MENU

【2024年最新版】採用ピッチ資料とは?事例100選とメリットやデメリット、作り方やコツ、注意点を徹底解説

近年は求職者向けに作成する会社説明資料である、採用ピッチ資料を公開する企業が増加傾向にあります。競合他社が採用ピッチ資料を公開したため自社も制作する必要がでてきたなど、頭をかかえる採用担当者もいるでしょう。

本記事では、採用ピッチ資料の概要、メリット・デメリット、作成方法とコツと事例100個を紹介します。

基本的な作り方とコツを知ることで、競合他社よりも魅力的な採用ピッチ資料が制作できるでしょう。デメリットや注意点も踏まえて、計画的に制作していくことがおすすめです。

また、スカウト媒体にお悩みの人事のために、33個のスカウト媒体を解説した資料をご用意しております。
無料ですので、以下からお受け取りの上、自社に最適なスカウト媒体の選定にお役立てください。

目次

採用ピッチ資料は応募者に向けた会社説明資料のこと

最初は採用ピッチ資料の意味と、採用サイトとの違いを解説します。

どのような特性があるのかを理解することで、より魅力的な採用ピッチ資料を制作できます。

採用ピッチ資料は会社説明資料のこと

採用ピッチ資料とは、応募者が知りたい情報をまとめた会社説明資料のこと。採用ピッチ資料のピッチはビジネス用語で「短いプレゼンテーション」といった意味があり、求職者が知りたい企業の情報を体系的にまとめた資料です。

会社情報をまとめた通常の会社説明資料とは違い、求職者が実際に企業で働くイメージを持ってもらうことが目的となります。

採用ピッチ資料では、会社概要、事業内容、事業目標、配属部署の紹介、環境、制度、カルチャー、その他経営データなどを紹介します。社員へのインタビューなど強いメッセージ性、ストーリー性を持たせられることが特徴で、応募者自身が企業で働くときのイメージがつきやすくなるメリットがあります。

近年は、採用ピッチ資料の他に動画制作で自社の情報をまとめる企業も出てきました。

スタートアップ企業はもちろん、近年は上場企業も採用ピッチ資料をオンラインで公開しています。制作の際の参考になるため、見ておいて損はありません。

自社採用サイトとの相違点

採用サイトはさまざまな情報を掲載できる点では同じですが、掲載方法が全く違います。

採用サイトはメインのページから、事業内容、スタッフ紹介、配属部署の紹介など各ページに遷移しなければいけません。複雑な構造になっているため、応募者にとって必要な情報がワンアクションで引き出せないのがデメリットです。

アニメーションなど心を惹く演出は可能ですが、制作のノウハウも必要となります。

一方で採用ピッチ資料は、パワーポイントなどのシンプルなプレゼンテーションソフトを使い、誰でも体系的に情報をまとめられます。ストーリー性を持たせるなどノウハウは必要ですが、特別なプログラミング技術は必要ありません。

またページをめくるだけで良いため、応募者に伝えたい情報をダイレクトに伝えられます。目次を作ることで、遷移も可能です。

採用ピッチ資料を制作するメリット

採用ピッチ資料を制作するメリットを解説します。

採用ピッチ資料を制作することで応募数が増える可能性があるほか、採用コストwお削減したうえで自社にマッチした人材を確保できる可能性があがります。詳細を見ていきましょう。

自社が求職者の候補に入る可能性がアップする

採用ピッチ資料を公開して求職者に自社の詳細を知ってもらうことで、求職者の志望する会社リストに入る確率を上げられます。企業名を知っていたとしても、働くイメージが湧かなかったり事業内容が不透明だったりすると、応募には繋がりません。

また、採用ピッチ資料を公開する際に大手の資料共有サイト・speakerdeckなどを利用し誰でも閲覧できるようにすると自社の認知度が高まることが期待できます。speakerdeckなど資料共有サイトで他社を見ているユーザーが、自社を発見してくれるユーザーもいるでしょう。

資料共有サイトに関しては、全体公開、パスワード付き公開、自分のみ公開(非公開)、非公開URLを知っている人のみに公開など範囲を選べるものが多いです。

なお、株式会社SmartHRでは、採用面接用の資料をブログにアップしたことで応募数が5.3倍になったという実績もあります。

採用後の早期離職率の低下が期待できる

採用ピッチ資料には自社の現状はもちろん、理念、今後展開する予定の事業内容、欲しい人材なども明記します。理念や事業内容に共感したユーザーからの応募が多くなるため、採用後の早期離職率の低下が期待できるといえます。

