MENU

採用代行(RPO)とは?業務内容はどこまで委託できる?|特徴からメリット・デメリットまで徹底解説

採用代行(RPO)とは?

採用代行(RPO)とは、採用にかかる業務を採用代行業務を行っている他企業に代行してもらうことです。

近年は通年採用が注目されるようになり、採用担当者に負荷がかかったり、コストがかさんだりすることに頭を悩ませる企業も多いでしょう。また新卒一括採用以外の採用に関するノウハウがなければ、質の高い採用が期待できません。

これらの悩みを解決できるものが、採用代行(RPO)です。

本記事では、採用代行(RPO)の特徴、注目され始めた背景、メリット・デメリットについて紹介します。

スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、【丸ごと月額3万円から】任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

目次

採用代行(RPO)とは

採用代行とは、自社の採用にかかる業務全般を採用代行企業に代行依頼することです。求人広告掲載から面接、内定者フォロー、入社研修などの業務の代行依頼ができます。

採用代行企業により対応可能な業務は違いますが、基本的には採用にかかるコア業務(採用戦略立案等)以外は代行が可能です。例えば、

面接日の調整、広報ツールの作成、応募者の対応など

は基本的に採用代行企業に任せられます。自社はコア業務に専念できるため、採用にかかるコストを減少できる効果が期待できるでしょう。

スカウト業務のみ担当するスカウト特化型、採用全般を請け負う採用全般代行型等があります。

従来の人材派遣との違いは、採用業務全般を一括して依頼できるところにあります。以下に人材派遣と採用代行の違いをまとめました。

採用代行人材派遣
主な業務内容採用にかかる業務を一括して請け負う
※スカウト業務等がメインの会社もある
適切な人材を紹介する
※入社までサポート可能な会社もある
料金形態従量課金・月額固定のサービス料金成功報酬型・一括料金型
基本的な導入までの流れ1.採用代行サービスの選定
2.採用代行のフローの提案・設計
3.契約
1.人材派遣サービスの選定
2.サービス内容説明・ヒアリング
3.見積書の発行・契約
メリット・採用のノウハウが蓄積されている
・大量採用も行える
・採用プロセスを改善できる可能性がある
・専門性の高い人材を採用できる
・人材の質に期待できる
・長期的な採用戦略を視野に入れられる

採用代行(RPO)が注目される背景

近年採用代行が注目されている背景は、大きく分けて次の3つです。

採用代行を上手く活用することで、企業の生存にも繋げられるでしょう。詳細を紹介します。

労働人口の減少により優秀な人材が確保しにくいから

超高齢者社会に伴い、労働人口が減少傾向にあります。優秀な学生や人材は知名度のある企業、上場企業、メガベンチャーなどに就職するため、知名度が低い企業の場合、新卒一括採用のみでは太刀打ちできない現状です。

優秀な人材を確保するためには、中途採用、責めの採用であるスカウト型採用など採用手段を増やしていく必要があります。しかし新卒一括採用以外の採用ノウハウがなかったり、人員不足などで採用業務に割ける時間がなかったりすると、質の良い採用ができません。

そこで採用代行(RPO)が注目されるようになりました。 採用代行(RPO)に依頼することで、採用にかかるコア業務に専念できます。

長く続く売り手市場の影響で通年採用が注目され始めているから

労働人口の減少に伴い売り手市場が長く続いていることを受けて、通年採用が注目されはじめています。経団連(2018)による「採用選考に関する指針」では多種多様な採用選考機会の提供に努める必要があるとされ、通年採用に注目する企業が増えました。

また近年は情報社会となり、SNSなどを活用する企業も増加傾向にあります。SNSなどを通して自社の魅力をアピールすることで志願者、候補者を増やしている企業も存在します。

採用代行サービスを利用することで、通年採用のノウハウがなくても質のよう採用が期待できるでしょう。

採用にかかる業務が増加傾向にあり担当者がコア業務に専念できないから

年間を通して採用を行う通年採用をするためには、採用にかかる予算を増やす必要があります。業務量も大きく増加する傾向にあるため、採用担当者の負担が増えます。もしくは採用担当者を増やす必要が出てくるでしょう。

