TikTok広告の費用相場まとめ!費用を抑えるコツも紹介

TikTok広告の費用相場まとめ!費用を抑えるコツも紹介

中小企業のマーケティング担当者の皆様、若年層へのリーチについて頭を悩ませていませんか?TikTokでの運用は行っているものの、TikTok広告の出稿にはなかなか踏み切れずにいるのではないでしょうか。

他のSNS広告の知識はある程度お持ちかもしれませんが、TikTok広告特有の費用感や予算の目安が気になるところですよね。そんなマーケティング担当者の皆様に、以下の内容についてわかりやすく解説。

当社は、数多くの企業のTikTokマーケティングを支援してきた実績があります。当社の経験を活かし、プロのマーケティング担当者目線で、TikTok広告の費用感についてアドバイスします。

本記事を最後まで読めば、TikTok広告の費用感を正しく理解し、自社に最適な手法を見つけられるでしょう。

tiktok資料

目次

TikTok広告とは?

TikTok広告は、世界中で人気のあるSNS「TikTok」で配信できる広告です。TikTok広告を活用することで、企業や個人が自社の商品やサービスを幅広く紹介できます。

TikTok広告の種類は4つあり、自社の目的に沿った形で配信が可能です。また、ユーザーの属性や興味関心に基づいたターゲティングができ、ターゲットに合わせた広告配信が可能なので、より効果的なキャンペーンを展開できます。

TikTokは若年層のユーザーが多いので、若年層向けの商品やサービスを宣伝する際に大きな効果を発揮してくれるでしょう。

4つのTikTok広告の種類と費用相場

TikTok広告の種類と費用相場を以下の4つでまとめました。

    1. 起動画面広告
    2. チャレンジ広告
    3. インフィード広告
    4. 運用型広告

    それぞれの広告の特徴や費用感について、理解を深めましょう。

    種類 起動画面広告 チャレンジ広告 インフィード広告 運用型広告
    費用 500万円 1,000万円~ 42万円~ 1日5,000円~
    特徴 ・画面起動時に表示
    ・TikTokの全ユーザーにアプローチが可能
    ・ハッシュタグを利用
    ・ユーザーがさらなる拡散を行ってくれる
    ・おすすめ欄に表示
    ・通常の投稿と変わりがないので自然な形で配信できる
    ・TikTok以外のアプリで配信が可能
    ・少額の費用でも広告を出せる

    起動画面広告

    起動画面広告は、ユーザーがTikTokアプリを起動した際に全画面で表示される広告です。アプリ起動時に必ず表示されるため、多くのユーザーに見てもらえます。

    ただし、1日1社限定の枠で、費用も他の広告と比べて高額なのがデメリットです。課金方式はインプレッション課金で、想定される総費用はおよそ500万円前後と言われています。

    チャレンジ広告

    チャレンジ広告は特定のハッシュタグを設定し、ユーザーに動画の投稿を促す広告です。ユーザー参加型の広告であり、企業が提示したお題に沿って多くのユーザーが動画を投稿することで、拡散されていきます。

    拡散力が非常に高く、認知度の向上を果たしやすいのがメリットです。ただし、最低でも1,000万円程度の費用がかかるため、大規模なキャンペーンに適しています。

    インフィード広告

    インフィード広告は、ユーザーのタイムラインに自然な形で表示される広告です。他のユーザーの投稿と同じように、スクロールしながら視聴できるため、広告としての違和感が少ないのが特徴です。

    また、クリック課金やインプレッション課金など、柔軟な課金方式が選べます。比較的低予算から始められるため、中小企業でも取り組みやすい広告形式と言えるでしょう。

    運用型広告

    運用型広告は、予算や配信期間などを設定し、柔軟に運用できる広告です。広告の目的に合わせて、適切なターゲティングや入札単価の調整などを行いながら、効果的な広告配信ができます。

    課金方式はクリック課金、インプレッション課金、再生課金から選択が可能です。最低出稿金額は1日5,000円からと、比較的低予算で始められるのが魅力です。

    TikTok広告の費用を抑える4つのコツ

    TikTok広告の費用を抑える4つのコツとして、以下を押さえる必要があります。

    1. ターゲティングを十分に行う
    2. 複数の広告を同時に発注する
    3. 運用型広告で「クリック課金型」を運用する
    4. 定期的に効果測定をして改善する