早期離職率の他、内定辞退・面接辞退なども防げるはずです。

また自社にマッチしたユーザーの採用ができると、事業成長にも繋がるでしょう。

採用コストの削減が期待できる

採用ピッチ資料に求める人材を記載することで、合わないと思ったユーザーからの応募が絞られます。合わない人材からの応募数が減るため、選定にかかる人件費や面接費用の削減が期待できます。

また、採用サイトの二次利用は難しいですが、プレゼンテーションソフトを使用して作った採用ピッチ資料は二次利用が可能です。

求人情報に掲載したり、スカウトメールで送ったりすることで、採用ピッチ資料の効果を最大化できるでしょう。社内共有の際にも使いやすく、ダイジェスト版を作っておくと採用前説明会のときにも使えます。

※スカウト代行サービスを検討している方は「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」は採用代行を月額3万円から任せられます。スカウト業務で圧迫されていたその分の時間はコア業務に集中できます。今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

採用ピッチ資料のデメリット

採用ピッチ資料を制作する上でのデメリットを解説します。

採用ピッチ資料は特別なプログラミング技術等は必要ありませんが、多少のノウハウが必要不可欠です。詳細を見ていきましょう。

制作に費用と時間がかかる

採用ピッチ資料は企業のあらゆる情報を体系的に掲載するため、ページ数が多くなる傾向にあります。少なくとも30ページは必要といえるため、2~3ヶ月は制作に時間がかかると思っておきましょう。

社員インタビューなどのコンテンツを盛り込む場合は、使用する写真の撮影やインタビュー内容などを考案する必要があります。

採用ページが既にある企業の場合はある程度引用することで、時間短縮に繋がるでしょう。

相場の目安

企画・構成工程5万円~
テンプレート作成5万円~
ページデザイン0.5~3万円/ページ

企画・構成を考える費用が5万円~、テンプレートの作成が5万円~と10万円以上がかかります。全てのページデザインを依頼する場合、30ページの資料を作るケースでは10万(企画構成費用+テンプレート制作)+30万(1万円×30ページ)で40万円程度が相場です。

テンプレートのみを制作してもらうことも可能なので、依頼する際はどこまでを依頼するのかよく検討しましょう。

自社にノウハウがない場合は、テンプレート等を依頼することがおすすめです。MTGなどの時間も含めて、制作時間は平均的なページ数(30ページ~)で2~4ヶ月程度となる傾向があります。詳細は見積もりの際に問い合わせましょう。

素人が作成すると魅力を感じられない可能性がある

素人が制作すると魅力を感じられないうえに、分かりにくく応募に繋がらない可能性があります。素人が作成する場合でも資料は数ヶ月単位の制作時間がかかるため、ノウハウがない場合は基本的にお願いすることがおすすめです。

パワーポイントなどを使い慣れている人でも、社内向け資料と社外向け資料では作りも違います。

社内で完結させたい場合は、デザインの知識がある人に依頼するなど対策が必要でしょう。

採用ピッチ資料に記載すべき情報と制作のコツ

採用ピッチ資料の作り方とコツを紹介します。採用ピッチ資料に掲載すべき情報はもちろん膨大な情報量を応募者に飽きずに読んでもらうためのコツやワザもまとめました。

詳細を解説します。

採用ピッチ資料に掲載すべき情報

採用ピッチ資料に掲載すべき情報を以下にまとめました。以下の項目を基準とし、自社が伝えたい情報を盛り込んでいくことがおすすめです。

  • 会社概要・基本情報
  • 事業内容
    ビジネスモデル概要
  • 沿革
  • 理念
    ミッション・ビジョン・バリュー(MMV)
  • 事業戦略
  • 組織概要
    組織図
    メンバー紹介(各部門の内訳など)
    社風・文化(禁止事項)
    社員インタビューなど
  • 勤務形態
  • 会社制度
    福利厚生
    能力開発制度
    資格取得支援制度など
  • 評価制度・賞与・昇進
  • 採用情報
    組織の現在
    今後の課題
    欲しい人材・欲しくない人材
    採用フローなど
  • 代表メッセージ

