MENU

新卒採用におけるスカウトとは?メリット・デメリットやおすすめのサービスを紹介

近年スカウト型採用が注目を集めており、新卒の採用の場においてもスカウト型採用が増加傾向にあります。

しかし実際は、自社で新卒採用においてスカウトサービスを利用したいと思っても、「やり方が分からない」「作業コストがかかってしまい導入できていない」「どのサービスを使用していいか分からない」となかなか実現的には進んでいない企業は多いのが現状です。

本記事では、新卒採用におけるスカウト型採用を行うメリットやデメリット、新卒の採用にスカウトを導入したいときにおすすめのサービスを紹介します。

どのダイレクトリクルーティングサービスをえらんでいいかお悩みの方は下記記事を参考にしてください!

スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、【丸ごと月額3万円から】任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!また、スカウト媒体にお悩みの人事のために、33個のスカウト媒体を解説した資料を解説した資料をご用意しております。
無料ですので、以下からお受け取りの上、自社に最適なスカウト媒体の選定にお役立てください。

目次

新卒採用におけるスカウトとは

新卒採用におけるスカウトとは、学生が自身の強みや経歴をサービスに登録し企業からの個別スカウトを待つ手法です。

「オファー型採用」「スカウト型採用」「ダイレクトリクルーティング」と呼ばれることもあります。

スカウト採用サービスの流れを以下にまとめました。

1.就活生(学生)がスカウト採用型サービスに経歴、資格、大学での研究内容など自身の情報を掲載する
2.企業が自社の理想の人材をデータベースから検索する
3.企業が「自社にマッチする」と感じた人材に直接アプローチをする
4.アプローチを受けた人材はスカウトを承認もしくは辞退する
5.承認の場合はインターンや面接など次のステージへ進む

自社を知らない就活生にアピールしインターンに来てもらうことで、より多くの会社の魅力を学生にアピールできるでしょう。

スカウトとダイレクトリクルーティングサービスとの違い

”スカウト”は企業から就職・転職のオファーをする採用方法

スカウトは企業から就職・転職のオファーをする採用方法のことです。近年注目されている採用方法で、企業が欲しい人材に対して直接アプローチをします。

  • 自社が直接人材をスカウトする企業直接スカウト型
  • 転職サイトなどが提供する人材データベース利用した一斉送信型
  • 転職エージェントの代行型

などがあります。

”ダイレクトリクルーティング”はスカウト型採用の一つの種類

企業が個人に対して直接アプローチをする方法です。条件が一致する人全員にスカウトメールを配信する方法ではなく、個人に向けたスカウトメールを作成し配信する採用方法を指します。

ダイレクトリクルーティングはスカウト型採用方法の種類の一つ

ダイレクトリクルーティング支援サービスはスカウトサービスの種類のうちの一つとなります。

スカウトサービスとは、さまざまな手法で企業のスカウト型採用を支援するサービスです。ダイレクトリクルーティングの手法の他、人材データベースから条件が一致する求職者にスカウトメールを一斉送信する手法など、サービスにより方法はさまざまあります。

さらに詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください!

スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、【丸ごと月額3万円から】任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

新卒採用でスカウトを行うメリット

新卒採用におけるスカウト型採用のメリットを、もっと深掘りしていきましょう。

新卒採用を行う主なメリットは次に紹介する3つです。

スカウトを送ることで新卒就活生に自社をアピールできる

スカウトを送ることで、新卒就活生に自社をアピールできます。興味を持ってもらえれば、自社のインターンや企業説明会に参加してもらえます。

新卒生で形成されたチャットグループなどに情報が掲載されれば、自社の周知に繋がるでしょう。知名度を上げるためにも、新卒におけるスカウト採用は有効といえます。

優秀な若い人材を確保できるのは、企業の利益に繋がるでしょう。

採用にかかる費用対効果の改善が期待できる

従来の採用方法は、面接にかかる人件費、求人掲載費用、会場費用、膨大な応募の取捨選択にかかるコストなど多くの費用が必要でした。しかしスカウト採用であれば、自社が求める人材にピンポイントでスカウトを送ることができます。