    いずれも重要なポイントなので、逃さないようにしましょう。

    ターゲティングを十分に行う

    TikTok広告では、ユーザーの属性や興味関心に基づいたターゲティングができます。ターゲティングを十分に行うことで、広告を見る可能性の高いユーザーに絞って配信できるため、無駄な広告費のカットが可能です。

    効果的なターゲティングを行うには、自社の商品やサービスに合ったユーザー層を見極めることが重要です。年齢、性別、地域、興味関心などの情報を活用し、適切なターゲットを事前に設定しましょう。

    複数の広告を同時に発注する

    TikTok広告では複数の広告を同時に発注することで、コストを抑えられる場合があります。広告枠を一括で確保することで、単価を下げられる可能性があるためです。

    ただし、予算が分散されるため、1つ1つの広告の効果が薄まってしまう恐れもあります。複数広告を同時発注する際は、それぞれの広告の目的や内容を明確にし、適切な予算配分を行いましょう。

    運用型広告で「クリック課金型」を運用する

    運用型広告には、クリック課金型とインプレッション課金型の2種類があります。クリック課金型は、ユーザーが広告をクリックした場合にのみ課金される仕組みです。

    一方、インプレッション課金型は、広告が表示された回数に応じて課金されます。クリック課金型を選択することで、実際に広告に興味を持ったユーザーにのみ課金されるため、費用対効果を高められます。

    ただし、クリック単価が高くなる傾向があるため、適切な入札単価の設定が重要です。

    定期的に効果測定をして改善する

    TikTok広告を運用する際は定期的に効果測定を行い、改善策を講じることが大切です。広告の目的に沿った指標を設定し、データを分析することで、広告の問題点や改善点を見つけられます。

    例えば、クリック率が低い場合は広告クリエイティブを見直したり、ターゲティングを変更したりすることで改善できる可能性があります。効果測定と改善を繰り返すことで、より費用対効果の高い広告運用ができるでしょう。

    TikTok広告の運用に悩んでいる方は運用代行サービスの利用がおすすめです。
    今なら10万フォロワーの獲得実績がある当社の運用代行サービスをはじめとして、他の運用代行サービスとの比較資料を無料でプレゼントしています。
    SNSを活用したマーケティングを行おうと考えている方はぜひダウンロードしてみてください。

    TikTok運用代行バナー

    TikTok広告を出すために必要な事前準備

    TikTok広告を出すために必要な事前準備として、以下を押さえておきましょう。

    1. 広告の運用目的を明確にする
    2. 広告のターゲットを決める

    上記の準備を怠ると、失敗しやすいので注意が必要です。

    広告の運用目的を明確にする

    TikTok広告を運用する際は、まず広告の目的を明確にすることが重要です。目的が明確でないと適切な広告内容や予算設定ができず、効果的な広告運用ができません。

    例えば、集客を目的とする場合は、クリック率や訪問数を重視した広告内容にする必要があります。一方、ブランディングを目的とする場合は、リーチ数や動画再生数を重視するなど、目的に合わせた指標を設定しましょう。

    目的を明確にすることで、適切な広告戦略を立てられます。

    広告のターゲットを決める

    TikTok広告では、ユーザーの属性や興味関心に基づいたターゲティングができます。適切なターゲットを設定することで、広告の効果を最大化できます。

    ターゲット設定の際は、自社の商品やサービスに合ったユーザー層を見極めることが重要です。年齢、性別、地域、興味関心など複数の観点で見て、適切なターゲットを設定しましょう。

    ただし、ターゲットを絞りすぎると、リーチ数が限られてしまうため、バランスを考えることが大切です。

    【8ステップ】TikTok広告の始め方

    TikTok広告の始め方を8ステップで紹介します。

    1. 広告アカウントを開設
    2. 詳細情報を入れる
    3. 支払情報を確定する
    4. 広告の目的を決める
    5. ターゲットを定める
    6. 予算とスケジュールを定める
    7. 広告フォーマットを決める
    8. 広告を作成・配信する