これに追加して、企業から応募者に向けて伝えたい情報を盛り込んでいきます。企業の課題もきちんと伝えることで信頼感が増すため、可能な限り伝えましょう。課題を伝えることで、「欲しい人材」の説得力も増します。

ストーリー性を持たせた構成にする

採用ピッチ資料の情報量は決して少ない情報量ではないため、ストーリー性のない構成にするとユーザーの離脱に繋がります。

会社の理念やビジョンを紹介した後は、その理念のもと社員はどう働いているのかにフォーカスすることがおすすめです。理念やビジョンの紹介の後に給与や会社制度など具体的な説明に入ると、繋がりが薄いため頭に入りにくくなる傾向にあります。

ただしユーザーは物語を見に来たわけではないため、会社の沿革から解説するなど「次にどんなことがあったんだろう」と期待感を持たせる必要はありません。基本的には会社概要など大枠を説明した後に詳細を紹介することで、応募者がより情報をインプットしやすくなります。

情報が更新されたら適宜採用ピッチ資料も最新にする

会社の採用情報など採用ピッチ資料に掲載されている情報が更新されたら、適宜最新の情報に変えましょう。1年以上前の情報を掲載したままにしていると、「本当に採用する気はあるのか」と不信感につながります。優秀な人材を逃すことに繋がるでしょう。

更新する内容としては、以下のようなものが上げられます。

  • 社員数・福利厚生の変更など事実に基づいた変更をする
  • 競合他社の資料にあって自社にない情報はないかを精査する
  • 応募者や入社した者にヒアリングし追加情報を検討する
  • 見にくい構成ではないか(写真や図が極端に少なくないか)
  • 組織の風土などをきちんと説明できているか

常に最高の状態の採用ピッチ資料を目指すことで、質の高い採用に繋がります。

自社の魅力はもちろん課題も公開する

近年の応募者は会社のリアルを知りたいと考えています。会社の課題や、課題解決のために現在取り組んでいることを採用ピッチ資料に組み込むことで、応募者の興味を引けます。

また一般的にあまり知られていない情報を掲載することで、応募者の信頼感を得ることにも繋がるでしょう。

曖昧な表現はしない

採用ピッチ資料で曖昧な表現が多いと、応募者からの不信感が募ります。曖昧な表現は避け、可能なかぎり事実を書くようにすることがおすすめです。

各事業の成長率など、数値化が可能な部分はきっちりと数値として出しましょう。図を用いると、視覚的にも分かりやすいです。うわべだけの採用ピッチ資料にならないよう、注意を払う必要があります。

また求める人材などを掲載する際も、曖昧な表現は避けるべきです。「仕事に誠実な人」など、人に寄って解釈が変わる書き方は控えましょう。「指示をただ聞くのではなく違和感を持ったらきちんと質問できる人」など、自社が求める人物像をより明確にすることがおすすめです。

採用ピッチ資料の参考事例100選

採用ピッチ資料の参考事例を紹介します。

最初に各会社の採用ピッチ資料を10個ピックアップし、見るべきポイントを簡単にまとめました。最後まで読むことで、自社の採用ピッチ資料を制作するビジョンが浮かぶでしょう。

一覧表は「採用ピッチ資料100選をまとめてチェック」をご覧ください。自社に近い業界の採用ピッチ資料を見ると、イメージが湧きやすくなります。

株式会社SmartHR

「採用ピッチ資料を制作するメリット」でも触れましたが、株式会社SmartHRは採用ピッチ資料の全体公開ブームの火付け役です。ブログに公開したことで、応募数が5.3倍、閲覧数が40万回超などの実績を残しました。

また採用ピッチ資料を公開することで、面談の時間が有意義になったとも述べています。

採用ピッチ資料公開のパイオニアともいえる株式会社SmartHRの資料は、一度見ておいて損はありません。図、フローチャート、写真、統一感のあるデザインで、見やすいプレゼンテーションです。またストーリー性もあり、60ページ以上ある資料も飽きがきません。

BASE株式会社

BASE株式会社は、株式会社SmartHRとは打って変わり黒と白を基調としたシンプルな採用ピッチ資料です。BASE株式会社であるサービス紹介パートも長く取っており、企業の事業の特徴や特性を明確にしています。

