MENU

スカウト型採用とは?メリットや導入すべき企業の特徴を解説!おすすめサービス3選をご紹介

スカウト型採用

労働人口が減少傾向にあり今後も減少していくことが予想されている近年。より優秀な人材を確保するために、企業から人材に直接アプローチをする責めの採用が注目され始めました。

従来の待ちの採用方法では不可能な、より優秀な人材のピンポイントな採用が可能になります。

本記事では、スカウト型採用の特性の他、スカウト型採用の成功率を高めるポイントを紹介します。

最後まで読み採用戦略を立てることで、より良い採用が可能になるでしょう。

スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、【丸ごと月額3万円から】任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

目次

スカウト型採用とは?攻めの採用が可能!

スカウト型採用とは、企業から求職者(人材)に直接就職・転職のアプローチをする採用方法です。自社が求める人物像により近い優秀な人材に集中してアプローチができることが、スカウト型採用の1番の特徴でありメリットです。

採用コストが抑えられる傾向にありますが、スカウト型採用のノウハウがなければ作業コストが多くなる傾向にあります。

ノウハウがなければ時間もお金もかかる傾向にあるため、初めてスカウト型採用を行う企業はスカウト代行サービスも検討すると良いでしょう。

自社で行う場合は、スカウトメールの作成のコツを知ることが重要です。詳細は以下の記事をご覧ください。

スカウト型採用が社会で注目され始めた理由

スカウト型採用が社会で注目されている理由は、主に「労働人口の減少」と「雇用の流動化」にあります。

近年労働人口が減少傾向にあり、企業間で優秀な人材の雇用を競い合っているのが現状です。そのため求人媒体に自社の情報を掲載し志願者を集める従来の待ちの採用方法のみだと、優秀な志願者は責めの採用を行っている企業に取られます。

優秀な人材に自社をアピールできるスカウト型採用を行うことで、より質の高い求職者を自社に集めることが可能です。

また近年は経済成長が鈍化により長期雇用が傾向にあり、終身雇用の崩壊に関する話題も増加傾向です。採用における売り手市場もひとつの原因となり、転職のハードルが低くなっています。流動性の高い雇用の傾向にあるため、スカウト採用で優秀な人材を引き抜くチャンスも多くなっています。

スカウト型採用のメリット

スカウト型採用を行うメリットは、大きく分けて次に紹介する3つです。

自社でスカウト型採用を行う意味があるのかを、充分に検討することがおすすめです。

詳細を見ていきましょう。

転職潜在層へのアプローチが可能になる

人材データベースを利用してスカウト型採用を行う場合、転職潜在層へのアプローチが可能になります。潜在的に転職を考えている層が登録している就職・転職サイトの人材データベースを利用すれば、自社を知らない層にもアピールが可能になるでしょう。

ただし転職潜在層はあくまでも潜在的な転職欲であり、スカウトメールを送信しても面接までのハードルが高い傾向にあります。

転職顕在層がメインの人材データベースを利用すると、より採用成功率が上がると考えられます。

採用コストを抑えられる傾向にある

従来の待ちの採用方法は、求人広告掲載費、セミナー会場費、採用管理システムの導入費用、面接にかかる人件費など決して少なくない費用がかかります。しかしスカウト型採用は、必要なときに必要なだけ採用することが可能です。

数多くの書類選考をする必要はありません。既に形成されている人材データベースから気になる人材をピックアップできるため、書類選考をパスできるケースも多いでしょう。

近年はスカウト代行サービスを利用することで、人事のスリム化をはかっている企業が増加傾向にあります。

優秀な人材を直接引き抜ける

優秀な人材に直接アピールできることが、スカウト型採用の1番のメリットです。従来の待ちの採用方法では、求人媒体など何らかの方法で自社を知った人でなければ応募ができませんでした。

またスカウト可能な人材データベースを提供してくれるサービスも少なく、優秀な人材を見つける術もなかった状態といえます。

しかしスカウト型採用を行えば、優秀な人材を直接自社にスカウトできます。本当に欲しければ、その優秀な人材に対して特別な好待遇条件を付けることも可能です。

スカウト型採用のデメリット

スカウト型採用のデメリットは、大きく分けて次に紹介する3つです。

先ほど紹介した「スカウト型採用のメリット」も参考に、充分に検討しましょう。

大量採用には向かない

スカウト型採用は個別にメール送信を行うため、大量採用には向きません。特にダイレクトリクルーティングを行う場合は、個別にメールを作成する必要があります。メール作成に工数がかかるため、時間がかかる傾向にあります。