採用にかかる業務は、ノンコア業務も多いです。

応募者への返答対応、面接日の調整、応募者のリストアップなど

を採用代行会社に依頼することで、自社は採用のコア業務に専念できます。

また採用のプロである採用代行会社に依頼することで、新しく採用担当者を増やすよりもコストが低くなる傾向があります。

スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、【丸ごと月額3万円から】任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

採用代行(RPO)サービスに委託できる業務

採用代行(RPO)に依頼できる、基本的な業務を紹介します。主な業務は、以下の6つです。

上記以外の業務は、「その他」にまとめました。詳細を見ていきましょう。

採用戦略を練る

人材採用における現状と課題、費用対効果の分析、採用管理システムの導入・選定など、人事・採用コンサルティングのコア業務に近い領域の代行も可能です。

採用におけるノウハウがない企業は、採用戦略の相談も可能なサービスに依頼すると良いでしょう。

スカウトメールの作成・添削・配信

スカウト型採用を行う採用代行(RPO)サービスの場合、条件の一致した求職者(人材)に一斉に配信されるメールの作成・添削の代行も可能です。

採用のプロにメールの文面を作成してもらうことで、人材の転職意欲・就職意欲を存分に刺激できるでしょう。

母集団の形成

適切な人材ベースを提供しているさまざまな求人媒体・サービスから、集客・母集団形成に最適なものを選定し、候補者を選定してくれます。

このフローを採用のプロに依頼することで、より質の高い採用が期待できます。

候補者対応

求人広告・サービス等に掲載後、候補者への返信対応をしてくれます。

特に大量採用を検討している場合、自社で採用業務をこなすとなれば採用担当者への負担が増えるでしょう。また応募者への返信対応が遅れた場合、面接辞退の確率が高くなる傾向にあります。

即座に応募者への返信を行い面接辞退の確率を下げられる、コア業務に専念できるなど、多くのメリットが得られるでしょう。

面接日の調整・面接

面接日の調整・面接も代行業者に依頼できます。応募者の都合の良い日、企業の都合の良い日を照らし合わせ、スケジュールを組み応募者・企業へ伝えてくれますよ。

またコア業務である面接まで対応している企業もあります。採用のノウハウが全くない企業は、コア業務も担当してくれる企業に依頼することも検討しましょう。

内定者フォロー

内定者が辞退する確率を下げられるよう、内定者フォローをしてくれる採用代行サービスもあります。

内定辞退を防ぐ効果の他、企画・コンテンツを作成することで入社後の業務をスムーズにする効果も期待できます。内定者フォローの内容は企業によりさまざまなので、契約前に確認しておくことがおすすめです。

その他

面接代行、説明会代行、雑務、入社研修など、コア業務にかかる項目や、細かい業務を請け負っている企業もあります。自社の採用戦略に則り、利用する採用代行サービスを選んでいきましょう。

採用代行(RPO)サービスを利用するメリット・デメリット

採用代行(RPO)サービスを利用するメリットとデメリットを、それぞれ紹介します。

費用対効果が高くなるかは、採用代行(RPO)サービスの使い方次第です。メリット・デメリットを知って、採用代行(RPO)サービスをより上手く活用していきましょう。

採用代行(RPO)サービスを利用するメリット

採用代行(RPO)サービスを利用するメリットは、以下の3つです。

採用担当者がコア業務に専念できる

任意の採用業務範囲を採用代行(RPO)サービスに委託することで、採用担当者がコア業務に集中できます。採用におけるコア業務とは、以下のフローの①、②、⑧の部分です。

STEP
採用戦略を立てる
STEP
募集要件の設定(理想の人物像)
STEP
スカウト媒体の検討・設定
STEP
候補者の選定・母集団作成
STEP
スカウトメールの作成・配信
STEP
返信対応・面接日程の調整
STEP
データ集計・効果測定
STEP
面接・採用の可否の検討

自社にしかできない重要な業務に集中できれば、より質の高い採用ができることが期待できます。

連携が取れれば採用に関するノウハウが蓄積できる

採用代行(RPO)サービスの担当者と連携が上手く取れている場合、自社に採用のノウハウを蓄積できます。採用代行(RPO)サービスの担当者に全て任せるのではなく、定例ミーティングを行い「なぜその方法なのか」をきちんと分析すればノウハウが溜められるでしょう。

