MENU

採用代行(RPO)サービスのおすすめを徹底比較|おすすめのアウトソーシング会社の特徴や料金までご紹介

採用代行(RPO)サービス おすすめ

近年注目されている採用代行(RPO)。通年採用など採用の機会が増えてきた企業は、一度は耳にしたことがあり、実際に導入を検討したこともあるでしょう。

採用代行(RPO)を利用することで、より低いコストで質の高い人材の採用が期待できます。しかし自社にマッチしたサービスを利用できなければ、理想の人材の確保は難しいです。

本記事では採用代行(RPO)のメリット・デメリットの他、おすすめ採用代行サービスまでご紹介します。

スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、【丸ごと月額3万円から】任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

目次

採用代行(RPO)は採用業務を代行依頼すること

採用代行(RPO)とは、採用業務を一括して採用代行サービス会社に代行依頼することです。自社で行う採用業務を外部に代行依頼することで、自社の採用担当者がコア業務に時間を割ける、コスト削減、採用の質の向上が期待できます。

採用代行(RPO)について、詳しく見ていきましょう。

採用代行(RPO)サービスとは

  1. 採用代行を行うサービス
  2. 採用にかかるノンコア業務等をメインに代行する
  3. 採用のプロに採用業務を任せることで質の高い採用が期待できる

採用代行(RPO)サービスとは、人材紹介企業等が提供する、採用にかかる業務を代行するサービスです。代行可能な業務範囲はサービスやプランにより異なりますが、基本的には採用にかかるノンコア業務がメインとなります。

採用戦略の立案、面接、内定者フォローなどコア業務を行う企業もあります。自社に採用のノウハウがない場合は、採用のプロに任せた方が質の良い採用ができることもあるでしょう。

また、近年は採用代行サービスの種類が急激に増えているので、自社の採用課題をしっかりと洗い出して、自社に合う採用代行サービスを選択できるようにしましょう。

採用代行(RPO)サービスが求められる背景

採用代行(RPO)サービスが近年増加傾向にある理由や、求められる背景について解説します。採用代行(RPO)サービスが求められる理由は、大きく分けると以下の3つです。

労働人口の減少により優秀な人材が確保しにくいから

少子高齢化社会が加速しており、労働人口が年々減少傾向にあります。また情報社会が発展したことで労働者が自ら簡単に情報を手に入れられるようになり、人気業界・職種への偏りも生じているのが現状です。

これらの理由から、優秀な人材が確保しにくくなりました。YouTuber、インフルエンサー、WEB関連業務など個人で働く時代でもあり、企業の採用課題は早急に解決しなければいけません。

また地方から都市に若者が流出していることから、生存戦略に悩む地方の企業も増加傾向にあると予想できます。

売り手市場により通年採用が注目されているから

売り手市場の状況が長く続いたことで、通年採用が注目されはじめています。また通年採用を行うことで、海外に留学していた人材の確保も可能となるため、通年採用を適用する企業は今後も増え続けていくと予想できるでしょう。

また近年は転職潜在層も増加傾向にあり、実際に転職に踏み切る人も少なくありません。流動性のある雇用になっており、新卒一括採用だけでは太刀打ちできません。新卒一括採用は、形骸化したといっても過言ではないでしょう。

実際に経団連(2018)による「採用選考に関する指針」では、多様な採用選考機会の提供に努める必要があると発表されました。

採用の多様化により採用担当者がコア業務にできないから

経団連(2018)による発表もあり、通年採用を適用する企業も増加傾向にあります。また情報社会が発展した現在は、SNSなどインターネットを利用した採用も増加傾向にあります。