費用を少なくし、かつ優秀な人材を雇える可能性が上がるといえるでしょう。

もちろんスカウトした人材が辞退することも多いですが、採用したいときに機転を利かせて採用できることは大きなメリットといえます。スカウトサービスを利用することで、人事のスリム化を図る企業も増えてきました。

質の高い母集団が形成できる

新卒採用でスカウト型採用を利用することで、質の高い母集団の形成が可能になります。企業から人材にアプローチするスカウト型採用であれば、自社の求める人物像に近い人材だけで母集団の形成ができます。

従来の採用方法は、大量の応募書類の中から母集団を形成する必要がありました。しかしスカウト型採用であれば、そもそも自社が気になる人材にしかアプローチしないので、素早く質の高い母集団の形成が可能です。

新卒採用でスカウトを行うデメリット

新卒採用においてスカウト型の採用を行うことには、デメリットもあります。

新卒採用におけるスカウトのデメリットは、次に紹介する3つです。

サクルートでは、スカウト媒体比較や返信率向上のためのスカウトメール作成方法など、有益な資料3点セットを無料でプレゼントしています!スカウト代行の活用を検討している人や、スカウトメールを改善して採用成功に繋げたい人はぜひゲットしてください!

費用以外の作業コストがかかる

スカウト型採用は費用以外の作業コストが増える傾向があります。スカウトメールの作成など従来の採用方法にはない作業が必要になるため、ノウハウや運用フローが確立していなければ時間がかかる可能性が高いです。

このデメリットは、採用全般代行型のスカウト代行サービスを利用することで改善が期待できます。

採用のプロであるスカウト代行サービスに業務を委託することで、自社は採用におけるコア業務に専念できるでしょう。

大量採用には向いていない

スカウト型採用は個別にスカウトメールを作成する手間があるため、大量採用には向いていません。特別感のあるスカウトを行い人材の転職・就職意欲を刺激できることが、スカウト型採用の特徴です。

大量採用となると、特別感のあるスカウトメールの作成が難しくなる傾向にあります。分かりやすい定型文、誰にでも当てはまるような企業の求める人物像(学歴不問、未経験大歓迎)などのスカウトは返信率も低いといえるでしょう。

質の高い採用が可能になるまで時間がかかる

新卒のスカウト型採用を自社で全て完結させる場合は、質の高い採用が可能になるまで長い時間がかかります。スカウト型採用に関するノウハウがない場合は、まずは情報収集から始めなければいけません。

自社で運営するのは大変なので、スカウト型採用を初めて行う場合は採用のプロであるスカウト代行サービスを利用する企業も増えてきました。採用全般代行型のスカウト代行サービスを利用しノウハウを得てから自社での採用を行うことで、より早く質の高い採用が可能になるでしょう。

新卒採用におけるスカウトが注目されている背景・理由

新卒採用においてスカウト型採用が注目され始めている背景、理由をまとめました。

社会情勢の変化、労働人口の減少、採用の通年化に注目する企業の増加などが要因と考えられています。詳細を見ていきましょう。

「サクルート」は、中途・新卒の両方に強いダイレクトリクルーティングサービスです。成果につながるなスカウトメールの作成・返信率アップ対策など幅広い業務を、【丸ごと月額3万円から】依頼できます。スカウト業務を外注し、今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

「採用の通年化」に注目する企業が増えたから

以前の新卒採用は、新卒一括採用ルールに則り行われていました。しかし経団連(2018)による「採用選考に関する指針」では多様な採用選考機会の提供に努める必要があるとされ、採用の通年化に注目する企業が増えたと言われています。

新卒一括採用ルールとは、卒業前に説明会や面接などを行い学生と接触し、卒業後の4月頃に大量一括採用を行う方法です。

新卒一括採用ルールは、企業側としては優秀な人材を囲い込めるメリットがある一方、中途採用市場が発展しにくくなるデメリットがあります。また留学生や海外の大学に通う学生にとって就職活動が難しいという声もありました。

通年採用を適用すると多種多様な人材を得ることが期待できるため、「採用の通年化」に注目する企業が増えています。

社会情勢が変化したから

新型コロナウィルスのパンデミックにより、従来のマス型採用を行うのは厳しい時期が長く続きました。企業説明会やインターンシップの中止も多く見られ、学生と接触する機会は著しく減っています