しかし採用代行(RPO)サービスに丸投げしている状態だと、ノウハウは全く溜まりませんので気をつけましょう。

採用に関する費用が削減できる傾向にある

採用代行(RPO)サービスを利用することで、採用にかかる費用を削減できる傾向にあります。自社のみで採用業務を行う場合、使用する求人媒体の選定、母集団の形成、スカウトメール配信、応募者への返信対応、面接調整など膨大な業務が必要です。

また通年採用が注目されている現代では、年に複数回これらの業務を行う必要があります。採用担当者の人件費、広告代等を考えれば、コストはかさむでしょう。しかし採用代行(RPO)サービスに依頼することで、コストを削減できる傾向にあります。

採用代行(RPO)サービスを利用するデメリット

採用代行(RPO)サービスを利用するデメリットは、以下の3つです。

自社に適合した採用代行(RPO)サービスをよく比較検討する必要がある

自社に合った採用代行(RPO)サービスを利用しなければ、良い結果は得られません。採用代行(RPO)サービスを利用する際は、以下のポイントに注目しましょう。

  1. 自社が求めている業界・業種の実績があるか
  2. 採用代行サービスの委託可能業務範囲
  3. 無理のない料金設定か

複数の採用代行(RPO)サービスをピックアップし、自社に合ったものを選びましょう。

連携が取れなければ認識に相違が生じ思った結果が得られない

採用代行(RPO)サービスの担当者と上手く連携を取る必要があります。採用代行(RPO)サービスの担当者と電話やメールでやり取りする場合、認識に相違が生じる可能性も0ではありません。

認識に相違が生じれば、理想の人材像とはかけ離れた求職者からの応募が増える可能性もあります。代行とはいえ、入念にコミュニケーションを取るよう意識しましょう。

採用に関するコストが増加する可能性もある

採用にかかるコストが増加する傾向にあるため、料金形態は細かく確認しておくことがおすすめです。追加費用が発生する場合もあるため、導入・契約前のミーティングにて細かく確認しましょう。

また採用したい人物像のヒアリング、日程調整、見積もりの算出などがあるため導入まで時間がかかるケースもあります。

スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、【丸ごと月額3万円から】任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

採用代行(RPO)サービスおすすめ4選を徹底比較

おすすめの採用代行(RPO)サービスを4つまとめました。

本記事でおすすめする採用代行(RPO)サービスは、以下の3つです。それぞれ比較検討し、自社にあったものがあればピックアップしておきましょう。

サービス名サクルート(株式会社ファーストアンドエム)まるごと人事(マルゴト株式会社)CORNER(株式会社コーナー)採用業務代行(HeaR株式会社)
タイプダイレクトリクルーティング支援(スカウト代行)特化型採用全般代行型採用全般代行型+人事業務採用全般代行型
契約期間要問合せ最短1ヶ月~応相談要問い合わせ
料金30,000円/月〜450,000円/月~
初期費用:100,000円
応相談要問い合わせ
特徴月額3万円からスタート可能。1通200円〜のスカウト送信できる!累計350社以上の支援実績あり!人事業務も対応可能!採用実績は累計550社以上で期待できる採用戦略・計画の立案から実際の採用代行までトータルサポート

サクルート(株式会社ファーストアンドエム)【スカウト代行特化型】

タイプダイレクトリクルーティング支援(スカウト代行)特化型
契約期間要問い合わせ
料金30,000円/月~
特徴1通200円〜のスカウト送信が可能かつ市場平均を上回る返信率!

スカウト代行をおまかせしたいなら「サクルート」が最もおすすめです。

スカウトメールの文言作成から、返信率アップに向けたABテスト、やり取りのクオリティの担保まで丸ごと全部任せることができます。

スカウトメールを自社で改善するコストを削減した分、採用担当者は面接や育成計画作成などのより付加価値が高い仕事に集中することが可能。

ダイレクトリクルーティング支援(スカウト代行)に特化し、無駄なコストを削減しているので、他社よりも安価な月額3万円から利用できます。

下記のボタンをクリックして、今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

まるごと人事(マルゴト株式会社)【採用全般代行型】

タイプ採用全般代行型
契約期間最短1ヶ月~
料金450,000円/月~
初期費用:100,000円
特徴累計350社以上の支援実績あり!