SNSで知名度を上げることで自社をアピールし、優秀な人材を確保する企業も少なくありません。

しかしこれらの多様化する採用手段を自社のみで行うと、採用担当者の負担が増えて採用の質が下がることが懸念されます。採用担当者を増やすなど、コストもかさむでしょう。

ノンコア業務等を採用代行サービスに依頼することで、採用担当者がコア業務に集中でき、質の高い採用が可能になる期待ができます。

採用代行(RPO)のメリット・デメリット

採用代行(RPO)サービスを利用するメリットとデメリットを紹介します。

採用代行(RPO)サービスは、使い方を間違えると良い結果が得られません。メリット・デメリットを理解したうえで費用対効果を分析することで、より良い採用が可能になるでしょう。

採用代行(RPO)のメリット

採用代行(RPO)サービスを利用するメリットは、大きく分けると以下の3つです。

採用担当者がコア業務に時間を割ける

通年採用など採用の機会が増加しても採用担当者はコア業務に専念できるため、採用の質を維持できる可能性が高くなります。採用代行(RPO)サービスの担当者と綿密に連絡を取る必要はありますが、自社のみで行う負担と比べるとコストが削減できるでしょう。

採用機会が増えるにもかかわらず採用担当者の数を増やさないままだと、離職の懸念も強まります。新しく人を雇うよりも採用代行(RPO)サービスに代行依頼したほうが、1回のコストも抑えられるはずです。

豊富なノウハウを持つ採用のプロのワザを学べる

豊富なノウハウを持つ採用のプロのワザを学べれば、次回以降は自社のみで採用を行えるようになるかもしれません。密に連絡を取り採用の手段を学ぶことで、採用担当者の採用スキルの向上が期待できます。

しかし採用代行(RPO)サービスに全業務を丸投げすると、ノウハウは得られません。

適切な利用により採用にかかるコスト削減が可能

費用対効果を分析・検証し採用代行(RPO)サービスを利用することで、コストの削減が期待できます。採用代行(RPO)サービスにより異なりますが、最短1ヶ月から契約が可能です。つまり採用したい時期のみ採用がピンポイントで行えます。

また導入までも比較的早く、サービスによっては1週間で導入が完了するケースもあります。適切に利用ができれば、従来のコストよりも安く採用を行えるでしょう。

採用代行(RPO)のデメリット

採用代行(RPO)サービスのデメリットは、大きく分けると以下の3つです。

委託費用がかかる

採用代行(RPO)サービスを利用するには、費用がかかります。サービスによって料金形態が違うため、詳細は各採用代行(RPO)サービスをチェックする必要があります。

最短1ヶ月契約から、費用相場は新卒採用、中途採用、アルバイト・パート採用等の他、委託する業務内容で異なります。

作用代行(RPO)の委託費用の相場は以下になります。

  1. 新卒採用:5~60万円/月
  2. 中途採用:10~70万円/月
  3. アルバイト・パート採用:1~30万円/月

スカウト業務のみ委託するのか、採用にかかる業務全般を委託するのかで費用相場は大きく異なります。代行依頼する業務が多いほど、料金が高くなる傾向があるので、どこまで代行してもらうのがよいのか、自社のリソースと照らし合わせて検討しましょう。

連携が上手く取れず望んだ結果が得られない可能性がある

採用代行(RPO)サービスの担当者と連携が上手く取れない場合、自社の理想の人材とはほど遠い候補者からの応募がくるなど望んだ結果が得られません。特に電話やメールなど顔を合わせないやり取りがメインとなる場合は、言葉選びに充分気をつける必要があります。

必要があれば図を使うなど、資料作成も都度行うと認識の相違を防げるでしょう。

自社に合った採用代行サービスを比較・検討する必要がある

  1. 自社が求める人材の業界・業種の実績があるか
  2. 利用している求人媒体は何か、運用実績があるか
  3. 自社が代行依頼したい業務は行っているか
  4. 費用面に無理はないか
  5. 費用対効果は高いか

採用代行(RPO)サービスには種類があり、得意な業界や領域が違います。求める人材の業界・業種の実績があるかどうか、自社がお願いしたい業務の代行は行っているかなどをきちんと確認することが重要です。

エンジニア採用に強い、新卒採用に強いなど、あらゆるサービスが存在します。いくつか気になるサービスをピックアップしたのち、それらで比較検討を重ねることがおすすめです。