パンデミックの際に増えたのが、オンラインで企業説明会や面接を行う手法です。スカウト型採用も基本的にはオンライン上で行うことができるため、スカウト型採用が急激に注目されるようになったと言われています。

また売り手市場に転じており、メガベンチャー、上場企業、大手企業など有名な企業でなければ待ちの採用で優秀な人材が確保しにくくなっています。

労働力人口が減少傾向にあるから

労働人口が減少傾向にあり、今後も減少していくことが予想されています。労働人口が減少するということは、優秀な人材が企業間で取り合いになるということです。

従来の待ちの採用方法では、自社を知る層の採用しかできません。しかしスカウト型採用は、自社を知らない層にもアプローチができ採用の幅が広がります。また求める人物像によりマッチした人材に、ピンポイントでアプローチできることもメリットです。

責めの採用を行うことで、優秀な人材を確保できる確率の上昇が期待できます。

自社を知らない層にアピールできるから

自社を知らない優秀な人材に直接アピールできる機会ができることも、近年スカウト型採用が注目されている理由のひとつです。

先ほども少し触れましたが、スカウト型採用の最大のメリットは自社を知らない層にアピールできること。このメリットは、新卒採用においても変わりません。

新卒の段階で優秀な人材を囲い込めるのは、企業にとっても大きなメリットとなるでしょう。

新卒採用向けスカウト型採用におすすめのサービス5選

新卒のスカウト採用をしたいときに導入したいおすすめサービス5つを紹介します。

スクロールできます
サービス名サクルートOfferBoxdodaキャンパスopenworkキャリアチケットスカウトMatcher Scout
運営会社株式会社ファーストアンドエム株式会社i-plug株式会社ベネッセ i-キャリアオープンワーク株式会社レバレジーズ株式会社Matcher株式会社
登録ユーザー数要問い合わせ23.7万人以上99万人以上累計527万人以上1.3万以上非公開
ユーザー層要問い合わせ旧帝大・早慶約10%
MARCH・関関同立約18%
国公立約15%
24卒・25卒向け ※2023年現在のプラン情報
登録大学非公開
20代~30代が8割非公開旧七帝大約7%
早慶上智・東工大・一橋約18%
料金月額3万円〜基本利用料利用料+成功報酬38万円3名60万円~
※詳細要問合せ
新卒採用40万円定額プラン・成功報酬プラン70万円/人
特徴1通200円〜のスカウト送信が可能かつ市場平均を上回る返信率!高学歴の学生も多数!大手企業ベネッセが運営!3名60万円~とリーズナブルな採用新卒・中途採用両方に強い!若い人材も多数条件に合う人材の選定から内定確定までサポート完全成功報酬型!初期費用、運用代行費用一切なし

サクルート/株式会社ファーストアンドエム【スカウト代行特化型】

登録ユーザー数要問い合わせ
ユーザー層要問い合わせ
料金月額3万円〜
特徴1通200円〜のスカウト送信が可能かつ市場平均を上回る返信率!

「サクルート」では、名前の通り待ってるだけでサクッとアポが入るリクルート手法です。

ダイレクトリクルーティングをこれから利用する企業や、現状スカウトを実施しているが期待値以上 の成果が出ていないという企業にもおすすめです。利用する媒体から導入相談や求人票のコン サルまでしてもらえるので安心。


今までの採用代行は単価が高く割に合わないと思っていた方も「サクルート」なら、ダイレクトリク ルーティング支援(スカウト代行)に特化しているため、無駄な部分を削ぎ落とし驚きのコストパフォーマンスを実現しています。

プロによるスカウトの文面を作成してもらえ、企業努力ではなかなか難しい返信率の向上もおまかせできます。ABテスト用の文面やリマインド用の文面等も作成することでスカウト効果を最大化できます。配信数値の振り返りもまるっとお願い ができます。そして週次レポートで常に進捗を共有されるので安心ですね。

ぜひ、サクルートのスカウト代行を活用してダイレクト採用を成功させませんか?

OfferBox/株式会社i-plug【スカウト代行特化型】

登録ユーザー数23.7万人以上
ユーザー層旧帝大・早慶約10%
MARCH・関関同立約18%
国公立約15%
料金基本利用料+成功報酬38万円
特徴高学歴の学生も多数!

