MENU

【人事向け】OpenWork(オープンワーク)リクルーティングの評判・口コミは良い悪い?サービスの特徴や注意点まで徹底調査!

日本最大級の社員口コミサイトのOpenWorkが運営する企業がサービスを展開している「OpenWorkリクルーティング」は、口コミ情報を活かしているダイレクトリクルーティングサービスです。

実際に使ってみた方の口コミ、評判を見ながら「自社に導入するか悩んでいる」「実際の評判はどうなのだろうか」という視点も踏まえながらOpenWorkリクルーティングを紹介していきます。

また、スカウト媒体にお悩みの人事のために、33個のスカウト媒体を解説した資料をご用意しております。
無料ですので、以下からお受け取りの上、自社に最適なスカウト媒体の選定にお役立てください。

目次

OpenWork(オープンワーク)リクルーティングとは

引用:OpenWork(オープンワーク)リクルーティング公式HP

株式会社オープンワーク株式会社
サービス提供開始日2018年
ユーザー数約527万人
特徴口コミ数1600万件のOpenWorkから派生したサービス

優秀な人材を獲得できる

OpenWorkリクルーティングでは、充実したデータベースがあります。「新卒/中途/転職潜在層/転職顕在層/高学歴/大企業在籍者」など様々な方と接触が可能です。

学生時代から継続して利用しているユーザーも多いのも大きな特徴のひとつ!

候補者おためし検索もできるので、興味があればぜひしてみましょう。

引用:OpenWork(オープンワーク)リクルーティング公式HP

低コストで導入/運用できる

引用:OpenWork(オープンワーク)リクルーティング公式HP

かかる費用は成功報酬(80万円/人)のみ。

初期費用、月額利用料は一切なく会社情報や求人の掲載も無料とのことで他のダイレクトリクルーティングサービスに比べて低コストで導入/運用ができます!

評価スコアによってスカウトが送信できる数が変わる

OpenWorkリクルーティングは、OpenWorkとの連携が充実。OpenWorkでの口コミの評価が高い企業を優先するシステムになっています。

スカウト通数や応募率や返信率などの数値に口コミ評価の結果が反映される仕組みになっています。評価スコアが高いほど次月のスカウトを送れる数が増えます。

OpenWork(オープンワーク)リクルーティング公式サイト

OpenWork(オープンワーク)リクルーティングの良い口コミ・評判

OpenWork(オープンワーク)リクルーティングの良い口コミ・評判を紹介します。

詳しく見ていきましょう!

ミスマッチが抑えられる

3ヶ月で3名の内定に成功しました。
求職者のプロフィールが詳細に記載されていることや、多くの求職者が口コミを読んだ上で応募することからミスマッチが抑えられ、辞退率も低いと感じているそうです。
また「口コミを今後の組織のカルチャー形成に役立てていきたい」とも考えているそう。
「組織をもっと良くしたい」とお考えの企業にはぴったりなサービスではないでしょうか。
引用:OpenWorkリクルーティングHP

求職者も会社の口コミを読んだうえで応募し、企業側も求職者の詳細なプロフィールを見たうえで採用が進んでいくので、入社後のミスマッチが抑えられています。

自社の魅力の棚卸しのタイミングになった

「競合他社と比較した上で、自社ならではの強みが浮き彫りになりやすく選んでもらいやすい」というメリットも感じているそうです。
多くの求職者は口コミを含め、企業の情報を収集し、比較検討を行うため「魅力の整理と訴求」は重要だと言えます。
引用:OpenWorkリクルーティングHP

口コミサイトならでは、といった部分で他の企業と比べてどうか?口コミの評価をあげるにはどうしたらよいか?自社の強みは何か?といった視点が増えるので、自社が持つ他社と比べた時の強みを見直す機会になるようです。

※スカウト代行サービスを検討している方は「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」は採用代行を月額3万円から任せられます。スカウト業務で圧迫されていたその分の時間はコア業務に集中できます。今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

潜在層へのアプローチができる

本当に自社にマッチする人材を泥臭く探していきたいと考えており、転職活動を本格的に開始していない潜在層へのアプローチもできる点にメリットを感じているそうです。
選考期間中も時間をかけて丁寧なコミュニケーションをとっているそうで、やはり採用成功には「継続的なアプローチ」が大切といえるでしょう。
引用:OpenWorkリクルーティングHP

