おすすめのTikTok分析ツール9選!選び方やメリット・デメリットも紹介

https://dream-up.co.jp/marketing/media/tiktok-analysis-tools/

SNSマーケターとしてTikTokの可能性を感じながらもフォロワーが増えない、投稿がなかなかバズらないと悩んでいませんか?「感覚」ではなく「データ」に基づいて改善策を考えたいと思っても、TikTokの分析ってどこを見ればいいか分からないですよね。

そんな悩みを解決したいのであれば、TikTok分析ツールをおすすめします。TikTok分析ツールを使えば、主観に頼らない分析が可能です。

本記事ではおすすめのTikTok分析ツールについて、以下の内容を紹介します。

今回の記事を読めば、あなたも明日からデータに基づいた戦略的なTikTokマーケティングを実践できます。TikTok分析ツールを使って、ブランド認知度アップや売上目標達成を目指しましょう。

tiktok資料

目次

おすすめのTikTok分析ツール9選

おすすめのTikTok分析ツールとして、以下のように厳選しました。

  1. TikTokビジネスアカウント
  2. Tofu Analytics
  3. exolyt
  4. Social Insight
  5. A stream
  6. EmbedSocial
  7. Quid Monitor
  8. CCX social
  9. Brandwatch

それぞれの特徴や価格帯を見て、自社に合った取材代行サービスを導入しましょう。

サービス名 TikTokビジネスアカウント Tofu Analytics exolyt Social Insight A stream EmbedSocial Quid Monitor CCX social Brandwatch
特徴 ・完全無料で利用可能かつ、使いやすい
・基本的な分析事項を網羅している
・月額10,000円~使える
・安心の公式API認定企業なので信頼性が高い
・最大のTikTokデータベースを提供しているので参考にしやすい
・AIが分析をサポートしてくれる
・複数のSNSアカウントを一括管理できるので使いやすい
・有名企業が多く導入しているので信頼できる
・アカウント検索・分析、PR投稿管理が可能
・大企業の利用実績が豊富
・コンバージョン率のアップなどの事例が多い
・低コストから開始できるので、初めてツールを導入する場合でも安心
・リアルタイムでデータを自動収集できる多彩な分析
・フィルタリング機能を備え、他システムとの連携も可能
・アカウント成長のための新たな発見を助ける機能を提供
・レポート作成やデータのダウンロードが可能
・リアルタイムで信頼性の高いデータをスピーディーに活用できる
・AIを活用し瞬時にビジネスインサイトを発見でき、SNSアカウント運用の幅が広がる
価格 無料 月額:10,000円~ 月額:43,341円~ 要問合せ 要問合せ 月額:7,150円~ 要問合せ 要問合せ 要問合せ

1.TikTokビジネスアカウント

引用:TikTokビジネスアカウント

TikTokビジネスアカウントは、完全無料で使える公式の分析機能です。動画の視聴数、視聴者リーチ、プロフィール閲覧回数、いいね数など一通りの基本的な分析が実現できます。

動画ごとの詳細なパフォーマンス指標や視聴者の人口統計情報も確認できるので、効果測定に最適です。まずはTikTokビジネスアカウントを使ってみて、不満が出た場合は有料ツールを使ってみましょう。

価格 無料
特徴 ・完全無料で利用可能かつ、使いやすい
・基本的な分析事項を網羅している

2.Tofu Analytics

引用:Tofu Analytics

Tofu Analyticsは、SNSのソーシャルデータをAIが分析し、フォロワー情報や頻出ワード、投稿内容の感情まで可視化します。競合比較分析やキャンペーン分析、インフルエンサー分析、炎上防止・リスク分析など、多くのSNSマーケティングの分析が可能です。

MAツールやBIツールへのデータ連携もでき、SNSマーケティングの改善に役立ちます。TikTokはもちろん他のSNS分析も可能で、価格も安いので、詳細をチェックしてみましょう。

価格 月額:10,000円~
特徴 ・月額10,000円~使える
・安心の公式API認定企業なので信頼性が高い

3.exolyt

引用:exolyt

exolytは、常に更新される業績統計とリアルタイムの業界トレンドを元に分析してくれるツールです。より効果的な戦略を練る際に活躍してくれます。

AI分析でユーザーの動きを見てくれるので、新たな施策を考える際に便利です。一歩進んだTikTokマーケティングを推し進めたい場合に、おすすめなツールと言えます。

価格 月額:43,341円~
特徴 ・最大のTikTokデータベースを提供しているので参考にしやすい
・AIが分析をサポートしてくれる

4.Social Insight

引用:Social Insight

Social Insightは、ソーシャルメディア解析・運用に便利なツールです。Twitter、Instagram、TikTokなどのSNS分析が可能で、ユーザーの属性や行動、投稿内容などを可視化します。

