハードルが高く、営業の専門性が必要です。

システム開発会社こそ、営業代行を利用すべきでしょう。まずは下のボタンをクリックしてSakuSakuの無料相談を試してみてください。

今すぐ無料で相談する

営業代行会社を選ぶ際の3つのポイント

営業代行会社を選ぶ際の3つのポイント自社の営業力を強化して売上向上の効果が期待できる営業代行ですが、どのような企業に依頼すれば良いのでしょうか?

ここでは、企業選びの際のポイントを以下の3つに分けて説明しています!

  • 営業代行会社の実績を確認する
  • 希望するサービスやエリアに対応しているか確認する
  • 料金を確認する

それぞれ詳しく見ていきましょう!

①営業代行会社の実績を確認する

自社の大切な商品の営業を代行してもらうのですから、営業代行会社の実績を十分に確認することが大切です。

営業で成果を挙げるには、営業マンの能力や手法のノウハウが最低限必要です。特に、システム開発会社の営業には、専門的な知識も必要でしょう。

実績の中に同業他社との取引や類似商材の取引があれば、その営業代行会社は必要な手法・ノウハウを持っている可能性が高いです。営業代行会社を選ぶ際には、その点に注意して選んでください。

「成果が挙がっていないのに固定報酬型だから報酬を支払わなければいけない」

「受注確度の低いアポイントばかりだけど成果報酬型だから同額支払わなければならない」といった事態は絶対に避けましょう。

問い合わせフォーム営業代行のSakuSakuでは、システム開発会社の営業代行実績も豊富で、平均商談獲得単価10,000円、役員以上とのアポイント率50%と高い成果を挙げています。

無駄な出費を抑えるためにも、まずはSakuSakuの無料相談を試してみてください。

今すぐ無料で相談する

②希望するサービスやエリアに対応しているか確認する

自社の領域に知識を持たない営業代行会社を選んでも、成果には期待できず、無駄なコストや時間がかかります。それを避けるためにも、実績を持つ営業代行会社を選ぶか、営業代行会社に直接問い合わせ、得意な分野がどこか聞いてみると良いでしょう。

自社の強みをしっかり理解してくれる営業マンを確保するには、自社の領域に専門知識を備えた営業代行会社を選ぶことが大切です。

③料金を確認する

営業代行を依頼するということは、もちろんコストがかかります。

企業によって料金体系が変わってくるので、事前の確認が必要です。自社の予算と状況とを兼ね合わせて検討しましょう。

問い合わせフォーム営業代行のSakuSakuでは、「1件40円〜」で問い合わせフォーム営業代行を行っており、平均10,000円で商談を提供しています。

また、採用倍率70倍のセールスパートナーによる営業リスト作成やチャットサポートなど完全オーダーメイドで対応するので、営業に専門的な知識が必要なシステム開発会社でも安心して利用可能です。

質の高い見込み客を獲得するために、まずは無料相談を試してみてください。

今すぐ無料で相談する

まとめ|営業の効率化に営業代行会社に依頼しよう!

まとめ|営業の効率化に営業代行会社に依頼しよう!営業代行を依頼することで、本業のシステム開発の作業を滞らせることなく、売上見込みを獲得できます。営業代行を導入して、自社の売上を効率よく伸ばしましょう。

営業代行会社が提供する営業サービスは、各企業で大きく異なります。内容・プロセスはさまざまなので、自社に適した営業代行会社選びは大切です。

自社の状況をしっかりと把握し、どんな課題があるのかを洗いだしておきましょう。

また無駄なコストを省くためにも、営業代行会社を選ぶ際には、実績を重視してください

SakuSakuでは、高頻度で実施する送付文面のABテストや過去案件を基にアップデートを繰り返した営業マニュアルにより、短期間で結果を出すことが可能です。

問い合わせフォーム営業でSakuSakuを活用し売上を伸ばしたい方は、ぜひ無料相談を試してみてください。

今すぐ無料で相談する