詳細は後半のパート「採用代行(RPO)サービスを選ぶポイント」もご覧ください。

採用代行(アウトソーシング)の業務範囲

採用代行(アウトソーシング)の基本的な業務範囲を紹介します。サービスにより内容が異なりますが、基本的には採用にかかるノンコア業務をメインに行っている企業が多いです。

しかし中には、コア業務や人事業務、採用コンサルティングの領域までサービス展開しているケースもあります。詳細を見ていきましょう。

採用戦略の立案

自社の現状を整理し課題を洗い出し、将来の展望を考えた採用戦略を立案します。企業の現状を徹底的分析し、より効果のある採用に向けてアドバイスをしてくれます。

採用が上手くいかないと悩んでいる企業は、採用戦略・採用計画などコア業務領域のサービスを展開しているサービスを検討すると良いかもしれません。

採用戦略に合った媒体の提案

さまざまな媒体で運用し実績を作っている採用のプロから、自社に合った媒体を提案してもらいます。中には採用代行サービスを提供する企業の媒体しか利用していないケースもあります。

より幅広い人材データベースから探したいと考えている場合は、契約前にチェックしておくことがおすすめです。

スカウトメールの作成・添削・配信

スカウト型採用をメインとした採用代行サービスの場合は、スカウトメールの作成・添削・配信を行うケースがほとんどです。スカウトメールとは、企業から人材に対して直接送るメール・メッセージのこと。

人材は企業のことを知らない可能性もあり、志望度も低い状態です。プロにスカウトメールの作成から配信まで依頼することで、返答率が上がることが期待できます。

ターゲット抽出・母集団の形成

候補者を抽出し、母集団を形成してくれます。いくつもの人材データベースから自社に最適な候補者を選定してくれるため、より質の高い母集団が形成できるでしょう。

応募メールの返信対応

応募者への返信対応を行います。返信対応が遅くなれば、面接辞退となる可能性も高まります。迅速に返信することで、面接実施率の向上が期待できるでしょう。

自社のみで応募メールの対応を行うと、返信が遅くなったり応募メールが漏れたりすることもあります。代行してもらえば、このような心配がありません。

面接日の調整

企業・応募者の双方のスケジュールを確認し、調整してくれます。企業は面接を行える日時を伝えておくだけで良いので、この時間をコア業務に割けるようになるでしょう。

予定確定次第、企業・応募者双方に伝えられます。

スカウトメールの効果の測定

スカウトメールを送る場合、スカウトメールの効果の測定・分析をしてくれる企業も増えてきました。分析結果を基に、配信する時間を変えたり、メールの文面を変えたりできます。

また採用代行サービスを利用したことについて、社内報告が必要なケースも少なくありません。スカウトメールのレポートをもらえれば、資料作成も簡単になります。

その他

面接代行、説明会代行、雑務、内定者フォロー、入社研修などの業務を行う企業もあります。採用におけるコア業務、人事業務、採用コンサルティングの領域のサービスを利用する際は、認識に相違が発生しないようこまめにミーティングを行うようにしてください。

採用代行(RPO)サービスおすすめ6選を徹底比較

採用代行(RPO)サービスのおすすめ6つを紹介します。

本記事で紹介するサービスは、以下の6つです。

スクロールできます
サービス名サクルート(株式会社ファーストアンドエムまるごと人事(マルゴト株式会社)CORNER(株式会社コーナー)採用業務代行(HeaR株式会社)採用代行・RPO(マンパワーグループ株式会社ダイレクト採用支援(株式会社ダイレクトソーシング)
タイプダイレクトリクルーティング支援特化型採用全般代行型採用全般代行型+人事業務採用全般代行型採用全般代行型採用全般代行型
契約期間要問い合わせ最短1ヶ月~応相談要問い合わせ要問い合わせ最短6ヶ月~
料金30,000円/月〜450,000円/月~
初期費用:100,000円
応相談要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ
特徴1通200円〜のスカウト送信が可能かつ市場平均を上回る返信率!累計350社以上の支援実績あり!人事業務も対応可能!採用実績は累計550社以上で期待できる採用戦略・計画の立案から実際の採用代行までトータルサポート人材関連サービス55年以上の老舗!世界80カ国、日本144拠点国内最大級の採用支援サービスの運用ノウハウ所持!