データベースに登録された人材の中から、条件が一致する集団にまとめて送信することは可能ですが、特別感が薄れるため返信率の最大化は望めないでしょう。

新卒100人をまとめて採用するなどの場合は、従来の待ちの採用も視野に入れることがおすすめです。

作業コストが高くなる傾向にある

ひとりひとりの能力・経歴に合ったスカウトメールを作成する必要があるため、作業コストがかかります。

代行サービスを利用せず自社でスカウト型採用を行う場合は、スカウトメールの作成に時間がかかるでしょう。スカウトメールはターゲットの転職意欲を刺激する文章でなければ効果が見込めません。

メールの作成も依頼可能なスカウト代行サービスもあります。スカウト代行サービスの利用を検討しましょう。

スカウト代行なら「サクルート」が最もおすすめです。スカウトメールの文言作成から、返信率アップに向けたABテスト、やり取りのクオリティの担保まで丸ごと全部任せることができます。

スカウトメールを自社で改善するコストを削減した分、採用担当者は面接や内定出しなどのより付加価値が高い仕事に集中することが可能。ダイレクトリクルーティング支援(スカウト代行)に特化し、無駄なコストを削減しているので、他社よりも安価な3万円から利用できるのもポイントです。下記のボタンをクリックして、今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

自社で行う場合は効果を実感するまで時間がかかる

自社でスカウト型採用を行う場合は、効果を実感するまでに長い時間がかかる可能性が高いです。スカウト型採用のノウハウがなければ、自社で試行錯誤しノウハウを集め、採用フローを確立しなければいけません。

自社でスカウト型採用を行う第一歩として、スカウトのプロであるスカウト代行サービスを利用しノウハウを集める企業も増えてきました。

なお自社でのスカウト型採用を検討している場合は、スカウトメールの作成・配信のコツを知ることが必要不可欠です。

スカウト型採用をすべき企業の特徴

スカウト型採用を行うべき企業の特徴を紹介します。ひとつでも当てはまるものがあればスカウト方採用の導入をおすすめします。

専門性の高い人材・採用難易度が高いポジションの採用をしたい企業

エンジニアやデザイナーなどの専門性の高い人材・採用難易度が高いポジションを確保したい企業は、スカウト型採用の利用がおすすめです。専門性の高い人材は転職市場に現れにくく、また個人の能力によって業績が大きく左右される傾向にあります。

自社にマッチした人材を的確に雇用するためにも、スカウト型採用はおすすめです。

状況に応じて機転が利く採用をしたい企業

スカウト型採用は、自社が採用したいときに採用が可能なので機転が利きます。スカウト代行サービスも最短1~3ヶ月からなど、短期間利用が可能なサービスも増えてきました。

今だけ採用をしたい企業は、スカウト型採用を検討しましょう。

知名度がまだ低く求人媒体のみでは採用目標数を達成することが難しい企業

知名度が低い企業は求人媒体のみで優秀な人材を確保することは難しいため、スカウト型採用も利用することがおすすめです。責めの採用であるスカウト採用を利用することで、優秀な人材に自社の存在を知ってもらうこともできるでしょう。

スカウトメールを作成する手間やコストはありますが、求人媒体のみでの採用よりも優秀な人材を手に入れられる期待が高まります。

スカウト型採用を成功させるポイント

スカウト型採用を成功させるカギはスカウトメールにあるといっても過言ではありません。スカウトメールとは、企業から優秀な人材に配信するメールやメッセージを指します。

ファーストコンタクトでもあるため、ここで人材の転職意欲を上手く刺激できなければ成功には繋げられないでしょう。個別に送信するスカウトメールは、特別感の演出が必要不可欠です。「あなただからこそ欲しい」といったメッセージを的確に伝えられれば、人材からの返信も期待できます。

以下の記事に、スカウトメールを成功させるポイントを10個まとめましたのでご覧ください。

あわせて読みたい
【例文付き!】スカウトメールの書き方を徹底解説!開封率と返信率を上げる効果的な内容とは? 攻めの採用が可能となるスカウトメールを利用することで、待ちの採用だけでは出会えない理想の人材に繋がる可能性が高まります。 しかし、「どのような文章が効果的か」...

またスカウトメール以外にもノウハウを知りたいのなら、スカウトのプロであるスカウト型採用代行サービスを利用することも手です。

おすすめのスカウト採用型サービス3選を比較

最後はおすすめスカウト採用型サービス3選をご紹介します。

まずは本記事で紹介する3つのサービスの比較表をご覧ください。

スクロールできます
サービス名WantedlyOfferBoxLinkedin
運営会社ウォンテッドリー株式会社株式会社i-plugリンクトイン・ジャパン株式会社
ユーザー数350万人以上23.7万人以上
※学生メイン
300万人程度
※アクティブユーザーの推測値
料金月額5万円~※要問合せ早期定額型or成功報酬型
1名採用38万円~※公式HP要確認
要問合せ
特徴
スカウト返信率20%!採用成功の期待がもてる
オファー開封率は89%!自社を知ってもらえる機会が増える世界中の優秀な人材に直接アプローチが可能!

