グラフを見せる人

「Web制作会社では具体的にどのような方法で集客を行うべき?」

「集客が上手くいかない場合はどのような対応をすべき?」

Web制作会社においてこのような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。Web制作会社の集客方法はオンライン・オフラインを問わず多岐にわたるだけでなく、効率的に行うためには自社における実績の整理などの事前準備が欠かせないことが特徴です。

この記事では、Web制作会社が集客を行う上で有効な施策やポイント・注意点について解説します。

また、Web制作会社の集客方法で悩んでいるなら営業代行サービスの利用がおすすめです。SakuSaku(サクサク)では、リストの作成、企業打診まで一括して行い、商談数増加のお手伝いをいたします。プロのライターがメール文面を作成し、読まれるメールを目指します。また、文面のA/Bテストを行い、より高い成果を上げるサポートいたしますので、ぜひお問い合わせください。

今すぐ無料で相談する

 Web制作会社の効果的な集客方法8選

ここでは、オンライン・オフラインに分けてWeb制作会社におすすめな集客方法を解説していきます。

Web制作会社のオンラインにおける集客方法

Web制作会社がオンラインで集客を行う方法は、主に以下の6つがあります。

  • SEO
  • Web広告
  • SNS
  • MEO
  • プレスリリース
  • お問い合わせフォーム営業

 

SEO

SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化) とはGoogleをはじめとする検索エンジンの結果上位を獲得する対策のことです。Webサイトを巡回しているプログラムがサイトを評価しており、高い評価を得たサイトが検索上位に表示されるようになり、関連するキーワードで検索してきた多くの人の目に止まるようになります。

一般的に、コンテンツがGoogleに評価されるのは3か月~半年程度かかることが多いです。そのため、すぐに効果がでるわけではありません。SEOの効果は、約半年〜1年程度で実感できるので、中長期的な目線が必要です。

効果が出れば、費用をかけることなく一定の集客が見込めるため、資産性の高い集客方法と言えます。

Web広告

Web広告を掲載することで、オンラインを通して自社の情報をより多くの人に伝えることができます。

Web広告を掲載する際には「自社が伝えたい内容を一方的に強調する内容になっていないか」といった点に注意しておきましょう。

代表的なWeb広告の種類と、特徴は下記の通りです。SEOでなかなか上位表示できない場合や短期的にリード獲得をしたい場合に効果的です。

主なWeb広告 主な特徴
リスティング広告 検索エンジンでキーワード検索をした際に、クエリ(入力キーワード)に合う広告を表示します。
SNS広告 ターゲティングの精度が特徴で、登録情報の詳細、SNS内での行動データから表示します。
ディスプレイ広告 広告の掲載枠があるWebサイト内に表示します。Webサイトや動画サイトに、テキスト、画像、動画、またはテキスト+画像の形式で掲載することができます。
動画広告 ほとんどは動画再生の前か途中に表示されるため、自然と目に入ってきます。

スキップまで確実に見てもらえるという点が特徴であるため、どのように最初の数秒でユーザーの関心度合いを上げるかが重要となります。

 

SNS

SNSは、情報発信の拡散スピードが速いことが特徴的です。他のユーザーの投稿を自分のフォロワーや友達にシェアできる機能があるため、簡単に情報発信できます。

また、個人的にやり取りができるダイレクトメッセージも備わっているため、リードナーチャリングが効果的に行えます。

SNSを複数併用することで、動画や文字など数多くの要素から多くのフォロワーを増やし、自社商品やサービスの知名度向上にも繋がりやすくなります。

MEO

MEOとはGoogleマップでの検索結果において上位に表示させる施策のことを指し、ローカルSEOやローカル検索とも言われています。

MEO対策を行うことで、物理的な距離の近い近所の顧客を集めやすくなるだけでなく、自社の存在する地域での知名度の向上に役立ちやすくなります。

プレスリリース

プレスリリースとは、新商品の発売や新サービス、新規事業の情報を提供・告知・発表することです。Web制作等のサービスを提供している企業は、認知を拡大することが重要です。

メディアが取り上げたくなるような話題性を盛り込むなどの戦略を練り、プレスリリースを配信できれば、様々なメディアに取り上げてもらえるチャンスが広がるため、有効な集客手段となり得ます。

お問い合わせフォーム営業

お問い合わせフォーム営業とは企業などのホームページ上にお問い合わせ先として用意されているフォームを利用し、営業活動を行う方法です。お問い合わせフォーム営業の場合、営業メールに比べ、決裁権を持つ人がメールを確認している場合があります。そのため、効率的にアポイントを取り、受注数を増やすことが可能です。

また、Web制作会社の集客がうまくいかない、業務に集中したいという悩みを抱えているのであれば営業代行サービスの利用がおすすめです

お問い合わせフォーム営業代行サービスのSakuSakuでは、リストの作成、企業打診まで一括して行い、商談数増加のお手伝いをします。プロのライターがメール文面を作成し、開封率の高いメールを目指しています。文面のA/Bテストを行うことで集客増加のサポートをいたしますので、ぜひお問い合わせください。

今すぐ無料で相談する

Web制作会社のオフラインにおける集客方法

リード獲得とは

ここからは、Web制作会社の集客に繋がるオフラインでの集客方法について解説します。

Web制作会社の集客において有効な施策として挙げられるオフラインの施策は、主に以下の2種類です。

  • テレアポ
  • セミナー開催

 