月額の範囲内で、採用業務全般をフレキシブルに請け負ってくれる「まるごと人事(マルゴト株式会社)」。月額45万円からで導入しやすい他、契約期間は最短1ヶ月からOK。

お試し感覚で採用にかかる業務の代行を依頼できることが、魅力のひとつでしょう。採用したい時期に合わせて、柔軟に依頼することができます。

急成長を遂げるベンチャー企業メインに累計350社以上の支援実績、そして媒体数の運用実績は120以上。まずは公式HPで、詳細をご確認ください。

CORNER(株式会社コーナー)【人事業務も対応可能】

タイプ採用全般代行型※人事業務も対応可能
契約期間応相談
料金応相談
特徴人事業務も対応可能!採用実績は累計550社以上で期待できる

採用にかかる業務全般の他、人事の業務も代行してくれる「CORNER(株式会社コーナー)」。料金に関しては、委託先担当者のポジション、業務内容によって異なります。

コンサルティング、スカウトメールの送信、委託先担当者、応募者対応など採用業務全般の対応が可能。それぞれ必要なときに必要なだけお願いできるので、コストもかさばりません。

採用の他、人事の業務も委託したい場合は公式HPをご覧ください。

採用業務代行(HeaR株式会社)【採用全般代行型】

引用:採用業務代行(HeaR株式会社)公式HP

タイプ採用全般代行型
契約期間要問い合わせ
料金要問い合わせ
特徴採用戦略・計画の立案から実際の採用代行までトータルサポート

採用戦略・計画の立案から幅広く採用業務のサポート・代行をしてくれる、「採用業務代行(HeaR株式会社)」。累計100社以上の実績を持つサービスで、採用のプロである担当者に運用や採用の改善を行ってもらいます。

現場目線のPDCAサイクルによる改善、オーダーメイド型支援、独自分析ツール、手厚い支援体制が魅力です。

また採用業務の他、採用広報、採用にかかるブランディング、組織開発の支援も行っています。

採用代行(RPO)サービスの効果を高めるポイント

採用代行(RPO)サービスの効果を高めるには、以下の3つのポイントを意識しましょう。

  1. 自社が求める人物像の明確化
  2. スカウト代行サービスの対応業務の確認・委託したい範囲の明確化
  3. 採用したい時期に間に合うか

自社が求める人物像を明確化し条件を決め、その条件の中で優先順位を決めておくことがおすすめです。条件全てに適合した人材を探すことは、まずできません。

軸をきちんと決めておくことで、自社が求める人物像により近い人材の確保が可能になります。

また採用フローを明確化し、委託したい業務を洗い出しましょう。

採用したい時期の少なくとも1ヶ月前、余裕を持ちたい場合は2ヶ月前から準備を始めます。導入まで時間がかかるケースもあるので、余裕をもった採用計画を立てておくことがおすすめです。

採用代行(RPO)サービスを利用して採用の質を高めよう

採用代行(RPO)サービスとは、採用業務を代行するサービスのことです。上手く利用することで、コスト削減、質の高い採用が可能になります。採用担当者の不可が多い場合は、採用代行(RPO)サービスの利用を検討しましょう。

本記事で紹介した「採用代行(RPO)サービスの効果を高めるポイント」も参考に、質の高い人材を確保する戦略を立ててくださいね。

スカウト代行なら「サクルート」が最もおすすめです。
スカウトメールの文言作成から、返信率アップに向けたABテスト、やり取りのクオリティの担保まで丸ごと全部任せることができます。

スカウトメールを自社で改善するコストを削減した分、採用担当者は面接や配属先の調整などのより付加価値が高い仕事に集中することが可能。

ダイレクトリクルーティング支援(スカウト代行)に特化し、無駄なコストを削減しているので、他社よりも安価な月額3万円から利用できるのもポイントです。

下記のボタンをクリックして、今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次