ソーシャルインサイトでは競合分析、インフルエンサー分析、トレンド分析など、SNSマーケティングに必要な機能を網羅しています。データはリアルタイムに更新され、レポート作成も自動化できるため、効率的なSNS運用が可能です。

価格 要問合せ
特徴 ・複数のSNSアカウントを一括管理できるので使いやすい
・有名企業が多く導入しているので信頼できる

5.A stream

引用:A stream

A streamは、大手企業が多数導入している分析ツールです。面倒なグラフやレポート作成も行ってくれるので、業務効率化にも貢献。

また、自動投稿管理システムもあるので、工数削減にも役立ちます。分析の強化はもちろん、業務をより楽にしたい企業におすすめなツールです。

価格 要問合せ
特徴 ・アカウント検索・分析、PR投稿管理が可能
・大企業の利用実績が豊富

6.EmbedSocial

引用:EmbedSocial

EmbedSocialは、分析はもちろんUGCの管理・分析が可能なツールです。自社のアカウントがどのような評価を受けているのか、分かりやすく可視化してくれます。

パフォーマンス測定やレポート出力にも対応しており、報告書などにも組み込みやすくなっています。UGCキャンペーンなどを行う場合は、導入するべきツールと言えるでしょう。

価格 月額:7,150円~
特徴 ・コンバージョン率のアップなどの事例が多い
・低コストから開始できるので、初めてツールを導入する場合でも安心

7.Quid Monitor

引用:Quid Monitor

Quid Monitorは、直感的に使えるソーシャルメディア分析ツールです。X(旧Twitter)やFacebook、TikTokなど、国内外の幅広いソーシャルメディアからリアルタイムでデータを自動収集し、分析できます。

Quid Monitorでは感情分析、位置情報分析など、多彩な分析機能を備えています。消費者インサイト分析、トレンド把握、リスク検知など多くの用途に活用できるため、ソーシャルメディアの情報を効果的に活用したい企業におすすめのツールです。

価格 要問合せ
特徴 ・リアルタイムでデータを自動収集できる多彩な分析
・フィルタリング機能を備え、他システムとの連携も可能

8.CCX social

引用:CCX social

CCX socialは、株式会社ライスカレーが提供するSNS分析ツールです。InstagramやTikTokなどのアカウントデータを自動収集し、AIコンサルタントによる分析サポートや、ドラッグ&ドロップで簡単にレポートを作成できる機能を備えています。

CCX socialでは業界トレンド分析や初速分析など、SNS運用に必要な機能を利用できます。データに基づいたSNS運用の改善や、効率的なアカウント成長を目指す企業におすすめのツールです。

価格 要問合せ
特徴 ・アカウント成長のための新たな発見を助ける機能を提供
・レポート作成やデータのダウンロードが可能

9.Brandwatch

引用:Brandwatch

Brandwatchは、ブレインパッド株式会社が提供するソーシャルアナリティクスツールです。Twitter、Facebook、TikTokなど、1.4兆件以上のソーシャルデータを収集・分析し、消費者の声をリアルタイムに把握できます。

また、AIを活用したデータ分析や可視化、アラート機能など、ビジネスに必要な意思決定をサポートする機能を備えています。ソーシャルデータを活用したマーケティング戦略の立案や、ブランディングを目指す企業におすすめのツールと言えるでしょう。

価格 要問合せ
特徴 ・リアルタイムで信頼性の高いデータをスピーディーに活用できる
・AIを活用し瞬時にビジネスインサイトを発見でき、SNSアカウント運用の幅が広がる

TikTok分析ツールの選び方

広告運用代行会社を選定する際のポイントは、以下の通りです。

  1. 料金が適正か見る
  2. 実績があるか確認する
  3. 自社の利用目的に合っているかチェックする

いずれも重要なポイントなので、1つも外さないようにしましょう。

1.料金が適正か見る

TikTok分析ツールを選ぶ際は、まず料金体系をチェックしましょう。有料ツールは価格帯にばらつきがあるため、複数のツールを見てから比較検討することをおすすめします。