テレアポ

テレアポは「見込み顧客と直接話ができる」ことが特徴であり、SEOやWeb広告での宣伝にはない明確なメリットがあります。

テレアポを通してより多くの見込み顧客に対してアプローチを行うだけでなく、顧客の反応や動向を分析した上で営業方法や自社商品・サービスの改善に繋げていきましょう。

セミナー開催

セミナーを開催し、自社のことを知っているリードを集めるのもおすすめな集客方法です。

セミナーにはオフラインとオンラインの2種類があり、それぞれに以下のようなメリットがあります。

  • オフラインセミナー:自社と顧客の物理的な繋がりだけでなく、参加者同士の繋がりや出会いを生み出す可能性もある
  • オンラインセミナー:顧客が好きな場所でセミナーに参加でき、時間が合わない場合はアーカイブ動画などを通して情報を取得できる

セミナーを開催する際には、まずは自社の商品やサービスの特徴を明確に把握した上で、どちらのスタイルでの開催が相応しいか判断しましょう。

オフラインでのセミナーはどうしても地理的・時間的制限が生じ、参加できない見込み顧客も少なくありません。事前の集客に力を入れる必要がある点には注意が必要です。

Web制作会社が集客をする上でのポイント

Web制作会社が集客を行う上でのポイントは、主に以下3つがあります。

  • 「このWeb制作会社にお願いしたい」と思わせる実績を提示する
  • どういったジャンルのWeb制作が得意なのかを明確にする
  • 制作後のサポートについても事前に伝えておく

「このWeb制作会社にお願いしたい」と思わせる実績を提示する

まずは、実績を提示し見込み顧客に自社の実力・実績をアピールしましょう。

自社で実際に制作した成果物をWebサイトやSNSアカウント上で「見える化」しておくことで、見込み顧客が自社の特徴や強みをイメージしやすくなります。

成果物の特徴やこだわりの点を明記しておくことで、多くの見込み顧客に「この会社なら自社の問題を解決できるかも」といったイメージを抱きやすくなるように工夫しましょう。

どういったジャンルのWeb制作が得意なのかを明確にする

自社が得意とするジャンルを明確にしておくこととも重要です。

Web制作という言葉は広範囲にわたるため、自社の強みを以下のような点を踏まえて整理しておくことがポイントとなります。

  • 自社が得意とする業界
  • デザイン面やシステム構築などどのような点を得意としているのか
  • 自社がこれまで納品してきた成果物の共通点(例:デザイン性の高さやセキュリティ面)

自社が得意とするWeb制作のジャンルや特徴を把握することで、見込み顧客に対して他社にはない明確な強みをアピールしやすくなります。

制作後のサポートについても事前に伝えておく

制作後のサポートやアフターフォローの体制について事前に伝え、顧客との信頼性を向上させましょう

Web制作会社における成果物を一度納品して終わりではなく、問題が生じた場合の対処法や相談窓口を準備しておくことで、顧客に対して安心感を与えることがポイントとなります。

制作後のサポート体制を明示しておくことで、見込み顧客の自社に対する長期的な信頼に繋がり、やがては継続的な発注や長期的な友好関係の構築に繋がりやすくなります。

Web制作会社が集客を考える前に注意すべきこと

Web制作会社が集客を考える前に注意すべき点として、主に以下の3つが挙げられます。

  • 自社で行える業務や案件のレベルや量を把握できているか
  • 自社の従業員のスキルセットを理解できているか
  • 自社で受注したいと考えている案件は現実的に納品可能かどうか

社内の業務体制や従業員数、スキルセットを事前に正しく把握できていない場合「受注したのに成果物を完成できない」という最悪なパターンに繋がるリスクも高くなります。

このような問題が発生すると自社自体の評判の悪化に繋がることもあるため、まずは社内において「どのレベルの案件をどれくらい受注できるか」を整理しておきましょう。

Web制作会社の集客にお困りなら「SakuSaku」

Web制作会社の集客方法で悩んでいるなら営業代行サービスの利用がおすすめです。

SakuSakuでは、リストの作成、企業打診まで一括して行い、商談数増加のお手伝いをいたします。プロのライターがメール文面を作成し、読まれるメールを目指します。また、文面のA/Bテストを行うことでより高い成果を上げるサポートいたしますので、ぜひお問い合わせください。

今すぐ無料で相談する

まとめ|Web制作の依頼を効率よく獲得しよう!

今回は、Web制作会社が集客を行う上でのポイントを、オフライン・オンラインに分けて解説しました。

Web制作会社の集客においての最大のポイントは「いかにして自社の強い分野を明確にし、見込み顧客にアピールできるか」です。

より多くの顧客を獲得するためにも、まずは社内の実績や人材の特徴を分析した上で、自社の得意分野について把握しましょう。

また、Web制作会社の集客方法で悩んでいるなら営業代行サービスの利用がおすすめです。SakuSaku(サクサク)では、リストの作成、企業打診まで一括して行い、商談数増加のお手伝いをいたします。プロのライターがメール文面を作成し、読まれるメールを目指します。また、文面のA/Bテストを行いより高い成果を上げるサポートいたしますので、ぜひお問い合わせください。

今すぐ無料で相談する