旧帝大・早慶約10%、MARCH・関関同立約18%、国公立約15%と優秀な学生が多く登録している「OfferBox」。基本利用料+成果報酬型の料金形態で、入社まで至らなければ成功報酬38万円は返金されます。

23.7万人と登録ユーザー数は少ないですが、比較的質の高い人材が集まっているサービスといえるでしょう。

オファー開封率も高いことが特徴で、就職に対して意欲的な学生が多く集まっていると考えられます。

dodaキャンパス/株式会社ベネッセ i-キャリア【24卒・25卒向け】

登録ユーザー数99万人
ユーザー層24卒・25卒向け ※2023年現在のプラン情報
登録大学非公開
料金3名60万円~
※詳細要問合せ
特徴大手企業ベネッセが運営!3名60万円~とリーズナブルな採用

様々な能力を持つ学生が多く登録している、株式会社ベネッセ i-キャリアが提供するサービス「dodaキャンパス」。料金は3名60万円からと、比較的リーズナブルな料金設定であることが特徴です。

大手企業であるベネッセが運営していることもあり、学生からの知名度も高いことがうかがえます。登録ユーザー数は99万人で、2023年現在は24卒・25卒向けのプランが展開されています。

バリエーション豊富な学生の中から人材を選びたい企業は、チェックして損はありません。

openwork/オープンワーク株式会社【新卒・中途採用両方に強い】

登録ユーザー数累計527万人以上
ユーザー層20代~30代が8割
料金新卒採用40万円
特徴新卒・中途採用両方に強い!若い人材も多数

新卒採用から中途採用まで幅広く採用代行を行っている、「openwork」。転職口コミサイトとして人気がありますが、スカウトサービスもおすすめです。

初期導入費用などはかからず、始めやすいことが特徴です。完全無料のフリープランでは、スカウト対象者の検索機能が提供されています。スカウトを送ることはできませんが、どのような人材がいるのかをチェックすることはできるでしょう。

口コミでの企業スコアが高ければ、スカウト上限数増えるなど、企業スコアとスカウト上限数が連動していることが特徴です。口コミ評価の高い企業であれば、リーズナブルに使えるといえます。

キャリアチケットスカウト/レバレジーズ株式会社【採用全般代行型】

登録ユーザー数1.3万以上
ユーザー層非公開
料金定額プラン・成功報酬プラン
特徴条件に合う人材の選定から内定確定までサポート

登録ユーザー数は1.3万人とまだまだ少ないですが、条件に合う人材の選定から内定確定まで徹底的にサポートしてくれる「キャリアチケットスカウト」もおすすめです。

採用全般の業務をサポート可能であることが、このサービスの1番のメリット。様々な方面からサポートしてくれるため、採用のノウハウが全くない企業でも安定した採用ができるといった期待ができます。

また選考辞退率も下げることができるでしょう。

Matcher Scout/Matcher株式会社【採用全般代行型】

登録ユーザー数非公開
ユーザー層旧七帝大約7%
早慶上智・東工大・一橋約18%
料金70万円/人
特徴完全成功報酬型!初期費用、運用代行費用一切なし

完全報酬成功型であることが特徴の、「Matcher Scout」。初期費用、運用代行費用は一切かかりません。また候補者選定、スカウト送信、面談微調整など採用にかかる業務の代行をしてくれます。

その分採用が成功した際の料金は、1人あたり70万円と他のサービスよりも高く設定されていることが特徴。

企業が行うことは、求める人物像の擦り合わせと面談可能日時など少ないです。企業はコア業務に専念できます。

新卒採用のスカウトに特化した支援サービスの選び方

新卒のスカウト採用に特化したサービスを選ぶ際の注意点を、3つ紹介します。

自社にマッチしたサービスを選ぶことで、安定した採用が可能になります。

スカウトサービスの料金形態を確認する

定額型、成果報酬型、完全成功報酬型などスカウトサービスにより料金形態が大きく異なります。ひとりあたりの採用の金額が異なること、委託可能・サポート可能な業務範囲も全く異なることも留意しておきましょう。

自社でどの範囲の業務を行うのか、どの範囲を委託したいのかをしっかりと考えておくことが重要です。

サービスに登録している人材(求職者)の数・層を確認する

サービスに登録している人材の数や層を確認しておきましょう。

スカウトサービスは登録している人材の数、学歴などを公表しているケースが少なくありません。人材データベースをきちんと調べておくことで、より自社にマッチした人材の採用が可能になります。