数値化・データ化されている部分は図やグラフを用いて視覚的にも分かりやすく作成されているため、参考になること間違いありません。

LINE Financial株式会社

LINE Financial株式会社の採用ピッチ資料は、視覚的に魅力を感じる、グッと惹き込まれる写真やキャッチフレーズの使い方が特徴的です。数値やデータなど明確なグラフや図はほとんど使われていませんが、フローチャートなどが分かりやすく盛り込まれています。

LINEに関するさまざまなサービスの紹介などがメインです。企業に興味を持ってもらうための取っかかりを、短いページ数で作りたいなら、参考になるでしょう。

株式会社RevComm

株式会社RevCommは、自社が提供するソフトウェア・データベースについて具体的に説明するパートを多く取っていることが特徴です。自社が提供するソフトウェアの概要、特性、定量評価、機能のほか競合優位性も取り入れており、競合を意識した作りである印象を受けます。

応募者が自社の採用ピッチ資料に何を求めているのかを、きちんと考えて作られた資料であるといえるでしょう。パートごとのボリュームを検討する際の参考になるでしょう。

株式会社estie

商業用不動産を扱う株式会社estieの採用ピッチ資料は、商業用不動産という業界の重要性について強く説いているパートから入ることが特徴です。学生の頃から不動産に精通している人は少ないため、不動産業界の職業についても解説しています。

不動産業界の概要を理解したうえで自社の課題や、事業内容について解説されているため頭に入りやすい構造です。自社の業界が日常生活を送る上であまり知られていない業界であれば、このような構成を使うと良いでしょう。

株式会社ベーシック

株式会社ベーシックは、自社の課題のみではなく業界の課題にも言及しています。自社が取り扱っている事業の市場規模、現状、課題、コロナなどパンデミックによってどのような影響を受けたのかなど細かく解説していることが特徴です。

またBtoBの会社のため、どのような会社を相手にするのか、取引先となる会社はどのような課題を持っているのかも記載しています。自社の課題のみではなく、業界全体に踏み込みたいならチェックすべき資料と言えます。

オープンワーク株式会社

オープンワーク株式会社は、空白を上手く使ったデザイン性のある資料が特徴です。青と白を基調としており、視覚的に分かりやすい資料です。

自社のサービス紹介のパートでは、「なぜ私たちならできるのか?」など言い回しも特徴的で心を惹かれます。心を惹く採用ピッチ資料を作成する際の参考になること間違いありません。

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェントの採用ピッチ資料は、文字の大きさや装飾にこだわっていることが特徴です。

伝えたい単語を強調することで、流し見をしていても自然と目に入ってくるデザインといえます。

文字の大きさが統一されていないのは場合によっては詳しく読みたい場合のデメリットになりますが、流し見でも文字を拾ってもらえるメリットになります。

RAKSUL株式会社

ラインを上手く活用して統一感を出し、見やすい採用ピッチ資料のRAKSUL株式会社。1枚当たりの情報量は多い傾向にありますが、ラインをうまく活用することで情報が頭に入りやすいデザインとなっています。

