TikTok案件の相場を徹底解説!依頼方法やコツも解説

TikTok案件の相場を徹底解説!依頼方法やコツも解説

TikTokインフルエンサーマーケティングに興味はあるものの、案件の相場感がつかめていない企業の担当者様も多いのではないでしょうか。限られた予算の中で最大限の効果を出すためには、適切な相場を把握することが不可欠です。

そこで今回の記事では企業のTikTokマーケティングを多く支援する当社が、以下の内容について解説します。

本記事を最後までお読みいただければTikTok案件の適正価格がわかり、予算内に収められるようになるでしょう。TikTokインフルエンサーとのコラボレーションを検討中の企業担当者様は、ぜひ参考にしてみてください。

tiktok資料

目次

TikTokの企業案件とは?

TikTokの企業案件とは、企業がTikToker(ティックトッカー)と呼ばれるインフルエンサーに対して、自社の商品やサービスのプロモーションを依頼するマーケティング手法のことです。

具体的には、企業からの依頼を受けたTikTokerが、商品の使用感や魅力を伝える動画を投稿したり、ライブ配信で商品を紹介したりすることで、TikTokerのフォロワーに対して効果的なプロモーションを行います。

TikTokerは若者を中心に強い影響力を持っているため、企業はTikTokerの発信力を活用することで、自社商品やサービスの認知度向上や購買意欲の向上などを目指せるでしょう。

TikTokの案件相場

TikTokの企業案件を依頼する際の費用相場は、主にインフルエンサーのフォロワー数によって決まります。以下の表で、フォロワー数別のTikTok案件の相場をチェックしてみてください。

フォロワー数 単価の相場
100万人以上 1フォロワーあたり4〜6円
10万人以上100万人未満 1フォロワーあたり3〜5円
1万人以上10万人未満 1フォロワーあたり2〜3円
5,000人以上1万人未満 1フォロワーあたり1〜2円
5,000人未満 1フォロワーあたり1円以下

ただし、あくまで相場となるので実際の依頼時には詳細な見積もりが必要です。相場を目安にしつつ、依頼する際の予算感をイメージしてみましょう。

TikTokの案件を依頼する方法

TikTokの案件を依頼する方法として、主なものは以下の3つです。

  1. インフルエンサーに依頼する
  2. 所属事務所に連絡する
  3. 仲介会社経由で依頼する

それぞれどのような方法なのか、チェックしていきましょう。

インフルエンサーに依頼する

TikTokの企業案件を依頼する方法として、プロフィールに記載されている連絡先に問い合わせることがまず挙げられます。より密なコミュニケーションを取りながら案件を進めたい場合や、小規模な案件に適しています。

ただし、人気のインフルエンサーほど多くの案件依頼が来るため、返信がもらえない可能性もあるでしょう。フォロワーが多く、人気が高いインフルエンサーに依頼する場合は、所属事務所に連絡することも検討する必要があります。

所属事務所に連絡する

影響力の大きい人気TikTokerの場合、事務所に所属していることが多い傾向にあります。確実に依頼したい場合は直接インフルエンサーに連絡するのではなく、所属事務所に問い合わせるのも1つの方法です。

事務所に問い合わせることで、所属TikTokerの中から案件に最適な人材を紹介してもらえます。また、契約や報酬の交渉なども事務所が代行してくれるため、スムーズに案件を進められるでしょう。

仲介会社経由で依頼する

複数のTikTokerを抱える仲介会社に依頼する方法もあります。仲介会社は企業の予算や希望に沿って最適なTikTokerを選定してくれるため、依頼の手間を省くことが可能です。

また、キャスティングだけでなく、企画立案やディレクションなども行ってくれる場合があるので、TikTokマーケティングに詳しくない企業でも安心して任せられます。ただし、仲介会社を経由する分、手数料などのコストが上乗せされる点には注意が必要です。

TikTokの企業案件を依頼するメリット

TikTokの企業案件を依頼するメリットとして、以下の4つが挙げられます。

  1. 広いリーチと認知度向上が期待できる
  2. ユーザーとの関係性を構築できる
  3. 高い費用対効果が期待できる
  4. 新たなユーザー層を開拓できる

それぞれのメリットを理解した上で、依頼を検討しましょう。

広いリーチと認知度向上が期待できる

TikTokは多くのユーザーを抱えるSNSであり、幅広い層にアプローチが可能です。特に若年層へのリーチに優れており、新たな顧客層を獲得できる可能性も高いのが特徴。

インフルエンサーの影響力を活用することで、短期間で商品やサービスの認知度を高められます。また、バズったコンテンツは瞬く間に拡散されるため、想定以上の宣伝効果が期待できます。