    それぞれの過程について、詳しく見ていきましょう。

    1.広告アカウントを開設

    まず、TikTok広告アカウントを開設します。TikTokのウェブサイトから「広告を始める」をクリックし、必要事項を入力します。

    アカウント開設時は、企業情報や連絡先を正確に入力することが重要です。間違った情報を入力すると、アカウントの承認が遅れて運用そのものに支障が出てしまいます。

    2.詳細情報を入れる

    アカウント開設後は、業種、ウェブサイトURL、広告の目的などの詳細情報を入力します。例えば、業種は「小売業」、ウェブサイトURLは「https://www.example.com」、広告の目的は「ウェブサイトへのトラフィック獲得」などと入力します。

    正確な情報を入力することで、適切な広告設定が可能です。アカウントを開設する際と同様に、情報にミスや漏れがないようにしましょう。

    3.支払情報を確定する

    次に、支払情報を登録します。クレジットカード、デビットカード、銀行振込から支払方法を選択可能です。

    クレジットカードは即時に利用可能ですが、銀行振込は処理に時間がかかります。支払方法によって広告の開始時期が異なるため、注意が必要です。

    4.広告の目的を決める

    次は、TikTok広告の運用目的を設定します。「ウェブサイトへのトラフィック獲得」「アプリのインストール」「ブランド認知度の向上」など、目的に応じて設定します。

    目的設定によって、最適な広告フォーマットや配信方法が提案されます。広告を運用する前に、広告の目的を詳細に決めておきましょう。

    5.ターゲットを定める

    次は、広告のターゲットを設定します。年齢、性別、地域、興味関心などを指定できます。

    例えば、「18-24歳の女性」「東京都在住」「美容に興味がある」という風にターゲットを絞り込むことで、広告の効果を高められます。ターゲットの絞り込みが甘いと、想定しない層に広告が届いてしまうので注意しましょう。

    6.予算とスケジュールを定める

    1日の予算や広告の開始日・終了日を指定し、広告の予算とスケジュールを設定しましょう。例えば、1日の予算を5,000円、開始日を5月1日、終了日を5月31日と設定します。

    予算とスケジュールは、広告の目的やターゲットに合わせて適切に設定しましょう。予算が少なすぎると十分な効果が得られず、多すぎると無駄になる可能性があるので見極めが必要です。

    7.広告フォーマットを決める

    予算とスケジュールを定めた後は、TikTok広告のフォーマットを選択します。広告効果を高めるためにも、目的やターゲットに合ったフォーマットを選択することが重要です。

    なるべく予算を抑えて広告を運用したい場合は、運用型広告を選ぶなどの選択が求められます。自社の広告運用に関する目的や予算を見た上で、最適なフォーマットを選びましょう。

    8.広告を作成・配信する

    最後に広告を作成し、配信設定を行います。動画や画像、テキストを組み合わせて魅力的な広告を作成しましょう。

    配信設定では配信期間やデバイス、配信地域などを指定します。配信開始後は広告の効果を定期的にモニタリングし、必要に応じて改善することが重要です。

    一度の広告配信で思ったような効果を得るのは難しいので、繰り返し改善する意識を持ちましょう。

    TikTok広告の運用に悩んでいる方は運用代行サービスの利用がおすすめです。
    今なら10万フォロワーの獲得実績がある当社の運用代行サービスをはじめとして、他の運用代行サービスとの比較資料を無料でプレゼントしています。
    SNSを活用したマーケティングを行おうと考えている方はぜひダウンロードしてみてください。

    TikTok運用代行バナー

    TikTok広告を運用する際は自社に合った代行会社を探しましょう

    TikTok広告の運用には、専門的な知識やノウハウが必要です。自社だけで運用するのが難しい場合は、運用代行会社に依頼するのも1つの選択肢です。

    運用代行会社に依頼することで効果的な広告運用ができるだけでなく、運用の手間を省けるメリットもあります。ただし、自社に合った運用代行会社を選ぶことが重要です。

    以下の点を考慮して、運用代行会社を選びましょう。

    • TikTok広告の運用実績があるか
    • 自社の業界や商品に関する知識があるか
    • 運用体制や報告体制が整っているか
    • 費用対効果が見込めるか