テンプレートを使っているため、情報量が多くてもくどくありません。ページ数を削減して多くの情報を伝えたいと考えている企業は、制作の参考になるでしょう。

GMOペパボ株式会社

40ページ程度のコンパクトな採用ピッチ資料を作りたいのであれば、GMOペパボ株式会社はチェックしておきましょう。

掲載する情報が精査されており、ぱっと見でも概要が理解できることが特徴です。適宜グラフやフローチャート、表が使われているのも良いポイントのひとつです。

採用ピッチ資料100選をまとめてチェック

採用ピッチ資料・会社紹介資料を紹介します。主な事業についてもまとめたので、いくつか自社に似た業界の会社のものをピックアップして閲覧することをおすすめします。

上場企業などをメインに、100社の資料を厳選しました。

企業名主な事業採用ピッチ資料をチェック
BASE株式会社Webサービス企画・開発speakerdeck
株式会社SmartHRクラウド人事労務ソフトSmartHR企画・開発speakerdeck
LINE Financial株式会社金融業speakerdeck
株式会社RevCommソフトウェア・データベース開発speakerdeck
株式会社estie不動産関連サービスの企画・開発speakerdeck
株式会社ベーシックソフトウエア・情報処理・ネット関連speakerdeck
オープンワーク株式会社ワーキングデータプラットフォームspeakerdeck
株式会社サイバーエージェントインターネット広告・ソーシャルゲームspeakerdeck
RAKSUL株式会社印刷サービス、集客サービス、運送サービスspeakerdeck
GMOペパボ株式会社ホスティング事業、EC支援事業speakerdeck
株式会社Lang-8各種オンライン語学学習サービス事業speakerdeck
株式会社グッドパッチビジネスモデルデザイン・UI/UXデザイン・ソフトウェア開発speakerdeck
株式会社FLUXインターネット、AI、テクノロジーを使うサービスの企画・開発・運営speakerdeck
Anyflow株式会社iPaaS プラットフォームspeakerdeck
株式会社プレイド情報・通信業・CX(顧客体験)プラットフォームspeakerdeck
FastLabel株式会社データ収集・販売サービスspeakerdeck
株式会社NAVICUSSNS・マーケティング・コンサルティングspeakerdeck
株式会社ROUTE06DX支援speakerdeck
しるし株式会社ECブランド体験構築、EC事業代行などEC関連事業speakerdeck
株式会社EXIDEAWebメディア、Webプラットフォームの運営、動画マーケティング事業speakerdeck
株式会社BitStarSNSアカウントの動画制作、運用支援、プラットフォーム支援speakerdeck
株式会社プログリット英語トレーニングプログラムの開発・運営speakerdeck
株式会社マイベストWEBサイト・mybestの開発と運営speakerdeck
Mikatus株式会社税理士・会計事務所向けクラウド税務などの開発、提供事業speakerdeck
株式会社Finatext金融サービスの開発speakerdeck
ウォンテッドリー株式会社ビジネスSNS「Wantedly」の企画・開発・運営speakerdeck
株式会社コドモン保育・教育施設向けICTサービス「コドモン」の運営speakerdeck
株式会社マイホム工務店様向けの「マイホムビズ」事業speakerdeck
Tangerine株式会社小売業界特化型のデータプラットフォーム「Store360 Insight」の開発speakerdeck
株式会社ジーネクストステークホルダーDXプラットフォームの開発speakerdeck
株式会社アイスリーデザインDX支援、サービスデザイン、開発、グロース支援speakerdeck
ディップ株式会社求人情報サービス、看護師人材紹介サービス、業務効率化支援speakerdeck
株式会社TRAILBLAZERデジタルコンサルティングspeakerdeck
SMN株式会社独自AIによるデータ解析、DSP事業speakerdeck
株式会社M&Aクラウド案件開拓・マッチング、契約サポート、開発組織の採用・マネジメント全般speakerdeck
株式会社プレックス物流・電力保安領域におけるHRテック事業、設備管理領域におけるDX推進事業speakerdeck
 LRM株式会社情報セキュリティ事業speakerdeck
株式会社ラクスクラウドサービス、IT人材業speakerdeck
X Mile株式会社ダイレクトリクルーティングサービスspeakerdeck
株式会社ヘイフィールド業界特化人材サービス事業speakerdeck
サイボウズ株式会社グループウェアの開発、販売、運用speakerdeck
株式会社キャリアデザインセンターキャリア転職の専門情報サイト「type」「女の転職type」などの運営speakerdeck
株式会社クエストレスポンシブ対応やSEO対策、DTP・グラフィックデザイン、映像制作speakerdeck
株式会社スマレジクラウドサービス事業、POSデータメインのプラットフォーム事業speakerdeck
株式会社CAMPFIREクラウドファンディング事業の企画・開発・運営speakerdeck
株式会社ワンキャリアキャリアデータプラットフォーム事業speakerdeck
ブライエッジ株式会社人材紹介、採用コンサル、アウトソーシングspeakerdeck