サクルート(株式会社ファーストアンドエム)

タイプダイレクトリクルーティング支援(スカウト代行)特化型
契約期間要問い合わせ
料金月額3万円〜
特徴1通200円〜のスカウト送信が可能かつ市場平均を上回る返信率!

スカウト代行をおまかせしたいなら「サクルート」が最もおすすめです。

 スカウトメールの文言作成から、返信率アップに向けたABテスト、やり取りのクオリティの担保まで丸ごと全部任せることができます。 

スカウトメールを自社で改善するコストを削減した分、採用担当者は面接や育成計画作成などのより付加価値が高い仕事に集中することが可能。 

ダイレクトリクルーティング支援(スカウト代行)に特化し、無駄なコストを削減しているので、他社よりも安価な月額3万円から利用できます。

下記のボタンをクリックして、今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

まるごと人事(マルゴト株式会社)【採用全般代行型】

タイプ採用全般代行型
契約期間最短1ヶ月~
料金450,000円/月~
初期費用:100,000円
特徴累計350社以上の支援実績あり!

月額45万円、契約期間は最短1ヶ月からと導入しやすいことが特徴の、「まるごと人事(マルゴト株式会社)」。月額の範囲内でフレキシブルに採用代行全般を依頼することができます。

採用したい時期のみ利用もできるので、柔軟な採用が可能になるでしょう。

急成長を遂げるベンチャー企業を中心に、累計350社以上の実績があります。実績数も少なくないため、柔軟な採用を行いたい企業はチェックしてみることがおすすめです。

CORNER(株式会社コーナー)【人事業務も対応可能】

タイプ採用全般代行型※人事業務も対応可能
契約期間応相談
料金応相談
特徴人事業務も対応可能!採用実績は累計550社以上で期待できる

採用にかかる業務全般の他、人事にかかる業務も対応可能な「CORNER(株式会社コーナー)」。料金は代行依頼する業務の範囲、ポジションにより大きく変動します。オーダーメイド型の支援がメリットで、型やプランに囚われない採用代行依頼が可能です。

それぞれの業務は、採用したいときに依頼できます。より柔軟に採用業務を代行してもらいたいと考えている企業は、チェックしてみることがおすすめですよ。

採用業務代行(HeaR株式会社)【採用全般代行型】

タイプ採用全般代行型
契約期間要問い合わせ
料金要問い合わせ
特徴採用戦略・計画の立案から実際の採用代行までトータルサポート

採用計画の立案など幅広く対応している、「採用業務代行(HeaR株式会社)」。採用にかかる幅広い業務の代行が可能で、オーダーメイド型支援が特徴です。

PDCAサイクルによる採用業務の改善、採用広報、採用にかかるブランディングなども対応しています。採用実績は先ほど紹介した「まるごと人事」よりも少ないものの、累計100社以上の実績を持っていますよ。オーダーメイド型支援サービスのため、金額や代行範囲、契約期間に関しては問い合わせが必要です。

採用代行・RPO(マンパワーグループ株式会社)【採用全般代行型】

タイプ採用全般代行型
契約期間要問い合わせ
料金要問い合わせ
特徴人材関連サービス55年以上の老舗!世界80カ国、日本144拠点

1966年設立以来2023年現在まで運営しているマンパワーグループ株式会社による、「採用代行・RPO」。90%以上のリピート率を誇っており、質の高い採用を実現しているサービスといえるでしょう。

人材採用の課題究明から支援してくれるため、採用に悩んでいる企業は公式HPをまずはチェックしてみることがおすすめです。採用に関するプロによる採用戦略の立案により、雇用後の定着率の向上も期待できます。

採用の全工程を代行するフルパッケージ型の他、一部の業務を委託する選択型があります。

ダイレクト採用支援(株式会社ダイレクトソーシング)【採用全般代行型】

タイプ採用全般代行型
契約期間最短6ヶ月~
料金要問い合わせ
特徴国内最大級の採用支援サービスの運用ノウハウ所持!