ユーザーとの関係性を構築できる

TikTokerのファンとのエンゲージメントを獲得することで、親近感と共感を生み出せます。広告と感じさせない自然な形で商品やサービスをPRできるため、購買意欲の向上につながるでしょう。

インフルエンサーが自ら体験した感想を伝えることで、フォロワーからの信頼も得られます。一方的な宣伝ではなく、双方向のコミュニケーションを通じてユーザーとの関係性を築けるのが、TikTokならではの強みです。

高い費用対効果が期待できる

TikTokの企業案件は他の広告媒体と比較して、比較的低コストで実施できる場合が多い傾向にあります。動画制作にかかる費用を抑えられることに加え、インフルエンサーの起用料金も、テレビCMなどと比べるとリーズナブルです。

そのため、費用対効果の高いマーケティング手法として、注目を集めています。ただし、人気インフルエンサーほど価格が高騰する傾向にあるため、予算とのバランスを考えて依頼先を選ぶのが大切です。

新たなユーザー層を開拓できる

TikTokは他のSNSと比較して、若年層やZ世代の利用率が高い点が特徴です。従来のマーケティング手法では、リーチが難しかった層へのアプローチが実現します。

10代や20代前半の若者に人気の商品やサービスを訴求する際に、TikTokは非常に有効なツールとなるでしょう。特に若者をターゲットとして狙っている場合は、大きなメリットと言えます。

TikTok広告の運用に悩んでいる方は運用代行サービスの利用がおすすめです。
今なら10万フォロワーの獲得実績がある当社の運用代行サービスをはじめとして、他の運用代行サービスとの比較資料を無料でプレゼントしています。
SNSを活用したマーケティングを行おうと考えている方はぜひダウンロードしてみてください。

TikTok運用代行バナー

TikTokの企業案件を依頼するデメリット

TikTokの企業案件を依頼するデメリットとして、以下が挙げられます。

  1. 炎上するリスクがある
  2. 長期的な集客やブランディング効果を狙いづらい
  3. インフルエンサーに当たりはずれがある

メリットだけではなく、デメリットについても確認しておきましょう。

炎上するリスクがある

TikTokの企業案件を依頼する際にはネガティブなコメントや拡散など、炎上のリスクに常に考慮する必要があります。インフルエンサーの発言や行動によっては、ブランドイメージを損ねる可能性もあるでしょう。

事前にリスク管理を徹底し、炎上対策を準備しておくことが重要です。不測の事態に備えて、炎上した際の対策や動き方を整えておくことも忘れてはいけません。

長期的な集客やブランディング効果を狙いづらい

TikTokは拡散スピードが速いため、一時的な話題性は期待できるものの長期的な効果は保証されません。バズった動画の影響力は強力ですが、その効果は一過性のものになるケースがほとんどです。

TikTok運用のみではなく継続的な施策や、他のマーケティング活動との連携が必要となるでしょう。TikTokだけに頼るのではなく、オウンドメディアの強化や、他のSNSとの併用など、多角的なアプローチをもって進めるのがおすすめです。

インフルエンサーに当たりはずれがある

TikTokerの選定時にはフォロワー数や再生回数だけでなく、質の高いコンテンツを制作できるかを見極めることが大切です。インフルエンサーの中には、見た目の数字だけが先行し、実際の影響力が伴わない場合もあります。

事前の調査や、実績確認を入念に行うと失敗するリスクを抑えられます。事前の調査を怠らないようにして、選定を進めていきましょう。

TikTokの案件における依頼先の選び方

TikTokの案件における依頼先の選び方として、以下の4つを押さえる必要があります。

  1. 明確な目標設定とターゲット選定を行う
  2. フォロワー数を見てインフルエンサーを選ぶ
  3. フォロワー層が自社のターゲットに合っているか確認する
  4. エンゲージメント率の高さを確認する

コツを押さえた上で、TikTokの案件を依頼しましょう。

明確な目標設定とターゲット選定を行う

TikTokの企業案件を成功させるためには、明確な目標設定が欠かせません。認知度向上、購買促進など、最終的に何を達成したいのかを明確にしましょう。

その上でターゲット層の人口統計や興味関心を分析し、TikTokerの選定に役立てます。ターゲットに合わせた適切なインフルエンサーを起用することで、より高い広告効果が期待できるでしょう。

フォロワー数を見てインフルエンサーを選ぶ

インフルエンサーを選ぶ際は、フォロワー数だけでなく、実際にユーザーを動かす影響力を持っているかを見極めることが重要です。フォロワー数が多いだけでなく、コメントやいいね、シェアなどの反応率が高いTikTokerを選びましょう。

