MENU

ビズリーチの評判は悪い?悪質?利用者の口コミをもとに徹底解説!

スカウト採用を検討する企業が一度は目にするサービスが、中途採用特化のビズリーチ。ハイクラスな人材が多数登録していると言われていますが、自社に合っているサービスであるのか気になりますよね。

「ユーザー層は?」「実際の使用感は?」「費用対効果は?」など、契約前に知っておきたい情報は疑問点は多いでしょう。

本記事では、ビズリーチに関する実際の口コミ・評判を紹介します。最後まで読めば、自社にマッチしているかどうかの判断ができるでしょう。

※スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、丸ごと月額3万円から任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

目次

ビズリーチはハイクラスな人材が多数登録しているサービス

引用:ビズリーチ公式HP

運営会社株式会社ビズリーチ
サービス提供開始日2009年4月
現在のユーザー数227万人以上
特徴ハイキャリアの割合が多い独自の人材データベース!即戦力となる人材を探せる

ビズリーチは厳しい審査を通過したハイクラスな人材が多く登録している、スカウト支援サービスです。企業から人材への直接的なスカウトはもちろん、ヘッドハンターと連携を取りスカウトを行うこともできます。

2009年にサービスが開始されて以降会員数を伸ばしており、現在は227万人以上の登録者がいる国内最大級のスカウトサービスへと発展しました。

企業規模、職種、都会や田舎を問わず多くの企業の採用を成功させており、どの企業も一度はチェックすべきサービスといえるでしょう。

独自の厳しい審査を通過したハイクラスな人材が多い

ビズリーチのユーザーは独自の厳しい審査を通過した者ばかりなので、ある程度の信頼性が担保されています。年収が低すぎたり、経歴が薄かったりするとそもそも登録ができません。ハイクラスかつ即戦力として働ける人材の割合が他サービスと比べても高く、良い採用が可能となるでしょう。

採用担当者向け公式HPにて、自社が求める人材が何人ほどいるのかをお試し検索できる機能があります。理想の採用が可能かどうかの判断材料にもなるので、契約前に試して見ることがおすすめです。

また登録しているユーザーは転職顕在層が多いものの、潜在層のユーザーも一定数います。転職市場になかなか出てこない、優秀な人材へのアプローチも可能となるでしょう。

実績が多く各企業に合った支援ができる

ビズリーチは27,500社以上の導入実績を持っているため、各企業の採用課題や現状に合わせた提案が可能です。豊富なノウハウをもった担当者が、各企業の悩みを解決するためのアドバイスをしてくれます。

企業情報を掲載する際の注意点、おすすめの設定等についても親身に相談に乗ってくれますよ。

「近年注目されているスカウト採用のノウハウが全くない」「近年の売り手市場のニーズが分からず採用が上手くいかない」「コストの最適化がしたい」など悩みを持っている企業は、相談してみることで解決に近づけるかもしれません。

複数のプランが用意されておりコストの最適化ができる

ビズリーチは複数のプランが用意されており、自社の採用期間、採用条件、予算などに合った採用が可能です。

スタンダードプランとプレミアムプランの2つのプランが用意されており、それぞれ掲載期間6ヶ月プラン、12ヶ月プランに別れています。掲載期間は6ヶ月85万円~となっており、1ヶ月あたりの掲載料金は約14万円。

その他成功報酬として、理論年収の15%がかかります。なお理論年収の15%が70万円以下の場合は一律70万円となっているので、企業によっては要検討する必要があるでしょう。

ビズリーチの良い口コミ・評判

ビズリーチの良い口コミを紹介します。

登録ユーザーのレベルの高さについて言及しているレビューが、いくつもありました。

優秀な人材が多く登録している

優秀な人材が多く登録しているとの口コミが多数あります。厳しい審査を通過した人材のみが登録しているため、質の良い採用が可能となるでしょう。

しかし優秀なユーザー目線だと、「複数の企業からスカウトが数十件きている」といった状態になっています。より良い条件を提示できるか、優秀な人材に良い会社であるとアピールできるかが成功のカギとなるでしょう。

前職の年収が高い人材が集まっている

ビズリーチの審査内容は公表されていませんが、前職の年収も審査内容に関係していると言われています。実際にビズリーチの人材データベースは、他企業よりも高収入な人材が多くいる印象です。

嘘の年収を記載した場合は、ビズリーチの利用ができなくなる他、ビズリーチ内のブラックリストに登録されるなどペナルティが科されます。採用後に嘘が露呈した場合は解雇されるリスクもあるため、基本的には嘘はつけない状態といえます。

不安な場合は、年齢、業界・業種の相場、キャリアなどから、嘘の年収を記載していないかチェックすることがおすすめです。

コンスタントに面談予定を立てられる

ビズリーチを上手く活用すれば、1日1名の面談が可能といった投稿も見られました。転職顕在層が多いためか、面談率は他サービスと比べても高い方であるといえるでしょう。

もちろん面接地も関係しており、地方では上記投稿のようなペースでの面談は不可能かもしれません。しかし根気よく続ければ、良い人材と巡り会える可能性が高いです。

文面を工夫することで返信率を上げられる

企業から直接スカウトを送る際の文面を試行錯誤することで、スカウト返信率のUPが可能です。上の投稿では、スカウト返信率が10-20%で推移していたものの、文面を工夫することで39%まで上がったと報告されています。