自社の予算や分析頻度に応じて、最適な料金プランを選ぶことが大切です。事前に十分な確認を行ってから選定を進めましょう。

2.実績があるか確認する

次に、ツールの導入実績やユーザーの声をリサーチしましょう。大手企業や著名なインフルエンサーに利用されているツールは、信頼性が高いと言えます。

ユーザーレビューや事例紹介などを参考に、ツールの使い勝手や効果を見極めることが重要です。加えて、運営会社の情報やサポート体制もチェックし、安心して利用できるツールを選びましょう。

3.自社の利用目的に合っているかチェックする

TikTok分析ツールには様々な機能がありますが、自社のニーズに合致しているかどうかを確認する必要があります。例えば、競合他社の動向を把握したい場合は、競合分析機能の充実度をチェックしましょう。

また、上司やクライアントにレポートを提出する際は、レポート作成機能が充実しているか確認する必要があります。自社の利用目的に合った機能が備わっているかどうかを見極め、最適なツールを選びましょう。

TikTok広告の運用に悩んでいる方は運用代行サービスの利用がおすすめです。
今なら10万フォロワーの獲得実績がある当社の運用代行サービスをはじめとして、他の運用代行サービスとの比較資料を無料でプレゼントしています。
SNSを活用したマーケティングを行おうと考えている方はぜひダウンロードしてみてください。

TikTok運用代行バナー

TikTok分析ツールで見るべき指標

取材代行会社に外注するメリットは、以下の4つです。

  1. 平均視聴時間
  2. 視聴維持率
  3. 視聴完了率
  4. エンゲージメント
  5. 視聴者の属性

サービス選定で失敗しないように、1つずつメリットを理解しましょう。

1.平均視聴時間

平均視聴時間は、動画が視聴者にどれくらいの時間見られているかを示す指標です。平均視聴時間を分析することで、ユーザーの興味関心の度合いをチェックできます。

ただし、動画の長さとのバランスも考慮する必要があります。例えば短い動画なのに平均視聴時間が短い場合は、コンテンツの改善が必要という風に判断が可能です。

2.視聴維持率

視聴維持率は、動画のどの部分で視聴者が離脱しているかを示す指標です。離脱が多い部分を分析することで、動画の改善点を見つけてアカウントの評価を高められます。

例えば、冒頭部分で多くの視聴者が離脱している場合は、興味を引く工夫が足りない可能性があります。飽きさせない構成や、視聴者を引き付ける冒頭部分の作り込みが必要という風に判断できるでしょう。

3.視聴完了率

視聴完了率は、動画を最後まで視聴したユーザーの割合を示す指標です。視聴完了率が高いほど、コンテンツの質が高いと評価できます。

視聴完了率の高い動画の特徴を分析し、今後のコンテンツ制作に活かすことが大切です。視聴完了率が高いコンテンツの傾向をまとめ、新たなコンテンツの制作に活かしましょう。

4.エンゲージメント

エンゲージメントはいいね、コメント、シェア、保存などのアクション数を示す指標です。エンゲージメントを分析することで、ユーザーの反応や関心度を把握できます。

エンゲージメントの高い投稿の特徴を分析し、より効果的なコンテンツ作りに役立てましょう。例えば、質問を投げかける、共感を得られるストーリーを盛り込むなどの工夫が考えられます。

5.視聴者の属性

視聴者の属性は性別、年齢層、地域、興味関心などを示す指標です。視聴者の属性を分析することで、自社のターゲット層を明確化できます。

分析結果に基づいて、ターゲット層に刺さるコンテンツを配信することが重要です。自社の思ったようなターゲット層の視聴者が集まっていない場合は、コンテンツ制作の方針を見直すといった工夫が求められます。

TikTok分析ツールを導入するメリット

TikTok分析ツールを導入するメリットとして、以下の4つがあります。

  1. データに基づいた戦略的なマーケティングが実現できる
  2. 競合アカウントの分析ができる
  3. PDCAサイクルの確立が容易になる
  4. ノウハウやデータが蓄積される

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

1.データに基づいた戦略的なマーケティングが実現できる

TikTok分析ツールを導入することで、アカウントのパフォーマンスに関する詳細なデータを入手できます。データを分析すると、効果的なマーケティング施策を打ち出すことが可能です。

主観に基づいた戦略から脱却できるので、マーケティングの精度が大幅に向上するでしょう。なかなかTikTok運用がうまくいかない場合は、TikTok分析ツールを積極的に活用する必要があります。