転職潜在層へのアプローチができるというのもOpenWorkリクルーティングの大きな特徴のひとつといえるでしょう。

OpenWork(オープンワーク)リクルーティングの悪い口コミ・評判

OpenWork(オープンワーク)リクルーティングの悪い口コミ・評判をまとめました。

詳しく紹介します。

口コミが採用を左右する

OpenWorkリクルーティングでは、口コミによって送信できるスカウト数が変わってしまうので、よくも悪くもといったところです。

上記にもありますが、OpenWorkリクルーティングでは口コミ評価の高さが採用を成功できるかのカギとなっています。口コミ評価が今、低い企業は口コミの改善からしていく必要があります。

緊急度が高い採用には向いていない

口コミを見たいだけで登録した、転職にあまり意欲がないユーザーが多くいる印象です。

もしどうしても採用したい候補者がいれば、定期的にアプローチをしたり、転職意欲が高まったときにアプローチができるようにしておく必要があります。

※スカウト代行サービスを検討している方は「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」は採用代行を月額3万円から任せられます。スカウトメールの作成や送信等で圧迫されていたその分の時間はコア業務に集中できます。今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

OpenWork(オープンワーク)リクルーティングのポイントまとめ

向いている企業向いていない企業
・採用の費用コストを抑えて、スカウトで採用したい
・ミスマッチなく人材を採用したい
・口コミへの評価に対応できない
・すぐに採用したい

詳しく紹介します。

OpenWork(オープンワーク)リクルーティングに向いている企業

OpenWorkリクルーティングは、他のリクルーティングサービスに比べて低コストでの導入/運用ができるのでなるべく費用を抑えて採用を行いたい企業に向いています。また、口コミサイトとの連携により入社後のミスマッチが少なく離職率を抑えたいという企業にも向いているでしょう。

口コミの見直しによって、社内改善につながり結果的に離職率が低減している企業もあるのでぜひこの機会を活かすのもよいでしょう。

OpenWork(オープンワーク)リクルーティングがおすすめできない企業

口コミへの対応やスカウトの送信、潜在層への継続的なアプローチは作業コストがかかるため、その作業コストを確保できないと導入は難しいでしょう。また、転職潜在層が多いので採用を急いでいる企業にはあまりおすすめはできません。

しかし一概に導入をやめた方が良いとはいえません。部分的に導入をしたり、どうしても作業コストがかかってしまっている部分については部分的に代行業者を使うなどをするとよいでしょう。

※スカウト代行サービスを検討している方は「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」は採用代行を月額3万円から任せられます。スカウト業務で圧迫されていたその分の時間はコア業務に集中できます。今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

OpenWork(オープンワーク)リクルーティングの利用手順

スカウトメール

OpenWork(オープンワーク)の利用手順を紹介します。

STEP
STEP
アカウント登録

アカウント登録申請フォームより、担当者の情報を登録。

STEP
会社紹介、求人情報の登録

管理画面から情報を登録します。会社紹介は20分、求人情報は1件5分程度で簡単に登録が可能です。

STEP
スカウト送信

要件がある求職者を検索、スカウトメッセージを直接送付できます。

STEP
書類選考、面接

求職者から応募やスカウト返信が来たら、選考をします。選考中も管理画面上で直接候補者とメッセージのやりとりができます。

STEP
採用決定

採用が決定すれば、管理画面から報告します。成功報酬のみ支払いがあります。

OpenWork(オープンワーク)リクルーティングまとめ

OpenWorkリクルーティングでは、他のリクルーティングサービスに比べて低コストでの導入/運用ができるうえ、口コミの評価重要視しているので「組織をもっと良くしたい」とお考えの企業にとって導入が内部改善の大きな機会になるかもしれません。

今までなかなか様々な採用サイトを使ってみて離職率が高かったり口コミの評価を改善したいと思っていたりする企業はOpenWorkリクルーティングの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

※スカウト代行サービスをまずは検討している方には「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では時間がかかるスカウトメールの文言作成など月額3万円から任せられます。スカウト業務はお願いすることで空いた時間はコア業務に集中できます。今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次