MENU

新卒採用におけるダイレクトリクルーティングを徹底解説!メリットからおすすめのサービスまでご紹介

企業が直接個人にアプローチする、ダイレクトリクルーティング。中途採用においてよく用いられていた手法ですが、近年は新卒採用においてもダイレクトリクルーティングを行う企業が増加傾向にあります。

「新卒でダイレクトリクルーティングをしたいがやり方が分からない」
「ダイレクトリクルーティングの新卒採用を成功させたい」

上記のように考えても、実践まで移せる企業は多くありません。本記事では、新卒採用におけるダイレクトリクルーティングの詳細、メリット・デメリットについて解説します。

※スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、丸ごと月額3万円から任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

目次

新卒採用でダイレクトリクルーティングが注目される背景

新卒採用において、ダイレクトリクルーティング(ダイレクトソーシング)のような攻めの採用に注目する企業は年々増加傾向にあります。売り手市場傾向にある昨今、メガベンチャーやブランド力のある大手企業ではない限り、従来の受け身の採用で能力の高い新卒を確保することは困難です。

このほかにも、新卒採用が注目される背景はあります。ダイレクトリクルーティングが注目される背景を知っておくことで、より質の良い採用が可能となるでしょう。

さまざまな学生と接点を持てる

ダイレクトリクルーティングを行うことで、企業の知名度や規模にかかわらず、データベースに登録されたあらゆる学生と接点を持てます。

学生から応募してくるのではなく、応募の有無にかかわらず企業が直接アピール可能な採用方法です。求人媒体などに広告を打つ必要はありませんし、学生が企業のことを知っている必要もありません。

自社が欲しいと思った人材のみで母集団を形成できるため、従来の新卒採用である待ちの採用よりも質の高い母集団の形成が期待できるでしょう。

1on1で安定した動機付けができる

ターゲットである学生に対して、「あなただからこそ欲しい」と企業からの熱いアプローチができるのもダイレクトリクルーティングが注目される理由です。定型文ではなく自分だけのために作成された文面に、心を惹かれる学生は少なくありません。

他企業よりも学生の気を引くアプローチをかけることができれば、質の高い新卒採用が期待できるでしょう。

スカウトメールの成功率を上げる文面に関しては、以下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【例文付き!】スカウトメールの書き方を徹底解説!開封率と返信率を上げる効果的な内容とは? 攻めの採用が可能となるスカウトメールを利用することで、待ちの採用だけでは出会えない理想の人材に繋がる可能性が高まります。 しかし、「どのような文章が効果的か」...

求める人材に企業からアプローチができる

求める人材に企業からアプローチできるため、自社とマッチしない応募者への対応の必要がなくなります

また多くの大学生がダイレクトリクルーティングサービスに登録していますが、ダイレクトリクルーティングを実施している企業はまだ多くありません。つまりまだまだ能力のある大学生を確保しやすい状態であるといえます。

ダイレクトリクルーティングに興味を持つ企業は多いものの、実践している企業は少ないのが現状です。なるべく早くダイレクトリクルーティングを始めることが、成功のカギといえるでしょう。

新卒採用でダイレクトリクルーティングを行うメリット

新卒採用でダイレクトリクルーティングを行うメリットを紹介します。

先ほどの「新卒採用でダイレクトリクルーティングが注目される背景」で紹介したポイントも踏まえて、利用するか否かを決めましょう。

採用コストを抑えられる傾向にある

ダイレクトリクルーティングは、自社が求める人材にピンポイントでアプローチできます。

従来の待ちの採用方法では、まず学生の目に触れるよう会社説明会を開催したり、求人媒体に広告をうったりする必要がありました。多くの学生の目に触れ応募が殺到しても、「自社とマッチする人材ではなかった」などの理由から目標の採用人数に到達できないこともあります。

また応募者への対応に追われ、採用担当者がコア業務に専念できません。

しかしダイレクトリクルーティングは自社の求める人材のみにアプローチできるため、1人あたりの採用コストを抑えられますし、ミスマッチも減少することが期待できます。

潜在層にアプローチができる

企業を知らない学生に対してもアプローチできるため、出会いの幅を広げられます。従来の受け身の採用、就職サイト、人材紹介などは、学生から企業に対してアプローチすることが基本です。そのため最初から企業に対して興味がなければ成り立ちません。

つまり企業認知度、ブランド力が高くなければ、そもそも学生からの応募がこない状態といえます。

新卒採用においてダイレクトリクルーティングを用いることで、自社を知らない潜在層にもアプローチが可能です。

※スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、丸ごと月額3万円から任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

新卒採用でダイレクトリクルーティングを行うデメリット

新卒採用においてダイレクトリクルーティングは、自社にマッチする能力のある新卒採用が期待できます。しかし運用を上手く行わなければ、失敗に終わる可能性も0ではありません。