2.競合アカウントの分析ができる

TikTok分析ツールを使えば、競合他社のアカウントのパフォーマンスを詳しく分析できます。その結果、業界内でのベンチマークを把握できるようになります。

また、競合の成功事例を参考にすることで、自社のTikTok運用改善のヒントが得られるのもメリット。さらにTikTok運用のレベルを高めることにつながります。

3.PDCAサイクルの確立が容易になる

分析ツールを活用すれば、現状把握から改善策の立案・実行までのPDCAサイクルを効率的に回せます。データに基づいた仮説検証を繰り返し行うことで、TikTokでの継続的なパフォーマンス向上が期待できるでしょう。

TikTok運用を効率的に進めたいのであれば、主観に基づいてなんとなく進めるのはおすすめできません。データに基づいて、PDCAサイクルを構築して進めていきましょう。

4.ノウハウやデータが蓄積される

TikTok分析ツールを継続的に使用することで、運用に関するノウハウやデータが蓄積されていきます。蓄積されたデータを活用すると、効果的な戦略を継続的に実践することが可能です。

TikTokで得られた知見は、他の施策においても参考になります。また、蓄積されたノウハウを活かすことで、競合との差別化を図れるでしょう。

TikTok広告の運用に悩んでいる方は運用代行サービスの利用がおすすめです。
今なら10万フォロワーの獲得実績がある当社の運用代行サービスをはじめとして、他の運用代行サービスとの比較資料を無料でプレゼントしています。
SNSを活用したマーケティングを行おうと考えている方はぜひダウンロードしてみてください。

TikTok運用代行バナー

TikTok分析ツールを導入するデメリット

TikTok分析ツールを導入するデメリットとして、以下の3つがあります。

  1. ノウハウがないと運用で結果が出ない
  2. 分析ツールの使い方を学ぶ手間がかかる
  3. 無料ツールの場合、機能に制限がある

メリットと照らし合わせて慎重に検討しましょう。

1.ノウハウがないと運用で結果が出ない

TikTok分析ツールを導入しても、データの見方や活用方法がわからなければ、運用で結果を出すことは難しいでしょう。データを正しく理解し、改善につなげるためには、ノウハウの習得が必要となります。

特に初めてTikTok運用に踏み切る場合、ノウハウが不十分な場合がほとんどです。TikTok運用に関して不安がある場合は、運用代行会社に任せるといった手段も検討しましょう。

2.分析ツールの使い方を学ぶ手間がかかる

分析ツールを初めて使う際、ツールの設定方法やレポートの見方など、理解すべき項目は少なくありません。TikTok分析ツールの機能は多岐にわたるため、使いこなすまでには一定の学習期間が必要です。

分析ツールを効果的に活用するためには、使い方を習得する時間と労力を要します。事前にマニュアルを策定するなど、社内に浸透する工夫を考えておきましょう。

3.無料ツールの場合、機能に制限がある

TikTokのアカウント分析に使える無料ツールもありますが、有料ツールと比べると機能が限定的な場合があります。例えば、データの取得期間や分析できる項目に制限があることが挙げられます。

より高度な分析を行うには、有料ツールの導入がおすすめです。本格的にTikTok運用で成果を出していきたいのであれば、コストをかけてでも有料ツールの導入をした方がより早く成果に結びつくでしょう。

まとめ:おすすめのTikTok分析ツールから自社に合ったものを選びましょう!

TikTokの分析ツールを活用することで、アカウントのパフォーマンスを詳細に把握し、効果的なマーケティング戦略を立てられます。TikTok分析ツールを選ぶ際は料金体系や機能、導入実績などを比較検討し、自社のニーズに合ったツールを選ぶことが重要です。

今回の記事では、おすすめのツールや選び方を詳しく解説しています。TikTokマーケティングを成功させるために、ぜひ参考にした上で選定を進めてみてください。

TikTok広告の運用に悩んでいる方は運用代行サービスの利用がおすすめです。
今なら10万フォロワーの獲得実績がある当社の運用代行サービスをはじめとして、他の運用代行サービスとの比較資料を無料でプレゼントしています。
SNSを活用したマーケティングを行おうと考えている方はぜひダウンロードしてみてください。

TikTok運用代行バナー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

監修者

月間200万PV超えの大手メディアのディレクター、海外でのWebメディア立ち上げののち売却を経て、2社のWebマーケ支援会社の代表を務める。
現在は10年間のWebマーケ経験を活かし、数々のプライム上場企業のWebマーケ担当として、SEO対策・コンテンツ制作を中心に支援を継続している。

目次