    TikTokの運用代行会社は以下の記事で詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

    あわせて読みたい
    TikTok運用代行会社おすすめ52選!選び方や費用相場・サービス内容もご紹介 「集客や採用でTikTokを活用したいけど、運用方法がわからない…。」 「TikTokの自社運用が難しいので、代行してくれる会社に依頼したい!」 「TikTokで運用代行を頼みた...

    TikTok広告を運用する際の注意点

    TikTok広告を運用する際の主な注意点は、以下の3つです。

    1. 広告のキャンセルができない
    2. 広告の途中修正ができない
    3. 外注する際は必要なオプションのみ追加する

    TikTok広告特有のポイントなので、運用する前に確認しましょう。

    広告のキャンセルができない

    TikTok広告では、一度申し込んだ広告をキャンセルすることができません。TikTokの広告枠が限られており、キャンセルによる機会損失を防ぐ仕様になっているのが理由です。

    事前に広告の内容、予算をしっかりと確認してから申し込むことが重要です。やむを得ずキャンセルする場合は、全額の費用負担が発生するので注意しましょう。

    広告の途中修正ができない

    TikTok広告では、出稿した広告の内容を途中で修正することができません。広告の公平性を保つため、TikTokがルールとして定めています。

    事前に広告の内容に誤りがないか、入念にチェックしてから出稿する必要があります。万が一、誤りに気づいても広告期間中は修正できないので、事前の確認を怠らないようにしましょう。

    外注する際は必要なオプションのみ追加する

    TikTok広告を外注する際は、必要なオプションのみを追加しましょう。不要なオプションを追加すると、コストが増加してしまうため注意が必要です。

    外注先との打ち合わせを行い、必要なオプションのみを選択することで費用対効果の高い広告運用ができます。事前に自社の広告運用の目的やゴールを明確にしておくと、必要なオプションが自ずと見えてくるでしょう。

    TikTok広告の費用に関するFAQ

    TikTok広告の費用に関するFAQとして、以下の2つを選びました。

    1. TikTok広告の最低出稿額はいくら?
    2. 1再生あたりTikTok広告はいくら?

    いずれも多くの人が悩みやすい部分なので、ぜひチェックしてみてください。

    TikTok広告の最低出稿額はいくら?

    TikTok広告の最低出稿額は、広告の種類によって異なります。例えば運用型広告の場合、最低出稿額は1日5,000円からとなっています。

    一方、起動画面広告やハッシュタグチャレンジ広告など、純広告と呼ばれる広告の最低出稿額は数百万円からと高額です。最低出稿額を理解した上で、出稿プランを検討しましょう。

    1再生あたりTikTok広告はいくら?

    TikTok広告の1再生あたりの費用は、課金方式によって異なります。再生課金型の場合、1再生あたり5~60円程度が相場とされています。

    この金額は、広告の再生数に応じて課金される方式での単価です。1再生あたりの費用は広告の再生数を増やすことで抑えられるため、質の高い広告動画の制作が重要となります。

    まとめ:TikTok広告の運用はアナグマにお任せください!

    TikTok広告の費用相場は、広告の種類ごとに異なります。どの広告で出稿するかによって相場が変わるので、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

    ただし、中には「自社でTikTok広告を運用する自信がない…」と悩む方もいるでしょう。当社にはTikTok広告運用のプロが在籍しているので、いつでもご要望に沿ったご紹介が可能です。

    以下のリンクから無料相談を実施しているので、TikTok広告の運用代行を依頼したい場合はぜひお問い合わせください。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    監修者

    月間200万PV超えの大手メディアのディレクター、海外でのWebメディア立ち上げののち売却を経て、2社のWebマーケ支援会社の代表を務める。
    現在は10年間のWebマーケ経験を活かし、数々のプライム上場企業のWebマーケ担当として、SEO対策・コンテンツ制作を中心に支援を継続している。

    目次