株式会社マネーフォワードPFMサービス、クラウドサービスの開発と提供speakerdeck
株式会社アシスト運輸、旅客、飲食speakerdeck
FastDOCTOR株式会社医療プラットフォーム「ファストドクター」の運営speakerdeck
Ubie株式会社医療系(症状検索エンジン)プラットフォーム事業speakerdeck
株式会社リンクアンドモチベーション経営コンサルティングspeakerdeck
株式会社メディアドゥ流通支援システム開発、電子書籍データ・書誌情報・売上・販売実績管理、企画販促提案speakerdeck
株式会社クロス・コミュニケーション事業推進支援のスマートフォンアプリやWebシステムの開発speakerdeck
レバレジーズ株式会社海外事業(ライフスタイルメディア事業、ボーダーレスな人材支援など)、IT事業speakerdeck
株式会社ウィモーションソフトウェア・システム・サーバーの設計・開発・運用などspeakerdeck
株式会社Gaudiyエンタメ業界のDX支援(音楽、アニメ、スポーツ
など)
speakerdeck
株式会社TBM環境配慮型の素材開発、及び製品の製造、販売、資源循環を促進する事業等speakerdeck
株式会社アペルザものづくり産業向けオンラインプラットフォームの提供speakerdeck
CPAエクセレントパートナーズ株式会社会計向け支援プラットフォームの開発・提供・運営speakerdeck
株式会社SalesNow Company Deckハードウェア、アプリケーション、テレマティクスサービスの開発・提供speakerdeck
アジアクエスト株式会社DXコンサルティング、IoT・AI・Webシステム開発speakerdeck
株式会社BuySell Technologies着物・ブランド品等リユース事業speakerdeck
株式会社フィードフォースマーケティング支援サービスを開発・提供speakerdeck
株式会社ビザスクビジネス特化のナレッジプラットフォームの運営speakerdeck
STORES株式会社個人事業者から中規模企業向けオンライン支援speakerdeck
Chatwork株式会社Chatworkの開発運営speakerdeck
株式会社オープンエイト動画編集クラウドなどサービスの展開speakerdeck
株式会社エス・エム・エスヘルスケア、医療、介護、シニアライフのサービス支援事業speakerdeck
株式会社メルカリマーケットプレイス、フィンテック事業speakerdeck
株式会社UPSIDERスタートアップ向けクレジットカード事業speakerdeck
ファインディ株式会社スカウト型リクルーティングサービスの開発・運用・提供speakerdeck
株式会社CINCSaaSツールの開発・提供、機械学習やAIの開発speakerdeck
株式会社カケハシ医療関連サービスの開発・提供speakerdeck
株式会社スタメンエンゲージメント経営プラットフォームの運用・提供speakerdeck
株式会社ココナラWebサービスの開発・運営事業speakerdeck
クルーズ株式会社ショッピング通販サイトの開発・提供、Gamefi、メディアなどインターネット業speakerdeck
株式会社ネクストビートインターネットを活用したマーケティング支援事業、有料職業紹介事業speakerdeck
株式会社JMDC医療統計データサービス(診療報酬明細書)の提供speakerdeck
ポラリスエーアイ株式会社AI受託開発、AI開発伴走支援、AI技術教育speakerdeck
株式会社HADOSNSマーケティング事業、広告代理店業speakerdeck
株式会社はてなインターネット関連事業(UGCサービス事業)、コンテンツプラットフォームサービスspeakerdeck
株式会社イードア組織人事支援、経営支援、DX支援、ファイナンス支援speakerdeck
株式会社アルダグラム建設や製造向け効率化アプリの開発・提供speakerdeck
株式会社識学経営、組織コンサルティング、従業員向け研修、webサービスの開発、提供speakerdeck
メドピア株式会社医師・薬剤師向けコミュニティサービス、集合知プラットフォーム事業speakerdeck
株式会社一休宿泊予約事業、レストラン予約事業speakerdeck
株式会社カオナビタレントマネジメント(人材情報)システムの開発・販売・サポートspeakerdeck
ピクスタ株式会社クリエイティブ・プラットフォーム事業speakerdeck
株式会社クラダシソーシャルグッドマーケット『Kuradashi』の企画・制作・運営speakerdeck

採用ピッチ資料を作成して採用活動に役立てよう

採用ピッチ資料を作成するメリット、デメリット、作成方法からコツまで紹介してきました。

応募者の増加に繋げたい企業は、競合他社の採用ピッチ資料を確認しながら自社の採用ピッチ資料に盛り込む内容を考えることがおすすめです。本記事で紹介した内容を参考にして、魅力的な採用ピッチ資料を制作しましょう。

※スカウト代行サービスを検討している方は「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」は採用代行を月額3万円から任せられます。スカウト業務で圧迫されていたその分の時間はコア業務に集中できます。今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次