サービス登録後により簡単に人材を見つけるためにも、利用するサービスはよく検討しておきましょう。

サービス内容が自社に適しているか

サービス内容が自社に適しているのかも確認しておくことがおすすめです。

スカウト業務のみを代行してもらいたいのか、スカウト型採用にかかるコア業務以外を代用して欲しいのかで選ぶサービスは変わります。料金もサービスによって大きく異なるため、いくつかピックアップし比較すると良いでしょう。

またサービスの柔軟性も重要です。望んだ結果が得られない場合に、スカウト配信数・スカウトメールの内容の変更は可能かなども事前に把握しておくといいですね。

新卒向けダイレクトリクルーティングサービスおすすめ

新卒向けのダイレクトリクルーティングサービスのおすすめを表にまとめました。ぜひ新卒採用においてダイレクトリクルーティングサービスを検討している方はこちらをご覧ください。

詳細は下記記事にて紹介しておりますのであわせてご覧ください!

スクロールできます
サービス名OfferBOXLabBaseCheerCareerdodaキャンパスDYMスカウトキミスカMatcher
タイプ学生特化・全方位型理系採用特化成長・ベンチャー企業特化全方位型全方位型・機能性が高い全方位型全方位型
会員数2023卒20万人以上
2024年卒8万人以上
のべ5万人以上4万人以上
※80~90万人程度のデータベースあり
10万人以上13.5万人
料金固定型:75万円~
成功報酬型:38万円/1名採用~
要問合せライトプラン:3万/月×12ヶ月
ベーシックプラン:5万/月×12ヶ月
定額制:60万円~
※定額制の採用人数よりも採用する場合:1人×30万円の成功報酬
固定型:スタンダード150万円/1年間
成果報酬型:50万円/1人
3名枠 75万、 5名枠 125万、10名枠 250万、30名枠 750万成功報酬
導入期間約4営業日程度要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ問い合わせ要
特徴開封率は驚異の87%!学生特化のサービス理系採用特化!返信率は約20%と他サービスに比べると高い自身の能力を活かしたい、意欲的な学生が多数!業界最大級の人材データベースあり!成果報酬型と固定報酬型が選べる!複雑な検索も可能採用支援のプランやオプション多数利用可。採用するまで費用0円

「サクルート」は、中途・新卒の両方に強いダイレクトリクルーティングサービスです。成果につながるなスカウトメールの作成・返信率アップ対策など幅広い業務を、【丸ごと月額3万円から】依頼できます。スカウト業務を外注し、今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

新卒のスカウト採用を成功させるにはスカウトメールも重要

新卒のスカウト採用を成功させるためには、スカウトメールの内容がカギとなります。

スカウト採用の1番の特徴は、求職者の就職・転職欲を刺激できるところにあるといえますよ。確保したい人材に対して、あらゆる企業がスカウトメールを送信しています。他の企業のアピールに埋もれないよう、より特別感のある文章を作成する必要があります。

スカウト採用を成功させるポイントは、以下の記事に詳しくまとめられています。新卒採用でスカウトメールを作成する予定の場合は、ぜひチェックしてください。

あわせて読みたい
【例文付き】スカウトメールとは?ダイレクトリクルーティングとの違いや返信を高める書き方を紹介 スカウト採用において重要なのはスカウトメールの開封率や返信率、書き方です。スカウトメールを効果的に活用することで、"攻めの採用"が可能になり、"待ちの採用"だけ...

また、自社ではなかなか難しいという会社は、スカウト代行も検討してみましょう。

新卒のスカウト型採用支援サービスを使用し優秀な人材を確保しましょう

新卒の採用においても、スカウト型採用を利用する企業が多くなってきました。大量採用には向いていませんが、より優秀な人材をピンポイントで確保したい場合にはおすすめです。

本記事を参考に、より質の高い採用と優秀な人材の確保をしていきましょう。

スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、【丸ごと月額3万円から】任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!また、スカウト媒体にお悩みの人事のために、33個のスカウト媒体を解説した資料を解説した資料をご用意しております。
無料ですので、以下からお受け取りの上、自社に最適なスカウト媒体の選定にお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次