エンゲージメント率の高さは、フォロワーとの強い結びつきを示す指標となります。直感だけではなく、数字も見た上で慎重に選定するのが大切です。

フォロワー層が自社のターゲットに合っているか確認する

狙っているターゲットが、自社の商品・サービスと親和性が高いかどうかを吟味することも忘れてはいけません。ターゲットとのミスマッチを防ぐことで、TikTokerの選定で失敗するリスクを抑えられます。

また、インフルエンサーの発信するメッセージが、自社のブランドイメージと合致しているかを確認しましょう。単にフォロワー数が多いだけでなく、ブランドとの相性も考慮に入れることでより確実な成功が期待できます。

エンゲージメント率の高さを確認する

TikTok案件に対応したインフルエンサーを選ぶ際は、フォロワー数だけではなくエンゲージメント率の高さを確認しましょう。いいねやコメント、シェア数が多いインフルエンサーはフォロワーとの結びつきが強く、影響力が高いと言えます。

ただし、エンゲージメント率など具体的な数字は開示していない場合があるので、注意が必要です。実際に問い合わせを行い、エンゲージメント率について聞き出し、選定する際の検討材料にしましょう。

TikTok広告の運用に悩んでいる方は運用代行サービスの利用がおすすめです。
今なら10万フォロワーの獲得実績がある当社の運用代行サービスをはじめとして、他の運用代行サービスとの比較資料を無料でプレゼントしています。
SNSを活用したマーケティングを行おうと考えている方はぜひダウンロードしてみてください。

TikTok運用代行バナー

TikTokの案件を依頼する際の注意点

TikTokの案件を依頼する際の注意点として、以下の3つが主に挙げられます。

  1. PR案件であることを明記させる
  2. 未経験の場合は代理店を利用する
  3. 投稿内容は事前にチェックする体制を作る

それぞれの内容を見ていきましょう。

PR案件であることを明記させる

TikTokの企業案件を依頼する際はステルスマーケティングにならないよう、TikTokerにはPR案件であることを動画内で明記してもらうことが重要です。
企業からの依頼であることを隠して宣伝することは、ユーザーの信頼を損ねる行為となります。

依頼時は動画の説明欄や、動画内のテロップなどで、企業とのタイアップであることを明示するよう、TikTokerに依頼しましょう。ステルスマーケティングが発覚すると、ネット炎上につながることも多いので細心の注意が必要です。

未経験の場合は代理店を利用する

TikTokの企業案件が初めての場合は、ノウハウ豊富な代理店に依頼するのも有効な手段です。代理店は適切なインフルエンサーの選定や、報酬の交渉、契約周りの手続きなどを代行してくれます。

また、キャンペーンの効果測定や分析なども任せられるため、TikTokマーケティングに不慣れな企業でも安心して依頼できるでしょう。代理店を活用することで、社内リソースを割くことなくスムーズに案件を進められます。

投稿内容は事前にチェックする体制を作る

TikTokerに依頼した動画の内容が企業イメージを損なわないように、投稿前に内容をチェックする体制を構築することが大切です。事前に、動画の構成やセリフ回しなどを確認し、修正が必要な場合は適切にフィードバックを行います。

そのためには、TikTokerとのコミュニケーションを密に取り、信頼関係を築いておくことが重要です。また、投稿のガイドラインを設けて共有したり、確認のためのチェックリストを用意したりするなど、円滑に確認作業が行える仕組み作りも必要となるでしょう。

まとめ:TikTokの案件依頼はアナグマにお任せください!

TikTokの案件依頼を行う場合、注意すべき点が多数存在します。「TikTokerに依頼すれば、楽に拡散が期待できる…」と考えていると失敗しやすくなるので、今回の記事を参考に依頼時のイメージを固めてみてください。

今回の記事を読んだ方の中には「自社でTikTokerを選定できるか不安…」と悩む方もいるでしょう。当社にはTikTok運用のプロが在籍しているので、いつでもご要望に沿ったご紹介が可能です。

以下のリンクから無料相談を実施しているので、TikTok案件に関する相談をしたい場合はぜひお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

監修者

月間200万PV超えの大手メディアのディレクター、海外でのWebメディア立ち上げののち売却を経て、2社のWebマーケ支援会社の代表を務める。
現在は10年間のWebマーケ経験を活かし、数々のプライム上場企業のWebマーケ担当として、SEO対策・コンテンツ制作を中心に支援を継続している。

目次