ユーザー属性にあったスカウトメールを作成することができれば、より質の高い採用が可能となるでしょう。

※スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、丸ごと月額3万円から任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

ビズリーチの悪い口コミ・評判

次はビズリーチの悪い口コミ・評判を紹介します。

予防可能なポイントもあるので、事前に悪い点を知って対策をしておきましょう。

ヘッドハンターからのスカウトに不満を抱えるユーザーが多い

ビズリーチは企業からの直接スカウト(プレミアムスカウト)もあります。しかし料金がかかること、回数が制限されていることがなどが理由で、ヘッドハンターに依頼するケースが多い傾向にあります。

これがユーザー側からすると、「ヘッドハンターからのスカウトが多くてうんざりする」といった気持ちになるようです。ヘッドハンターからのスカウトが多いため、どれに返信すれば良いのか分からないと悩むユーザーも少なくありません。

採用した人材が短期間で引き抜かれるケースがある

ビズリーチで採用した人材が短期間で他企業に引き抜かれるケースがあります。近年は雇用の流動性が高まっており、転職後数ヶ月で辞める人材も少なくありません。

もちろん「魅力を感じて入社したが理想とかけ離れていた」可能性もあります。その場合は採用前に候補者と条件やイメージを擦り合わせておくことで、このような事態は予防できるでしょう。

使いにくい

複数のヘッドハンターから連絡がくるため「どのヘッドハンターに返信すれば良いのか分からない」と悩むユーザーも多いです。

求人票に詳細情報が掲載されていないため、ユーザー側からすれば判断材料が少なくほぼ運試しの状態といえるでしょう。

認知度が低い企業は高い企業よりも採用が難しい

ビズリーチに登録しているハイクラスな人材は、大企業や大手ファンドを希望としている人が多い傾向にあります。スタートアップ企業、ベンチャー企業、成長企業などの場合、採用までいたるのは少し難しいかもしれません。

ただしビズリーチでは、このような企業でも採用に成功している事例も多くあります。ユーザー属性を忘れずにスカウトメールを作成することで、良い採用が可能となるでしょう。

※スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、丸ごと月額3万円から任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

ビズリーチの総評

向いている企業向いていない企業
・ハイクラスな人材が欲しい
・人材にとって良い条件を出せる
・専門性の高い職種を求めている
・大企業や大手ファンド
・とにかく採用費用が安いサービスを探している
・専門性の低い職種を大量採用したい
・認知度が低い企業は工夫が必要

ビズリーチはハイクラスな人材を採用したい企業に向いており、専門性の低いポジションを大量採用したいケースには向いていないといえます。詳細を見ていきましょう。

ビズリーチに向いている企業

ビズリーチはハイクラスな人材の割合が多いデータベースを所有しています。ハイクラスな人材には他企業からのスカウトも多く届いているため、より良い条件を提示しなくてはいけません。人材にとって良い条件を出せるのであれば、質の良い採用も可能となるでしょう。

また認知度が高い企業であるほど、ハイクラス層からの返信率も高くなる傾向にあります。認知度が低い企業は、スカウトメールなどの文面を工夫するなどの対策が必要になります。

ビズリーチがおすすめできない企業

専門性の低いポジションを大量採用したい場合には、ビズリーチの利用は向いていません。

またとにかく安い費用で採用をしたいと考えている企業にも、ビズリーチは向いていないといえるでしょう。人材にとって良い条件を出せなければ、ハイクラス層の人材を引き抜けません。ビギナー層などハイクラス層でなくても問題ない場合は、他のサービスも同時に検討することがおすすめです。

ただし一概に向いていないとはいえません。

まずは自社の採用課題、現状、採用にかけられる予算、採用したい理想の人材条件、人数などを明確にし、公式HPから資料・料金表をダウンロードしてみましょう。

ビズリーチの利用手順

ビズリーチの利用手順を以下にまとめました。

STEP
採用者向け公式HPにアクセスしお問い合わせをする
STEP
担当者と連絡を取りプランの提案を受ける

最適なプランの提案

STEP
契約・ミーティング

契約・今後の採用計画等のミーティング

STEP
使用開始

導入プロセスはシンプルです。まずは公式HPから、料金表、資料をダウンロードしてみることがおすすめです。

ビズリーチは質の高い人材の採用が可能となる

ビズリーチが持つ人材データベースには、高学歴、高収入のハイクラスな人材が多くいます。厳しい審査を通過したハイキャリアな人材も多いため、上手く活用すれば質の高い採用が可能となるでしょう。

まずは自社の採用課題と現状を洗い出し、ビズリーチの料金・資料をダウンロードして社内で比較検討することがおすすめです。

※スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、丸ごと月額3万円から任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次