Wantedly

運営会社ウォンテッドリー株式会社
ユーザー数350万人以上
料金月額5万円~※要問合せ
特徴スカウト返信率20%!採用成功の期待がもてる

条件、知名度、予算に左右されない高品質な採用を目標とする、ウォンテッドリー株式会社が提供するサービス「Wantedly」。ユーザー数は350万人と多く、さまざまな人材が登録していることが特徴です。

月額5万円~(要問合せ)と、リーズナブルな金額から運用できることが魅力。詳細な料金形態に関しては、資料をダウンロードすることがおすすめです。

スカウト返信率も20%と決して低くなく、転職に意欲的な人材が登録しているのかもしれません。

OfferBox

運営会社株式会社i-plug
ユーザー23.7万人以上/学生メイン
料金早期定額型or成功報酬型
1名採用38万円~※公式HP要確認
特徴オファー開封率は89%!自社を知ってもらえる機会が増える

学生がメインに登録している、株式会社i-plugが提供するサービス「OfferBox」。新卒のスカウト採用に特化していること、料金形態が早期定額型と成功報酬型の2種類ある事が特徴です。

オファー開封率は89%と決して低くなく、就職に対して意欲的なユーザーが登録しているといえるでしょう。

魅力的なスカウトメールを送ることができれば、良い結果に繋がるかもしれません。

Linkedin

運営会社リンクトイン・ジャパン株式会社
ユーザー数300万人程度※アクティブユーザーの推測値
料金要問合せ
特徴世界中の優秀な人材に直接アプローチが可能!

「LinkedIn」は世界最大級のプロフェッショナルネットワークで、世界中に8億5,000万人を超える登録メンバーがいるとされています。2003年5月5日に正式にサービスが開始され、2023年現在も多くのユーザーが利用しています。

アクティブユーザーの推測値を見るに、他のサービスと遜色ありません。

世界中の優秀な人材に直接アプローチをしたいなら、チェックして損はないでしょう。

スカウト型採用サービスを選ぶポイント3つ

スカウト型サービスを選ぶポイントを3つまとめました。

自社が求める人材・採用戦略の明確化

自社が求める人材の明確化、採用戦略の明確化をしておきましょう。軸となる部分が曖昧だと、より良い採用ができません。

また自社が求める人材を明確化する際は、各条件に優先順位も付けておくことがおすすめです。全ての条件に一致する求職者は、基本的に見つかりません。どの条件を優先するのかをあらかじめ決めておくことで、スムーズに採用が可能になります。

無理のないコストで採用が可能かを検討する

採用期間はどの程度か、その期間無理なく費用を捻出できるか、見合った効果が期待できるのかはきちんと検討することが必要不可欠です。

利用するサービスによってコストが大きく変化するのはもちろん、同じサービスの中でもプランによって大きく費用が変わります。

自社とマッチしたサービスを利用する

スカウト型採用代行サービスを利用する際は、サービスの強みを理解する必要があります。

エンジニア、営業職、WEBデザイナー、クリエイティブなど、職種に特化しているサービスもあります。また「中途採用特化」「新卒特化」「若手優秀層(高学歴)」など、あらゆる強みを持つサービスがあることを覚えておきましょう。

自社にマッチした人材はどのようなサイトにいるのか、よく検討することがおすすめです。

スカウト型採用で自社にマッチした優秀な人材を確保しよう

スカウト型採用は近年注目されている採用方法で、自社にマッチした優秀な人材をピンポイントで採用できることが特徴です。従来の採用方法とは違い、採用コストが抑えられる傾向にあるのもメリットのひとつです。

労働人口が減少傾向にあり、今後も減少していくことが予想されます。今から対策をすることで、より企業を長く繁栄させられるでしょう。

本記事を参考に、スカウト型採用でより質の高い人材の確保をしていきましょう。

「スカウト型採用に割くリソースが社内にない…!」
「スカウト型採用のノウハウがなくて、結果が出ない。

そんな場合は、スカウト代行サービス「サクルート」を利用するとよいでしょう。

「サクルート」を利用すれば、スカウトメールの文言作成から、返信率アップに向けたABテスト、やり取りのクオリティの担保まで丸ごと全部任せることができます。

スカウトメールを自社で改善するコストを削減した分、採用担当者は面接や配属先の調整などのより付加価値が高い仕事に集中することが可能になります。

ダイレクトリクルーティング支援(スカウト代行)に特化し、無駄なコストを削減しているので、他社よりも安価な月額3万円から利用できるのもポイントです。

下記のボタンから詳細をチェックして、今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次