ダイレクトリクルーティングを行う上で注意すべきポイントについてまとめました。

運用方法が確立されていない場合は成果が得られない

ダイレクトリクルーティングの運用方法が確立されていない場合は、思っている成果が出せない可能性があります。

運用方法が確立していなければ、スカウトメールの開封率、返信率、面談成功率などが低くなり成果が出せません。また予算、ダイレクトリクルーティングを行う期間など、会社の運営にかかわることの検討も必要不可欠です。

準備や社内検討を行い、ダイレクトリクルーティング開始後はPDCAサイクルをまわし地道にノウハウを集める必要があります。

採用単価は抑えられるが作業コストが増える可能性がある

ダイレクトリクルーティングは、採用コストは抑えられる傾向にありますが作業コストが増加する可能性があります。採用コストを抑えられても、採用担当者の業務を圧迫してしまってはあまり意味がありません。

作業コストをなるべく抑えるなど、採用担当者がコア業務に専念できるよう努める必要があるでしょう。

ダイレクトリクルーティングは、適当に行っても成果は望めません。最初の数回はプロに代行をお願いすることで、作業コストの減少、ノウハウの獲得などが可能となります。

あわせて読みたい
採用代行(RPO)とは?業務内容はどこまで委託できる?|特徴からメリット・デメリットまで徹底解説 採用代行(RPO)とは、採用にかかる業務を採用代行業務を行っている他企業に代行してもらうことです。 近年は通年採用が注目されるようになり、採用担当者に負荷がかか...

新卒採用ダイレクトリクルーティングおすすめサービス5選

新卒採用に特化した、ダイレクトリクルーティングサービスを5つ紹介します。

本記事で紹介するサービスは、以下の5つです。

スクロールできます
サービス名OfferBOXLabBaseCheerCareerdodaキャンパスDYMスカウト
タイプ学生特化・全方位型理系採用特化成長・ベンチャー企業特化全方位型全方位型・機能性が高い
会員数2023卒20万人以上
2024年卒8万人以上
のべ5万人以上4万人以上
※80~90万人程度のデータベースあり
10万人以上
料金固定型:75万円~
成功報酬型:38万円/1名採用~
要問合せライトプラン:3万/月×12ヶ月
ベーシックプラン:5万/月×12ヶ月
定額制:60万円~
※定額制の採用人数よりも採用する場合:1人×30万円の成功報酬
固定型:スタンダード150万円/1年間
成果報酬型:50万円/1人
導入期間約4営業日程度要問合せ要問合せ要問合せ要問合せ
特徴

OfferBOX【学生特化・全方位型】

引用:OfferBOX公式HP

タイプ学生特化・全方位型
会員数2023卒20万人以上、2024年卒8万人以上
料金固定型:75万円~
成功報酬型:38万円/1名採用~
導入期間約4営業日程度
特徴開封率は驚異の87%

新卒就活生の3人に1人は利用しているといわれている、OfferBOX。メッセージ開封率は驚異の87%を誇っており、メッセージを見てもらいやすいサービスといえます。

ここまで開封率が高いのは、企業、学生ともにメッセージを送れる回数に制限があるから。魅力あるメッセージを送ることができれば、メールの返信率も高くなることが期待できます。

LabBase【理系採用特化】

引用:LabBase公式HP

タイプ理系採用特化
会員数のべ5万人以上
料金要問合せ
導入期間要問合せ
特徴理系採用特化!返信率は約20%と他サービスに比べると高い

理系新卒に絞った採用をしたいなら、LabBaseもチェックすることがおすすめです。会員数はのべ5万人以上と全方位型の有名なダイレクトリクルーティングサービスよりも少ないですが、ピンポイントで専門性の高い理系学生をスカウトすることもできます。

日々研究にいそしんでいる専門性の高い学生も多く登録しており、研究内容等からの検索も可能です。

CheerCareer【成長・ベンチャー企業特化】

引用:CheerCareer公式HP

タイプ成長・ベンチャー企業特化
会員数40,000人以上
料金ライトプラン:3万/月×12ヶ月
ベーシックプラン:5万/月×12ヶ月
導入期間要問合せ
特徴ベンチャー企業など自身の能力を活かしたいと考える意欲的な学生が多数!

ベンチャー志向を持つ新卒や、成長意欲が高い学生が登録しているダイレクトリクルーティングサービスです。ベンチャー企業や成長企業が多く登録しており、それに伴って学生の属性も変化しています。

スカウトによる平均応募率が36%以上と、スカウト関係業界でも高水準。より成長意欲のある学生を採用したいのであれば、検討しましょう。

dodaキャンパス【全方位型】

引用:dodaキャンパス公式HP

タイプ全方位型
会員数-※80~90万人程度のデータベースあり
料金定額制:60万円~
※定額制の採用人数よりも採用する場合:1人×30万円の成功報酬
導入期間要問合せ
特徴業界最大級の人材データベースあり!全方位型

大学1年生・2年生など低学年にもアプローチが可能で、80~90万人以上のデータベースから自社にマッチした人材を探せるダイレクトリクルーティングサービスです。

新規契約企業向けの、お得な初年度限定プランが用意されています。比較的導入しやすい金額に設定されているため、全方位型のダイレクトリクルーティングサービスを検討しているならチェックしましょう。

※スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、丸ごと月額3万円から任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

DYMスカウト【全方位型】

引用:DYMスカウト公式HP

タイプ全方位型・機能性が高い
会員数10万人以上
料金固定型:スタンダード150万円/1年間
成果報酬型:50万円/1人
導入期間要問合せ
特徴成果報酬型と固定報酬型が選べる!複雑な検索も可能

複雑な検索も可能なダイレクトリクルーティングサービスです。固定型と成功報酬型の2つのプランが用意されており、自社の予算や採用したい人数に併せて柔軟に変えられます。

ジョブ掲載はもちろん、企業説明会等の情報も掲載可能です。2020年にリリースされたばかりのため、比較的企業同士のバッティングが少ないといえるでしょう。

新卒採用ダイレクトリクルーティング成功の秘訣

新卒採用ダイレクトリクルーティングを成功させる秘訣を、3つ紹介します。

自社の採用課題・採用目標を明確化し予算を決める

ダイレクトリクルーティングを行う前に、自社の採用課題、現状、採用目標、計画などの軸を明確にする必要があります。

具体的には、以下のポイントに注目してみましょう。

  • 最も重視する学生の要件
    ※資格、経歴、スキル、条件などを洗いだし優先順位をつけておく
  • 新卒採用に割ける予算
  • 新卒採用に割ける人数
  • ダイレクトリクルーティング以外の採用を併用するかどうか
  • 目標人数採用に向けての具体的な計画
    ※オファー(スカウトメール)の数、ダイレクトリクルーティングを行う期間
  • 学生との接触方法

なるべく自社にマッチした人材を探すためには、細かい条件の設定が必要不可欠。しかし条件が多いほど、適合する人材は見つけにくくなります。

あらかじめ採用したい要件に優先順位をつけておくことで、母集団の形成のし直しが簡単になります。

そのほか、予算、期間、人員などを考え、計画的に物事を進めていくことが重要です。

PDCAサイクルを確立する

ダイレクトリクルーティングを行ううえで成功した要因、失敗した要因などをデータとして集め集計し、PDCAサイクルを回すことが重要です。成功したとしても、なぜ成功したのかが分からなければ次回に活かせません。

ダイレクトリクルーティングを行ううえで気にするべき数値の例を、以下にまとめました。

  • スカウトメールの開封率
  • スカウトメールへの返信率
  • 面談の段階まで行けた確率(面談率)
  • 上記を学生の属性ごとに振り分けてデータを集計する

そのほか、スカウトメールを送る時間帯、送った人材の属性、メール内容等も関与してくるでしょう。

ダイレクトリクルーティングサービスの中には、これらのデータを集計しレポートとして提出してくれるものもあります。社内報告で利用可能な資料として送付してくれるサービスもあるので、チェックしてみましょう。

学生に寄り添った選考を行う

従来の待ちの採用は、少なからず学生は「この企業だからこそ働きたい」と考えて応募をしています。しかしダイレクトリクルーティングは、企業に対して「この企業だからこそ働きたい」と思っている学生は少ないです。

そもそもスカウトメールをもらうまで企業を知らないケースもあるため、従来の待ちの採用における学生とは温度差があることを理解しておきましょう。特別感を演出することが、採用成功につながります。

  • 通常採用と同様の選考フローにせず個別面談などを行う
    ※通常採用と同様の選考フローだとダイレクトリクルーティングの良さを活かせない
  • 個別面談において、学生が将来行いたいことをヒアリングする
  • 学生の将来のビジョンにおいて、自社(他社)でないと取り組めないことを正直に話す
    ⇒自社のアピールばかりだと学生側に響かない
  • 前もって情報収集等を行っておき、選考結果はすぐにお知らせする
    ⇒学生は複数の企業に応募している可能性もあり、選考結果が遅くなると辞退につながる

学生に寄り添った選考を行うことで、ダイレクトリクルーティングの成功率を上げられるでしょう。

新卒採用ダイレクトリクルーティングを成功させよう

売り手市場である昨今、新卒採用におけるダイレクトリクルーティングは優秀な人材を手に入れるために必要です。しかし適当にダイレクトリクルーティングを行っても、思っている成果は得られません。

自社の方向をしっかりと決めて、予算、条件、期間など細かく事前に社内で話し合ってからダイレクトリクルーティングを行うことが必要です。ノウハウが全くない場合は、採用のプロに対応してもらえるダイレクトリクルーティングサービスの利用も検討しましょう。

※スカウト代行サービスは「サクルート」が最もおすすめです。「サクルート」では、効果的なスカウトメールの文言作成から返信率アップ対策まで、丸ごと月額3万円から任せることができます。スカウト業務を外注することで、コア業務に集中ができ、生産性の向上も間違いなし!今すぐに採用活動のスピードを加速させましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次