さまざまな支援プランを用意している「ダイレクト採用支援(株式会社ダイレクトソーシング)」。国内最大級の採用支援サービスであるLinkedInの運用ノウハウを持っており、20種類以上の採用媒体の運用が可能です。

戦略立案から運用支援まで、さまざまな支援ができます。サービス導入事例も多く公開されているため、公式HPをよく確認し自社とマッチしているのかをご確認ください。

採用代行(RPO)サービスを選ぶポイント

採用代行(RPO)サービスを選ぶ重要な3つのポイントを紹介します。

自社に合った採用代行(RPO)サービスを選ぶためにも、最後までご覧ください。

採用戦略・求める人材を明確化し適合したサービスをピックアップする

自社の採用戦略や求める人材を明確化したうえで、適合するサービスをピックアップしてください。新卒を雇いたいなら新卒採用が強いサービスを、エンジニアを雇いたいならエンジニアに強いサービスをピックアップします。

また代行依頼したい業務範囲も、洗い出しておきましょう。現在の採用にかかるフローをつくり、どの部分にコストが多くかかっているのかなど、「代行依頼したほうがコスト削減できる」「代行依頼した方が質が良い」といった項目をを洗い出します。

そうすることで、自社に合ったサービスが浮き上がってくるでしょう。

代行依頼したい業務がスカウトなら「サクルート」が最もおすすめです。

 スカウトメールの文言作成から、返信率アップに向けたABテスト、やり取りのクオリティの担保まで丸ごと全部任せることができます。 

スカウトメールを自社で改善するコストを削減した分、採用担当者は面接や育成計画作成などのより付加価値が高い仕事に集中することが可能。 

ダイレクトリクルーティング支援(スカウト代行)に特化し、無駄なコストを削減しているので、他社よりも安価な月額3万円から利用できます。下記のボタンをクリックして、今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

初期費用・ランニングコストなど総額を算出する

利用するにあたり、予算内に費用がおさまっているのかを事前に確認しておきましょう。ダウンロード資料、公式HPなどに料金が掲載されています。

自社で採用を行う場合のコストと天秤にかけることで、費用対効果の分析にも役立つでしょう。

自社が求めるポジションの採用実績があるか確認する

自社が求めるポジション、業界、業種の採用があるかを確認することがおすすめです。採用代行(RPO)サービスの導入事例などを、公式HPなどで確認しましょう。

しかし新しい採用代行(RPO)サービスも多く、実績が少ないケースもしばしば。その場合は採用代行(RPO)サービス全体の実績を参考として利用することがおすすめです。

採用代行(RPO)サービスを利用し人材を確保しよう

採用代行(RPO)サービスを利用することで、優秀な人材をより低コストで確保することが期待できます。しかし費用がかさんだり、望んだ人材からの応募がなかったりする可能性も0ではありません。

本記事で紹介した「採用代行(RPO)サービスおすすめ6選を徹底比較」「採用代行(RPO)サービスを選ぶポイント」も参考にしながら、自社に合ったサービスをピックアップし利用していきましょう。

結論、スカウト代行をおまかせしたいなら「サクルート」が最もおすすめです。

 スカウトメールの文言作成から、返信率アップに向けたABテスト、やり取りのクオリティの担保まで丸ごと全部任せることができます。 

スカウトメールを自社で改善するコストを削減した分、採用担当者は面接や育成計画作成などのより付加価値が高い仕事に集中することが可能。 

ダイレクトリクルーティング支援(スカウト代行)に特化し、無駄なコストを削減しているので、他社よりも安価な月額3万円から利用できます。下記のボタンをクリックして、今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次